カイロからナイロビへ飛ぶ前に、自分の旅を哲学して、神の導きのままに、旅の流れに身を任せると決める。@カイロ/エジプト

1988年6月2日のまだ明るい時間に、タハリール広場から「27番のミニバス」で空港へ移動した。
思ったよりもちょっとだけ時間がかかったが、全く焦りはない。
「世界旅行主義」の基本は「空港へ行くのは早ければ早いほどいい」で、僕はいつも余裕たっぷりで空港に向かう。
空港それ自体が、結構面白いものだし、中途半端に町にいても意味はないからね。
カイロからナイロビへのフライトは、6月3日の午前1時半だから、夕方に空港に着けば、たっぷりと時間がある。
こういうときは、本を読んで時間を潰すのが僕のやり方。
でもこの日は、エジプト旅行を振り返って、自分の旅行ノートに、要点を整理していた。
ノートにあるまま、ここに紹介しておきたい。

エジプトを発とうとしている(9:00PM,2/6/1988)。
すべてがうまく行った!
1 カイロ/アスワン/アブシンベル/ルクソール/ハルガダ
2 カイロをうろついた SUBWAY, TRAM, MINIBUS, BUS, TRAIN, BARBER'S, NILE HILTON, JAL, PYRAMID, EGYPTIAN MUSEUM
3 PASSPORTの増補
4 人妻さんと学生さんに会って、ルクソール西岸をサイクリングした
5 はがき、手紙を出した。
6 FLIGHTの変更をした。 → 変更できることの確認。
神にも祈った。アブシンベルで、ルクソール神殿で、ピラミッドで、ラムセシウムで、コプト教会で。
神は常に私を守っている。
これからの課題は。
「旅慣れない人を、あまり非難しないように。人にはそれぞれの生き方があり、誰だって、傷のない人はいないのだからね。」

これでわかることがいろいろある。
僕は観光地、名所旧跡をいくつ見るか、は全く問題にしていない。
それよりも、どれだけ変わった交通機関に乗ったかを大切に考えている。
カイロで、観光名所(ギザのピラミッド)を見たのはすばらしかったが、ギザまでローカルバスで往復したのがが重要だ。

それも、降りる場所をバスの乗客に聞いて、降ろしてもらったから、ちょっと自慢が出来る。
グループツアーに参加したり、タクシーを借り切ったりしてピラミッドを見に行ってもいいが、ちっとも迫力がない。

ローカルバスで往復した方が、意味がある。
海外旅行では、地元の交通機関に乗って、地元の人とわいわい言いながら、動くから意味がある。
旅行会社がすべてセッティングしたものに乗っかっても、つまらないよ。
だからたとえ失敗しても、自分で動いた方がポイントが高いんだ。
「新しい経験」「変わった体験」は、どんな小さなことでも、大切だ。
僕の中では、カイロの床屋へ行くことが、「考古学博物館」へ行くのと同じくらいの重さを持つ。
あと、ここには書いてないが、ホテルを全部予約無しに(飛び込みで)決めていることはとても意味がある。
ホテルは、神様が与えてくれるものなので、旅行者が自分で選べるものではない。
予約しても、絶対に、予約したホテルよりもいいホテルがあるものなので、常に損をした感じがもやもやっと付きまとうものなんだ。
現地で自分の眼で見てホテルを決めれば、自分で納得しているものなので、後悔はない。
予約したら、ホテルに泊まっていても、毎日「もっといいホテルがあったのに…」と後悔ばかりすることになる。
予約しなければ、現地であんまり感心しないホテルに泊まることになっても、「これしかなかった」「自分で選んだのだから」と、ナットクできるわけだ。
パスポートの増補をカイロの日本大使館でやったことも、僕の中では自慢できる経験。
しかも、普通は数日かかるところを、受付のエジプト人美女にお願いして、特別にその場で増補してもらった。
フライトの変更も、実はナイルヒルトンのエジプト航空オフィスでやったのが、初めての経験だった。
それまでにも、フライト変更しようとして、変更できなかったことはあったんだけどね(涙)。
実際にフライトの日付を変更したのは、旅行者として、新しい経験を積んだわけだ。
旅の話は、自分が実際にやったことだけが意味がある。
本を読んだり、人から話を聞いたりして、「オープンチケットの場合は予約変更が出来る」なんて覚えても、全く意味がないんだよ。
予約変更ができるといっても、変更先のフライトに席がないなら、変更は出来ないのは当然。
しかし、大きな機体になれば、満席ということになっていても、現実には結構空席があることも珍しくない。
予約とか、席の埋まり具合とかは、その場にならなければ、わからない。
予約なしに空港へ行ってチェックインカウンターに並んで、乗れた人もいれば、乗れなかった人もいる。
それを僕はこの眼で確認したことがあるから言えるわけだ。
だから、海外旅行には法則はない。
運がいいかどうか、神に愛されて導かれているかどうか、それだけなんだよ。
神を信じること、すべてを受け入れること。
流れのままに行動して、自分に与えられた運命を、微笑みながら受け止めること。
それが海外個人旅行というものなんだよ。
そう旅行哲学して、ナイロビへのフライトのチェックインを待つ。
このバブルの時期は、どこへ行っても日本人と出会ったもの。
だからカイロからナイロビの深夜のフライトだとしても、日本人に出会えるかも…。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt