カイロからナイロビへ飛ぶときに、若手の商社マン夫妻と出会い、ナイロビ空港では日本で教えていた英語教師と話。@カイロ〜ナイロビ/エジプト〜ケニア

1988年6月2日は、早目にカイロ空港へ行って、待合室で、旅行ノートを書き、本を読んでいた。
日付が変わるころに、乗客が増えだす。
この時代は、世界中どこへ行っても、日本人旅行者がいた。
例えば、アテネからイスタンブールへ飛んだときは、日本人新婚旅行のツアーと一緒だった。
アテネからカイロへのフライトには、日本人のツアー客が多くて、個人旅行の美女もいた。
カイロからアスワンへの飛行機には、日本のツアーの団体が2組も乗っていた。
だから僕は、カイロからナイロビへ飛ぶときも、待合室で、日本人がいないか、意識している。
ナイロビがどういうところか、いくらガイドブックを読んでもわかりはしない。
とにかく、ナイロビ空港に着いたら、ナイロビの町へ出て、今日のホテルを決め、それから町を歩いてみる。
これがナイロビの初日に、やることだ。
日付が変わって6月3日、ナイロビ行きの乗客のチェックインが始まる。
そのとき、僕は日本女性を発見した。
30歳をちょっと越えたくらいの日本女性だが、旅行者ではない。
場違いな感じがするが、ナイロビ在住の人かもしれない。
とすれば、トレトレのナイロビ情報が入手できるはず。
というわけで、さっそく声をかけました。
最初は、「失礼ですが、日本の方ですか?」と、丁寧に話を始める。
思った通り日本人だが、ちょっと愛想がない。
日本人同士、日本から遠く離れたエジプトはカイロの空港で、ナイロビ行きのチェックインで出会ったら、軽く話をしても、自然じゃないかしら。
僕はいままでも、たくさんの人に話しかけてきたが、拒絶されたのはアテネの空港で新婚旅行客のツアーに声をかけたときだったね。
話をしていると、日本人男性が現れた。
どうやら2人は結婚していて、(はっきりとは言わないが)ナイロビ駐在の商社マンとその奥さんのようだ。
僕は見るからにバックパッカー。
商社マンが僕と距離を置いておきたいという意識が読み取れる。

そこまで頑なになることもない、と思うのだが。
商社マンでも、ナイロビ駐在だったら、とっくに出世コースからは外れているだろうし。

ただまだ商社マンは若いので、中途半端に突っ張っているのだろうと、予想する。
僕も嫌がられているのはわかったが、気にしないで、適当な話をしていた。

ナイロビ在住の夫婦ならば、ある程度は利用できると考えていたから。
例えば、空港から町へ、彼らが連れて行ってくれるとか、宿を紹介してくれるとか。

でも、ミエミエに嫌がられているので、僕も適度に距離は置いた。
僕のディープな人生経験からは、この夫婦の関係が(肉体的に)あんまり良くないんだろうと感じた。

アフリカ駐在の日本人商社マンなんて、エリートではないわけで、それで、イライラしているんだろうけどね。
奥さんも商社マンと結婚したら、ニューヨークやロンドンに住めると期待していただろうし…。
フライトはカイロを午前1時半に出て、ナイロビに午前7時半に到着予定。
それでは、飛行時間は6時間かというと、それが違うんだね。
ここでは、エジプトとケニアの時差を考えなければならない。
時差は1時間あって、ケニアが1時間進んでいる。

ナイロビの午前7時半は、カイロではまだ午前6時半だ。
だから飛行時間は、5時間程度だね。

ナイロビ到着が夜が明けたばかりの早朝になるのは、旅行者にとっては都合がいい。
商社マンの荷物はかなり多くて、どうやら、ヨーロッパに買出しに行って、その戻りという雰囲気。
これは重量オーバーになると、横で観察していたら、カウンターの人に金を握らせて、見逃してもらった。
さっすがー!日本のビジネスマン!
ただ、もともとこういうことをやるのは苦手そうな、線の細いタイプの人だったので、いろいろ気苦労 があるだろうなと同情した。
カイロからナイロビの飛行は順調で、僕は機内ではぐっすりと寝ました。
カイロ発午前1時30分の定時だったが、ナイロビ到着が4時間15分後の午前6時45分になった。
商社マン夫妻は、ナイロビ空港で僕に挨拶もせず、とっととタクシーで町へ向かう。
あーあ、あれでは出世しないね。
世の中、人はいつどこでどういう状況で再会するか、わからないんだから(笑)。
僕は別に急ぎもしないので、ナイロビ空港で、ゆっくり時間を取って、空港を探検したりしていた。
見るからに愛想のよさそうな、背の高い英国人がいて、目が合ったので、適当に会話が始まる。
彼は日本で英語教師をやっていたとのこと。
「日本人に英語を教えるために丁寧にゆっくり話す癖がついてしまって、イギリスの友達から変だって言われるんだ」だってさ。
空港を探検していると、観光案内所と、リムジンバスを発見。
1988年のケニアは、まだちゃんとしてたんだよ。
これからあと、1996年に行ったときは、観光案内所もなくなり、リムジンも出なくなった。
観光地としてのサービスも低下していった。
ナイロビは(ケニアは)どんどん危険になり、町を歩くのも大冒険になって行ったよ。
1998年には、米大使館爆破事件が起きたしね。

いまでは、ケニア各地で、イスラム系のテロが頻発しているようだ。
でも、この1988年は、まだ平気で町を歩いていたけどね。
空港の案内所にはホテルリストもあって、僕はとにかく、そのホテルリストで一番安い「SOLACE HOTEL」に決めた。
ケニアの通貨「ケニアシリング」に両替する。
100英ポンドを両替して、3000ケニアシリングを手にする。
つまり、この時期、1ケニアシリングが8円程度。
ソラスホテルの料金は250シリング、つまり2000円。
ソラスホテルまで送ってくれるリムジンの料金が、40シリング(320円)。

このようにして、1988年6月3日の午前に、僕は無事に、ナイロビへ入りました。
greece-turkey-greece-egypt
ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx