鉄道でアレキサンドリアへ行こうと考えたが、わけがわからなくて止める。日本人数人と話をして、旅行本を読んで、旅行哲学する。@カイロ/エジプト

1988年6月1日、ケニアへの出発が明日(6月2日)の深夜(6月3日早朝)に迫っている。
今日は、地中海岸の町アレキサンドリアへ鉄道で、日帰りするつもり。
昨日、鉄道駅へ行ったが、ホント、わけがわからなかった(汗)。
エジプトの鉄道は、ホント、理解できない。

僕はすでに、インドの長期旅行(1984-1985)を済ませている。
この時は、鉄道ばっかり乗ってたし、それ以来、海外の鉄道には乗り慣れている。
イギリスも、フランスも鉄道旅行をしているし、スペインのアンダルシアでは、短距離の移動もすべて鉄道を使った。
モロッコでも鉄道旅行をしている。
チュニジアでも鉄道に乗ったし、イタリアからフランス、イギリスはすべて鉄道だった。
だから海外の鉄道旅行について、わけがわからないということはない。
僕は、英語はぺらぺらだし、フランス語も、スペイン語もしゃべれる。
その僕が、たかがカイロからアレキサンドリアの鉄道旅行ができないはずがない。
だから、ラムセス駅へ行って切符は買った。
しかし、どこのプラットホームから出るのかわからない。
案内所で聞くと、「12時に来い」と言われる。
出発は、12時15分なのに…。
列車が来るということはわかっていても、どのプラットホームなのかわからないということは、ヨーロッパでもよくある。
ただ、駅の表示板で列車の遅れや、ホームの変更などは、わかりやすくなっている。
エジプトでは、鉄道駅の表示やシステムのわけがわからない。
カイロからアレキサンドリアへはいけても、アレキサンドリアからカイロへ戻ってこれるかどうか、不安だ。
ルクソールで、僕と一緒だった美人人妻が一等車の切符を買ったが、いざ乗ろうとしたら、一等車がそもそも存在しなかった話も聞いている。
エジプト鉄道のいい加減さに、精神的に一杯になって、アレキサンドリアへ行くのをやめる。
ケニアへ行く直前になっているのに、カイロへ戻ってこれなかったら、最悪だからね。
というか、エジプト鉄道のわけのわからなさに、ウンザリしたんだ。
僕はエジプトの鉄道に乗ろうとして、わけがわからずに止めたことが、これで2回目なんだから。
カイロからアスワンまで行こうとしたときも、わけがわからなかったので、飛行機にした。
そして、今回アレキサンドリアへ行くのも、わけがわからない。
海外経験豊富で、語学も達者な僕に理解できないってことは、他の人にはとうてい理解できないはずだが…。
結局この日はアレキサンドリアへ行くのは諦めた。
ケニアから戻って、3回目のカイロでは、鉄道を諦めて、バスでアレキサンドリアまで往復したんだが、バスだと簡単でした。
ちょっとイライラしたので、また、冷房の効いたクレオパトラホテルの韓国レストランへ行って、ビールを飲んで食事。
たまたま近くにいた、日本人商社マンの美人妻に声をかけて、一緒のテーブルになって、話をして、軽く笑いを取りました。
続いて、ナイルヒルトンホテルの、エジプト航空のオフィスへ。
明日のフライトを確認して、エジプトからのフライトで出国税を取られるかどうか確認する。
エジプトポンドを使い尽くしたあとで、出国税を要求されたら、バタバタするからね。
出国税は取られないという話(でも、僕は信じなかったけど)。
エジプト航空のナイロビオフィスの電話番号を確認する。
僕のナイロビからカイロのフライトが、6月13日に予約が入ったままだ。
ナイロビの状況を見て、当然予約は変更するつもり。
だが、オフィスの場所がわからないと面倒だからね。
僕の旅行ノートには、「エジプトエアでアテネのヒッチ男と話」とある。
そういう人と話したのでしょうが、記憶に残ってません。
僕の宿「アングロスイス」へ戻って、「ディズニーバイト男と話」をしたと書いてある。
これも全く記憶にない。
しかし、「旺文社の1972年出版『海外旅行うんぬん』読了」とあるのは、はっきりと覚えているよ。
この本には、「ローマでは○○円払えば、日本人として恥ずかしくない食事が出来る」というタイプの表現が多かったからね。
この時代は、「日本人として恥ずかしくない」というのが、本を書く動機だったんだろうか。
あと、「○○兄弟は、インドへオートバイを送って、ヨーロッパへ旅をしたが、インドからヨーロッパは陸続きなので、比較的簡単だ」などという記述もあった。
今では、世界中どこでも、ファーストフードで済ませることが出来る。
また、オートバイの旅行なんか、いまはする人もいないだろう。
でも、いまはなき「胡桃沢耕史」先生の大傑作「父ちゃんバイク」(「旅人よ」にあります)でも、インドからヨーロッパへバイクで走る話がある。
とすれば、一時期、インドからヨーロッパへのバイク旅が流行したのかも。
いやはや、旅行もどんどん変化しているものですね。
でも僕が旅をしていた時代が、一番面白かったんだと思うよ。
僕は、明日の深夜、つまり明後日の早朝(1988年6月3日午前1時半)いよいよ初めてのブラックアフリカ、ナイロビへ飛びます。
正直、不安が一杯でした(涙)。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt