『テーブルマウンテンへのケーブルウェイが動かないので、歩いてウォーターフロントへ行った』

【「South African Museum」から「Table Mountain」を見る】
1996年7月6日。
昨日までのケープタウンは、小雨の降り続く陰気な天気だったが、今朝はスカッと晴れている。
ホテルのレセプションでテーブルマウンテンへのケーブルウェイの状況を尋ねる。

すると、「ケーブルウェイは動いてない」との返事。
僕はとにかく他人を信じない人間なので、自分で電話をしてみたが、やはり動いてない。

仕方ないので町へ出て、セントジョージ大聖堂(St. George Cathedral)で祈った。
5ランド(125円)寄付して、記帳した。

次に、町の中心の「The Company's Gardens」へ行く。
これは早い話、植物園だね。

さらに、「South African Museum」へ(入場料が3ランド)。
博物館では、イーストロンドン沖で取れたシーラカンスの展示が興味深かった。

ケープタウンの中心部は、とてもきれいに整備されていて、大聖堂、博物館、植物園がある。
天気のいい日に歩き回るには気持ちのいいところだよ。

歩き疲れて、午後1時ごろにホテルに戻ると、部屋が掃除してなかった。
どうやら僕がチェックアウトするものと考えていたようだ。

フロントで今日も泊まると再度告げて、部屋の掃除を頼む。
次は港まで歩いた。

町には人通りが少なかったが、ウォーターフロントは非常な人出だったよ。
ほとんどが白人だ。
ウォーターフロントからは、テーブルマウンテンがきれいに見える。

だから、写真を撮ってみたが、あとで気が付くと、この角度が絵葉書で売られているのとそっくりだった。
やはり、わかるひとはわかるってことかな(笑)。

【ウォーターフロントからテーブルマウンテンを見る】
ウォーターフロントには、アメリカ風のモール「Victoria Wharf Shopping Centre」があった。
ウォーターフロントのパブで、キャッスルビールを飲んで、「GON!」の原稿を書いた。

それが、「ケープタウンにて」だ。
この旅行エッセイは、「ナイロビから南へ、バス、水中翼船、自転車、丸木船、さらに泳いだり歩いたりして国境を越え、ケープタウンへ着いた。港の英国風パブで地元のキャッスルビールを飲みながら書いている。」と始まっている。

このケープタウンのウォーターフロントのパブが、映画「ブラッドダイアモンド(Blood Diamond)」で、ディカプリオの恋人が、最後の電話を受けた場所だ。
僕は世界中を歩いているので、映画に出てくる街角をすぐに「あっ、あそこだ(笑)♪」と指摘することがよくあるんだ。
日本の映画と違って、洋画では文字説明がほとんどないからね。
「GON!」の原稿を一応書き上げて、モールを見て歩く。

モールの広場にはピエロがいて、僕の歩き方を真似した。
馬鹿にされたと思った世界旅行者は、すかさず大胆な反撃行動を取ったよ。

この話は、「大人の海外個人旅行」にも「しつこいピエロのモノマネを撃退する必殺の方法」として、きっちり書いたから、読んでね。
ケープタウンでは、町の中心の博物館からも、ウォーターフロントからもテーブルマウンテンが見える。
そのテーブルマウンテンに上れないというのでは、これは問題だよね。

僕はテーブルマウンテンに上ることに、異常な執着心を抱いていた。
「こうなったらゼッタイにテーブルマウンテンに上ってやるぞ!」ってね。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20081205