タハリール広場からローカルバスでギザへ。ギザの3大ピラミッドに全部入り、スフィンクス、太陽の船を見て、カイロへ戻る。@カイロ〜ギザ/エジプト

伝説の大ベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」
1988年5月19日にアテネを出て、カイロへ着いた。
いろいろあったが、カイロの中心タハリール広場に面した4つ星ホテル「クレオパトラホテル」にチェックイン。
このホテルは、昔はちゃんとしたホテルだったのだろうが、全体的に時代遅れになっていて、ゆるかった。
だからこそ、一等地にありながらツインのシングルユースで、たった20ドルポッキリだったのだろう。
レセプションにいるスタッフの態度も、かなり感じが悪い。
僕の部屋のトイレも、うまく流れなかった。
ただ、僕としては、タハリール広場に立つシティホテルの静かな部屋で、1人になれることが大切。
旅行者の集まる中途半端な宿に泊まって、舞い上がった素人旅行者の、オチまで見え透いた自慢話を聞かせられるよりはいい。
僕はこのあと、別のホテルに移ったりしたから、コストパフォーマンス的には、このホテルはあまり良くなかったんだと思う。
ただ、エジプトの首都カイロ最初の夜を、このホテルで迎えられたのはよかった。
誰も書いたことがないだろうが、旅行者というものは、旅先の国、町、名所と勝負している。
人生経験があんまりなくて、想像力もない場合、つまり馬鹿な人は、旅で出会うものすべてを、パターン化して捕らえる。
バックパッカーだからと、バックパッカーが泊まる宿ばかりに泊まるなら、所詮ただのバックパッカーだ。
バックパッカーでありながら、バックパッカーの定番から外れてみると、面白いことが起きるんだよ。
バックパッカーの旅の流儀の通りのことをやっているようでは、旅行者としてはダメダメなんだよ。
バックパッカーの旅も出来るが、4つ星ホテルにも飛び込んで、はじめて、旅との勝負に勝てるわけだ。
カイロに着いて、到着した日に、バックパッカー宿でない、タハリール広場に面した4つ星ホテル、「クレオパトラホテル」に一泊して、気持ちよく目覚める。
1988年5月20日の朝、ホテルの窓から、カイロの市街地を見下ろす。
キモチイイね。
「なんでも出来る、やってやるでー」という、上から目線の気持ちになる。
さて、カイロの実質一日目にはなにをするだろう。
「ピンポーン!」、それは決まっていて、ギザへ行って、「ギザの三大ピラミッド」を見るわけだ。
ギザの三大ピラミッドとは、大きい順に「クフ王のピラミッド」「カフラー王のピラミッド」そして「メンカウラー王のピラミッド」の3つ。
この3つのピラミッドは、3つが隣同士、ひとかたまりになって立っている。
カイロの市街地からギザのピラミッドのあるところまでは、この時代、市バスが走っていた。
もちろん、カイロ市内ツアーに参加しても行けるだろうし、タクシーに乗っても行けた。
ただ、ここでは、市バスに乗っていくのが粋なんだね。
市バスの乗り場所、市バスの番号、料金は、ホテルのフロントで聞けば、最新情報が手に入る。
タハリール広場から、人で一杯の、8番のバスに乗り込む(運賃は10ピアストル/6円)。
どこで降りたからいいのかわからないので、バスの乗客に「ピラミッド」「ピラミッド」と言う。
「ジャパニ?」(日本人か?)、「ジャパニ!」(日本人です)と会話をする。
バスは普通の市街地を走っていたが、乗客の皆さんが、「ジャパニ、ピラミッド、ピラミッド」と停めてくれる。
みんなに押し出されるようにしてバスを降りると、市街地のすぐ後ろにピラミッドが見えた。
そのピラミッドに向かって歩いていく。
ピラミッドの手前に、切符売り場があった。
僕はなぜか国際学生証(ISIC/International Student Identity Card)を持っている。
イギリスで作ったものだが、それを見せる。
すると、「歳はいくつだ」と質問される。
僕が「39歳です」と正直に答えると、「お前は学生じゃない(笑)」と言われる。
それで、安くなったのかどうかわからないが(たぶん学割は効かなかったと思う)、入場料は1.5ポンド(90円)でした。
この時代はまだ、外国人旅行者からボッタクルというシステムができていなかったのだと思う。
ちなみに、「地球の歩き方・エジプト」の2014年版を、念のためにチェックしたら、入場料は80ポンドとなっている。
レートが、1ポンドが15円とのことだ。
すると、入場料は1200円だね。
1988年に僕が行ったときは90円だったのに、2014年ごろは(ガイドブックが取材した日付が不明だが)1200円。
ねー、「世界中の観光地の入場料は上がり続けている」という僕の主張が、ここでも証明されたでしょ(涙)。
それに、ガイドブックでは、クフ王のピラミッドは、入場するのに別に、200ポンド(3千円)かかる。
また、午前150人、午後150人の人数制限があるとか。
カフラー王のピラミッドも入場料が40ポンド(600円)かかる。
メンカウラー王のピラミッドは、入場できないらしい。
1988年は、僕は3つのピラミッド全部の中を見ました。
その料金が、1.5ポンド(90円)。
ただ、クフ王のピラミッドに入るときに、別に料金を取られたかどうか、ノートに書いてないので、わかりません。
書いてないという意味は、別料金は徴収されなかったと思うんだけどね。
2014年の「地球の歩き方」では、ピラミッド地域に入り、クフ王のピラミッドの内部を見るだけで、合計4200円かかるわけだ。
それだけ払っても、クフ王のピラミッド内部は見る価値があります。
僕はギザの三大ピラミッドを、全部内部まで見たが、クフ王のピラミッド以外記憶に残ってません。
大回廊を上って行ったり、王の玄室で、石棺を見たことは明確に覚えている。
ただ、王の玄室がものすごく、おしっこ臭かった(涙)。
エジプトは暑いので、おしっこはほとんど汗になって蒸発してしまう。
しかしもちろん、おしっこをする人もいるだろう。
中には下痢が我慢できない人もいるだろう。
クフ王のピラミッドの玄室で尿意を催したら、絶対に外に出るまで我慢できない。
すると、観光客で一杯のピラミッドの内部で、放尿放出することになるのだろうか。
それしかないだろうが…。
世界中の遺跡は、トイレがない場合が多い。
だから、遺跡内部でのトイレ問題は重大だと僕は言っている。
特に日本人は、欧米人に比べて、トイレが近い。
トイレが近い人は、紙オムツを装着して、ピラミッド内部を見学することをオススメします。
僕の場合は、とにかく汗っかきなので、トイレの分は汗として排出しました。
ギザの3大ピラミッドの内部を全部見たなんて人はいないから、「さすが世界旅行者先生!」と、大向こうから声がかかるでしょう。
三大ピラミッドを見ただけでは終わらない。
次は、「スフィンクス」を見る。
さらには、「太陽の船博物館」も見た。
ラクダには乗らなかった。
「ラクダに乗ったらとことんまでボッタクられる」という話は、僕が行った時代でも、悪名高かった。
ピラミッド3つの内部を歩き、スフィンクスを見て、太陽の船博物館まで見たら、すっかり疲れてしまった。
帰りも市バスに乗って、タハリール広場へ。
カイロでは、とにかくピラミッドを見たら、それでいい。
次は、アスワンへ行って、アブシンベル神殿を見たい。
そのあと、ルクソールへ寄って、カイロへ戻ってきたときに、「エジプト考古学博物館」を訪れる。
カイロやカイロ周辺の、残りの観光地は、ナイロビへ飛ぶ前の時間調節で見ることにする。
とすれば、さしあたり、アスワンへの切符が必要だ。
地下鉄で、ラムセス駅へ行って、アスワンへの列車の切符を買おうとする。
しかし、英語表示もなく、どこで切符を買ったらいいのかわからない。
さらには、とにかく人が多すぎる。
こういう時は、慌ててはダメだ。
落ち着いた方がいい。
朝から何も食べてないのに気がつく。
タハリール広場へ戻り、目についたハンバーガー屋の「ウィンピー」に入る。
何かお腹に入れて、いろいろ考えて見ましょうかね。
するとそこに…。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt