『クレオパトラホテル(CLEOPATRA HOTEL)と、タハリール広場(TAHRIR SQUARE)の想い出』@タハリール広場/カイロ/エジプト

タハリール広場に集まった民衆の力で、2011年2月11日ムバラク政権が崩壊しました。
それを記念して、1988年の、僕のタハリール広場とクレオパトラホテルの想い出を書いてみます。
1988年5月19日、アテネからカイロへと飛ぶ。
このときは、アテネで買った「アテネ発、ナイロビ往復切符」で、カイロに往復2回ストップオーバー可能という切符を持っていた。
往復ともフライトの予約変更可能だったが、一応、旅行会社で予約は入れた。
最初の予定は、次の通り。
アテネ→カイロ 5月18日
カイロ→ナイロビ 5月29日
ナイロビ→カイロ→アテネ 6月13日
しかしまず、アテネで5月18日の予約が入らず(笑)、フライトは5月19日になる。
この時代はまだ、旅行会社で直接予約ができず、航空会社まで使いを出して、オフィスで予約をしたものなんだよ。
カイロは、最初は軽く旅行をするつもりだったが、エジプトは旅先としては、見るところがたくさんある。
そこで、フライトを変更して、ナイロビへのフライトを6月3日にした。
ナイロビからカイロのフライトは、ケニアで面白いことがたくさんあって、8月5日になったんだけどね(笑)。
ナイロビからカイロに戻った時は、またエジプトを旅して、カイロからアテネへの切符は捨てて、ヨルダンへ行った
こういう風に、旅は計画通りには行かない。
でもそれは、僕の「アテネ発カイロ経由ケニア旅行」が終わった時に、はっきりとわかるのだが。
カイロ空港ではいろいろあったが、僕はカイロ空港から27番のバスでカイロへと向かう(50ピアストル=30円)。
「Lonely Planet」でめぼしをつけていた、この時代の有名な安宿「ホテルチューリップ」へ行ったが、満杯だ。
そこで、僕は、タハリール広場で、目に付いた、堂々とした「クレオパトラホテル」へ行ってみる。
というのが、海外旅行では、外国人の集まる、安そうに見えるホテルが、案外と相場よりも高かったりする。
また逆に、町のど真ん中にある伝統のあるホテルが、思いがけなく安かったりするものなんだ。
カイロについた日は暑くてたまらないし、「高くても一泊だけは我慢しよう」という考えだった。
クレオパトラホテルの受付で聞くと、「ツインのシングルユースで朝食つき20ドル」とのこと(驚)。
部屋を見せてもらうと、普通の日本のシティホテルと同じ大きさだ。
もちろん、バスタブも、シャワーも、トイレも付いていて、エアコンがガンガン効く。
これで室料は、46エジプトポンド(20ドル)だった。
この時期、1エジプトポンドが60円と考えられる。
僕はカイロのど真ん中、タハリール広場に面した4つ星ホテルに、一室約2600円程度で泊まる。
これは、正直大喜びしたよ。
僕はヨーロッパからエジプトに飛んだので、「1泊20ドルならば安い♪」という金銭感覚だったからね。
しかもクレオパトラホテルは、とても便利だ。
タハリール広場の角にあるので、エジプト考古学博物館へも簡単に歩いていける。
また、タハリール広場の反対側、ナイル川沿いには、有名な「ナイルヒルトンホテル」がある。
この時期(1988年)、ナイルヒルトンには日本航空(JAL)のオフィスがあった。
オフィスへ行くと、日本語の新聞も置いてあったし、エアコンも効いて、暇つぶしをするには最適だったね(笑)。
さらには、ナイルヒルトンホテルには、日本円のトラベラーズチェックを替えてくれる両替所があり、またエジプト航空のオフィスもある。
だから僕は、クレオパトラホテルに泊まって、ナイルヒルトンホテルを使っていたようなものだ。
クレオパトラホテルの地下には、韓国人経営の「九龍レストラン」があった。
ここは、いかにも韓国レストランらしく、無料のキムチの小皿がずらりと並ぶ(もちろん使いまわしだが)。
クレオパトラホテルのロビーにいると、案外と日本人と出会ったりした。
僕はクレオパトラホテルに泊まった翌日に、ローカルバスでピラミッドを見に行った
また、その日に、ナイルヒルトンのエジプト航空オフィスで、翌日の、アスワンへのフライトを予約した。
カイロからアスワンまで、125.30ポンド(約7千5百円)だった。
だから、最初のカイロ滞在は2泊だけで、次はアスワンへ飛んだ。
このあと、アスワン、アブシンベル、ルクソール、ハルガダ、スエズ、カイロとバスで旅をした。
そのあとは、またクレオパトラホテルにチェックインする。
ただ、クレオパトラホテルの受付の男性の雰囲気がよくなかった。
僕もエジプトを旅して、金銭感覚がエジプトに慣れてくる。
すると、1泊20ドルは高すぎると考えて、このとき一泊だけして、翌日は別のホテルに移動したわけだが。
この「クレオパトラホテル」が、いまも存在するのかと、インターネットでチェックしてみた。
すると、まだ確かに、このホテルは存在するようだ。
「CLEOPATRA PALACE HOTEL」というのが、場所からいっても、僕が泊まった「クレオパトラホテル」みたいです。
僕が泊まった時は「☆☆☆☆」だったが、いまは、「☆☆☆」に下がっている。
たしかに、僕が泊まった1988年でも、部屋のトイレが流れなかったり(修理してもらったが)したしね。
そうそう、朝食は最上階にあるレストランのビュッフェだった(宿泊費に含まれる)。
ビュッフェは、もちろん、どこのホテルにもあるような、朝食。
ジュースや、ミルク、シリアル、パン、コーヒー、紅茶、タマゴ料理、ソーセージなどで、とても満足だったよ。
いつものように、英語のペーパーバックを読みながら、朝食を取る。
大体食事が終わったころ、ウェイトレスのかわいい女の子が、僕のテーブルに来た。
そして、英語で「何かお持ちしましょうか?」と、声をかけてきた。
僕は別に欲しくはなかったが、せっかく、エジプト美人から、英語で話しかけられた。
だから、特に飲みたくもなかったが、コーヒーを頼む。
「Can I have a cup of coffee, please?」と言う。
女の子はにこっと笑って、「Yes, sir!」と、元気よく返事をする。
そうして、持ってきたんだよ。
コーヒーの入ってない、コーヒーカップだけをね(笑)。
いくらビュッフェだからって、コーヒーカップだけ持ってくるというのは、ちょっと違うような…。
これは、僕の「英語会話ネタ」として、いまでも使わせていただいてます。
僕にとっては、クレオパトラホテルは、いろいろと記憶に残るところだった。
場所としては、タハリール広場に接してて、ホント、便利なところですよー。
ただ、いま(2011/02/13現在)のホテル宿泊者の評判を読むと、僕が泊まった時から、あんまり改装をしてないような雰囲気が…(涙)。
というわけで、自己責任で宿泊してください。
僕は決してオススメしているわけではありません。
2011/02/13 記
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt