『航空券の値段を調べながら、ケープタウン鉄道駅周辺とロングストリートを歩き回る』

【テーブルマウンテンの展望台@ケープタウン/南アフリカ】
1996年7月4日(1ランドは25円と考えます)。
ヨハネスブルグから17時間半のバスで、午前8時半にケープタウンに到着。

観光案内所のケリー(Kerry)嬢に「メトロポールホテル」を紹介してもらって、チェックイン。
3階の17号室で、少し身体を休めて、昼過ぎに外へ出る。

また観光案内所へ行って、ケリー嬢に会う。
その理由の一つは、ケリー嬢がかわいかったので、また話をしたかったから。

僕が今日やるべきことは、まず、ケープタウンからの航空券の値段を調べること。
というのは、ナイロビからザンジバルへ飛んだあと、タンザニア、マラウィ、モザンビーク、ジンバブエ、南アと移動してきた。

ケープタウンに着いてしまうと、これからどう移動するかが問題だったんだ。
1996年のアフリカでは、アンゴラは危険、ザイールはとても危険、ナイジェリアは悪評だらけで、行きたくない。

つまり、アフリカの西側を北上していく、という考えは取らない。
セネガルを中心とした西アフリカは、以前からずーっと旅先として考えている。

西アフリカへ入ってしまえば、モロッコまで北上して、スペインからヨーロッパへ入ることは簡単だ。
それもこれも、結局は航空券の値段にかかっているわけだ。

本格的な長期旅行者というものは、最初から旅行計画なんか立てない。
その場その場で、何か面白い話が出てきたり、安い切符が見つかったりして、その通りに旅をする。

自分の旅のルートを、自分で決めないからこそ、本物の旅行者なんだからね。
本当の旅行者は、神に選ばれて、神に導かれている。

だから、自分で細かく旅行計画を立てるなどという、神の意思に反する、大それたことをしてはいけないわけだ。
というわけで、ケリー嬢に、旅行代理店を紹介してもらう。

まあ僕は、ケリー嬢に紹介してもらった旅行代理店だからといって、そこを信用したりはしない。
結局は、3軒ほど当たって、比較して決めるわけだけどね。

まず、叩き台が必要なわけだ。
彼女に教えてもらったPARKADE MALLにあるCLUB TRAVELへ行ったが、見つからなかった。

ロングストリートを歩いていたら、「ATLAS TRAVEL」にぶつかったので、飛び込んで話を聞く。
タニア(TANIA)嬢に相談する。

1)エアーナミビアでウィントホックからロンドンへ7月12日、19日、26日に、ロンドンへのフライトがある。
これは、出発がウィントホックだが、ケープタウンからのフライトも付いている。
つまり、12日の前にウィントホックへ飛んで、そこからロンドンヒースロー空港へ飛ぶ。
料金は往復切符しかなくて、2300ランド(57500円)。

2)ヨハネスブルグからダカール(セネガル)への往復切符(3320ランド)。
これに、ケープタウンからヨハネスブルグまでの376ランドがかかる。
結局、ケープタウンからダカールまで8万円かかるわけだ。

3)一気にロサンジェルスへ行くとすると、往復切符が6690ランド(17万円)で、これは高すぎる。

4)東京までの往復切符(2か月有効)が、7670ランド(19万円)だという。
これは、異常に高いが、言われたとおりのことを書いてます。

僕は「ケープタウンから成田まで、片道切符で6万円ちょっとでした」というマグロ漁船員と、ケープタウンの空港で、直接会ってる。

もっと安い切符もあるでしょう。
ただ、この値段は、1996年7月に僕が飛び込みで値段を聞いた、最初の旅行代理店の話です。

ロサンジェルスへ行くにしても、東京まで戻るにしても、ロンドンまで行って切符を買った方が安いだろうと、見当を付ける。

ナミビア航空の切符だと、ウィントホックにストップオーバーできるところが魅力的だ。
ストップオーバーを使って、観光するというのは、思いがけないオマケのようなものだからね(笑)。

ビクトリアフォールズにいた時に調べてた、ビクトリアフォールズからウィントホックへの片道航空券が2348ジンバブエドルだった。
つまり、短距離の片道切符が2万5千円もしていた。

昨日乗ったヨハネスブルグからケープタウンへの長距離バスの値段が7500円だった。
すると、ケープタウンからウィントホックへストップオーバーして、数日過ごして、それからロンドンへ飛ぶ往復切符が2300ランド(57500円)というのは、安いよね。

これは往復のみの切符なので、復路は捨ててしまうわけだが。
実は、アフリカ内のフライトは、かなり高いので、この値段は僕には魅力的だった。

しかし、一軒目の旅行代理店を当たって値段を聞いただけでは、決定しない。
別の旅行代理店にも当たってみようと考える。

歩き出したら、突然、ものすごい雨が降ってきた。
雨よけのために、ケープタウンの鉄道駅へ行った。

駅のパブで、ビールを飲む。
キャッスルビールの生が450mlで、4ランド(百円♪)。

フィッシュアンドチップスが8ランド(2百円)。
これは、ちょうどいい感じだったので、つまみにして、ビールを3杯飲んだ。

雨が小降りになって、外へ出て、大きな地下街へ迷い込んだ。
酒屋をのぞくと、ワインを見つける。

南アフリカワインというのは、結構おいしいというので評判だ。
値段をチェックすると、だいたい10から20ランド(5百円程度)だ。

ZONNEBLOENという赤ワインを19.60ランドで買う。
本屋へ行ってエッチ本を探したが、ヘアが出ている程度のPENTHOUSE(R14.50)しか見つからなかった。

あと世界情勢を知るために、NEWSWEEK(JULY 8,1996/R9.90)を購入。
ファーストフードでチキン(5 pieces)とチップスを買った(25ランド)。

部屋へ戻って、チキンとワインを夕食にした。
ただ、このチキンはまずかったね。

世界中でとにかく、チキンだけはほとんどハズレはないんだけどねー。
少し酔っ払って、今日の切符の値段を考えてみる。

最初に聞いた航空券、ケープタウン〜ウィントホック〜ロンドンの往復切符が6万円弱だった。
いままであちこちで調べたが、アフリカ内の航空券の値段は結構高いものだ。

ケープタウンで最初に飛び込んだ旅行代理店で、最初に出てきた切符は、きっと神が僕のために用意してくれたものだろう。
それを確認するためにも、明日はまた、別の旅行会社を当たるけれど。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20081128