ビクトリアフォールズからケープタウンへのバス旅行@ジンバブエ〜南アフリカ

【ビクトリアフォールズからブラワヨへのローカルバスが途中で壊れた】
ビクトリアフォールズとブラワヨは、ある程度豪華なブルーアローバスがつないでいる。
それに乗り遅れたんだと思うが、結局、僕はビクトリアフォールズのバスターミナルからローカルバスで、ブラワヨへ移動した。

そうそう、僕はもともと飛行機でナミビアへ移動するつもりだったんだ。
ただ、料金の支払いの問題がいろいろあって、突然考えを変えた。

ローカルバスは出発が午前10時、ブラワヨ到着が午後5時20分。
料金は78Z$(ジンバブエドル)、つまり約800円。
この次に乗った豪華バスに比べると、正直、めちゃ安いよ。
だって、8時間乗って800円なのだから、1時間当たり百円だ(笑)。
これは途中でタイヤ交換をやったので、普通ならば、移動時間は7時間で大丈夫だろう。
ただ、乗客に酔っ払いの黒人がいて、他のみんなが嫌な感じを受けたけどね。

ブラワヨに到着して、ビクトリアフォールズに行く前に泊まっていた「ホテルセシル」にまた泊まった。
ホテルセシルのスタッフは、僕が戻ってきたことで、大喜びをして歓迎してくれたよ。
ブラワヨで、翌朝の、ヨハネスブルグ行き豪華バス「ブルーアローバス」の予約をした。
出発が午後4時。午後3時半に集合とのこと。
料金は475Z$(約5千円)。
ヨハネスブルグへの到着予定が、翌日早朝の午前4時だという。
12時間のバスで5千円ということは、1時間当たり4百円強。
さっきのローカルバスは1時間当たり百円だから、やはりバスのランクによって大きく値段が違うね。
ブルーアローバスは、もともとはビクトリアフォールズ始発だ。
だから昨日、もっと早い時間に乗っていれば、そのままブラワヨ経由でヨハネスブルグまで一気にいけたことだろう。
またもちろん、ビクトリアフォールズでさらに一泊して、今日乗ってもいい。
ただそれだと、ものすごく疲れると思うよ。
ビクトリアフォールズからヨハネスブルグまで、一気にバス旅をすれば、20時間はかかるだろうからね。
ブラワヨで一泊できて、ゆっくりと身体を休められたのは良かった。

【ヨハネスブルグ行きのブルーアローバス】
翌日、ブラワヨを「ブルーアローバス」で出るのが、予定通りの午後4時。
夜9時過ぎに南アのベイツブリッジの国境を越える。

バスで陸路国境を越えるのは、なかなかドキドキするもの。
特に頭がボーっとしている深夜だと、変にキモチがハイになっていたりする。

バスに乗っている中にもけっこう怪しげな人がいるからね。
僕がトラブルにならなくても、他の人がトラブったりするとこちらにも影響が出てくるんだ。

しかし、国境の南アの入国審査はなかなか紳士的だったよ。
「おー、日本からですか、コンニチワ!」などと、ちゃんとした対応だ。

こちらも「南アフリカの入国シールはステキですねー♪」などと褒め上げるよ。
バスの乗客は無事に全員国境を通過して、眠りに入る。

南アの首都プレトリア到着が午前3時半、そしてヨハネスブルグのロトゥンダバスターミナルへの到着が朝4時半になった。
つまり、ブラワヨから国境を越えてヨハネスブルグまで、約12時間かかったわけだね。

【ロトゥンダバスターミナル(1996)】
バスターミナルには安宿のパンフレットがけっこう置いてあって、どれも「電話をくれれば迎えに行きます」と書いてある。
つまり、「旅行者が個人で行くことは危険だ」との意味だ。

ケニアのナイロビで出会った旅行者が話していた。
「ケニアでは金を盗ろうとして襲い、抵抗すると殴られるが、南アではまずボコボコに殴って動けなくなったところで金を盗る」とのこと。

僕もバスターミナルから鉄道駅へ出て、ちょっと町の中心付近を歩いた。
が、危険さがピリピリ感じられたので、バスターミナルへ戻ってきた。

そして、一気にケープタウンへ移動すると決める。
ケープタウンへのトランスラックスバスが、午後3時発、ケープタウン到着が翌朝8時45分の予定。
料金は310ランド。
1996年のこの時期、1ランドは25円見当なので、約7500円。
18時間乗って7500円ということは、1時間当たり4百円だよ。
考えると、飛行機でも、案外安く飛べるんじゃないかな(でもそれは、自分で調べてください)。

バスの時間を待っているときに、インド人の美人妻と話が弾んだ。
彼女も若いころ、世界一周をしたかったが、結婚して子供も出来たので、もう無理だという話。

僕は「世の中先のことはわかりませんから、ひょっとしたら離婚するかもしれません」と言う。
「そうしたら、世界一周に出る可能性もありますから」と、慰めてあげた。

【ヨハネスブルグからケープタウン行きトランスラックスのバス】
トランスラックスのバスの席は指定席ではなく、勝手に座ってよかった。
僕の隣にウィルマという黒人の女子大生が座ったので、つい話を始めた。

なぜか成り行きで、バスの中で、彼女に日本語を教えて時間を潰した。
夜9時にキンバリー着。

ウィルマは、なぜかホッとした雰囲気で、キンバリーで降りる。
話し相手がいなくなった僕は、そのままクタッとバスで寝た。

翌朝8時半に、ケープタウン鉄道駅横のバスターミナルへ到着。
観光案内所のケリー嬢に安宿を聞いたら、90ランド(2千円ちょっと)のB&Bを紹介してくれた。
ただ、町の中のほうが何かと便利。
だから「メトロポールホテル」(シングル170ランド、約4千円)に決めた。

これが僕の、ビクトリアフォールズ〜ブラワヨ〜ヨハネスブルグ〜ケープタウンのバス旅行です(1996)。
いやー、疲れたね。
【バス料金と時間のまとめ】

ビクトリアフォールズ〜ブラワヨ 7時間/8百円(ただし、途中でパンクするローカルバス。乗客にはウルサイ黒人酔っ払い)
ブラワヨ〜ヨハネスブルグ   12時間半/5千円
ヨハネスブルグ〜ケープタウン 17時間半/7千5百円

【旅行哲学】いまどきこんなにバスに乗り続けするやつはいないね。でも旅は、大変なほど面白いんだよなー(涙)。