『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(3)』@カサブランカ/モロッコ
1988年3月8日。
カサブランカの「ホテルプラザ」のシングルルームで目を覚ます。
今日もカサブランカの空は、モロッコ晴れのいい天気だ。
ベッドに寝たまま、今日の予定を考えてみる。
まず、とにかく、昨日申請したアルジェリアのビザを取りに行かなければならない。
それから、カサブランカから移動したいものだ。
3月6日にモロッコに入って、その夜に飛び込みで「ホテルプラザ」に泊まった。
これがツインだったので、昨日は安いシングルルームへと移った。
カサブランカでは、アルジェリアのビザを申請して、今日受け取る予定。
すると、あとは何もすることはないね。
カサブランカという町はもちろん、名画「カサブランカ」で有名だ。
しかし映画の舞台になったという以外、特に特徴がない。
それでいて、僕が町を歩いていると、自称ガイドや自称両替商から、声をかけられる。
もちろん僕はガイドも不要だし、道端で両替する気もない。
ただ、声をかけられてそれを断ったり、無視したりするのも、精神的にきついんだよ。
日本人って、話しかけられたら、一応愛想よく返事をする体質だからね。
だから今日は、カサブランカを出ることは確かだ。
ただ、どこへ行くかは、考えてない。
だって、ひょっとしたら、今日、アルジェリアのビザが取れない可能性もあるしね。
もちろん、昨日アルジェリアのビザを申請した時は、「明日の朝10時に来い」と言われてはいる。
でも、海外個人旅行では、「約束したことが守られないことが普通」だ。
ひょっとして、今日、ビザが手に入らない可能性もないわけではない。
でもまあ、昨日も2時間待たされたが、午前中にはビザの申請とインタビューは終わった。
僕の勘だが、あのだらんとした雰囲気では、昨日のうちに事務処理を済ませていることはないだろう。
ビザを渡す寸前に、さっとビザを発行するのではないかな。
ちなみに、1988年の段階では、ほとんどの国のビザというものは、現在のようなコンピューター管理のシールではない。
スタンプを押して、そこに日付を記入して、あと責任者のサインを書き込む。
真面目なところだと、責任者が用事でどこかへ行っていたりすると、ビザは発行されない。
いい加減なところだと、用務員さんがサインしたりしてるかもしれないが。
ちょうど有名スターのサインをマネージャーさんが、代行するようなこともあるかもしれない。
という風に考えると、昨日領事館で今日ビザが出来るといわれたからといって、百パーセントは信じられない。
しかし、ビザの申請者としては、すっぽかしたりせずに、真面目に受領に向かうのがスジだ。
一応、荷物をバックパックにまとめて、ホテルをチェックアウトする。
バックパックをホテルに預ける。
日本では、ホテルや旅館に泊まる時、チェックイン前やチェックアウトしたあとは、荷物を預かってくれないところがあるようだ。
「海外のホテルでは、チェックイン前でも、チェックアウト後でも、荷物を預かってくれるのが常識」だから、堂々と頼めばいい。
そうして、ホテル前でタクシーを止め、アルジェリア領事館へ行った。
昨日一度行っているので、タクシーの運ちゃんへの指示もスンナリとできる。
料金も、何も交渉せずに、10ディルハム(140円)を渡す。
結局、アルジェリア領事館に着いたのは、午前10時ごろになった。
昨日来ているので、領事館の人とも気軽にあいさつを交わす。
「昨日申請したビザを取りに来ました〜(笑)♪」と、結構気楽だった。
昨日は、「2分待て」で、2時間待った。
今日、「15分」と言われたということは、15時間待ちかしら(笑)。
ところで、海外旅行の本質は何か。
それはだね、「待つ」ということだよ。
とにかく、海外旅行では待つ。
いまは、ビザの発行を待っているわけだが、もちろん、交通機関を待つことは多いね。
鉄道が遅れるというのは、これはよくある話。
特に、長距離列車に途中駅から乗り込むとなると、インドなんかでは何時間待たなければならないか、わからない。
またもちろん、飛行機の出発が遅れることもよくある。
飛行機の場合は、もともと出発が深夜や早朝で、早めに空港へ来て、出発まで空港でひたすら待ち続けることも多いよね。
長距離バスなんかだと、途中で故障して、替わりのバスが来るのを待つこともある。
もちろん普通の乗用車でも、煙を吹いて動かなくなって、新しい車が待つこともある。
そういう意味では、アルジェリア領事館の待合室で、ビザの発行を待つくらいはなんでもない。
ホテルもチェックアウトしてあるので、焦りもない。
もし今日ビザが取れなければ、ホテルプラザに戻って部屋を取ればいいだけだ。
領事館の待合室は、さすがに冷房も効いてて、快適だしね。
こういうときは、英語のペーパーバックを読むのがちょうどいいだろうね。
待合室で、本を読んでいて、時々見え隠れする領事館の職員に、「まだですかー」という表情を見せる。
すると、「もう少し待ってください」という身振りが返る。
この雰囲気からも、アルジェリアの人って結構やさしいみたいだよ。
僕がアルジェリア領事館に来たのが午前10時で、結局ビザを受け取ったのは、正午になった。
つまり、2時間かかった。
これで、「アルジェリアでは、2分待ても、15分待ても、2時間待てということ」という旅行哲学が成立したわけだ(笑)。
ビザを受け取る時に、88.5ディルハム(1239円)を支払う。
さてビザの条件をじっくり見ると、シングルエントリー(入国は一回だけ)で、これは問題ない。
滞在期間は20日となっていて、これも僕が申請したとおりだ。
有効期限が1988年の4月7日になっている。
僕が、昨日3月7日に申請したので、一ヵ月後まで有効となっている。
ところで、ビザの有効期限とは、一般的には、入国期限を表している。
だから、「4月7日までにアルジェリアに入国すれば、入国した日から20日滞在していい」ということ。
ただ、インドのビザのように、「発行日から6か月間有効で、その有効期間中に入国して出国しなければならない」というビザもある。
厳密に考えると、アルジェリアのビザがひょっとして、4月7日までの滞在が許可されるビザの可能性がないわけではない。
僕はそこを深くは考えない。
というか、申請する時に考えたので、それまでにアルジェリアを出国することにしたんだと思う。
パスポートのビザには、ビザの代金として、「50アルジェリアディナール」と書いてある。
なるほど、50アルジェリアディナールをモロッコディルハムにすると、88.5ディルハムという中途半端な料金になるわけだ。
この時期、アルジェリアディナールの公定レートと実勢レートは、大きな差があった。
でも、ここでは両替レートについて、あまり深くは考えない。
アルジェリアを旅するときに、アルジェリアディナールの両替については、いろんな興味深い話が出来ると思うからね。
とにかく、僕は、千円ちょっとを支払って、無事にアルジェリアビザを入手した。
またタクシーでカサブランカの中心街へ戻った(10ディルハム/140円)。
目に付いた旅行代理店で、アルジェリアへのフライトの料金を調べてみると、980ディルハムだった。
これは正規料金なので、カサブランカで切符を買う必要はない。
また、アルジェリアの首都アルジェには、ラバトからも、カサブランカからも、マラケシュからもフライトがあるような話だ。
マラケシュやアガディールからは、国内線でカサブランカへ飛んで、カサブランカでアルジェ行きのフライトに乗り継ぐようだね。
ただ、そこもまだ、あまり詳しく考えない。
いま確かなことは、ビザはゲットしたし、フライトもあるということだけ。
海外個人旅行では、あまり先のことをああだこうだと考えても意味はないんだ。
時が過ぎていって、条件がハッキリするのを待てばいい。
旅の計画は、ジグソーパズルが完成していくように、自然と決まっていくものなんだ。
『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(1)』@カサブランカ/モロッコ
『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(2)』@カサブランカ/モロッコ
『アルジェリアのビザを、カサブランカのアルジェリア領事館でゲットする(3)』@カサブランカ/モロッコ
morocco algeria tunisia africa index