ナイルヒルトンのエジプト航空オフィスで、明日のアスワン行き航空券を買い、クレオパトラホテルの九龍飯店で、興味深い日本人男女数人と出会う。@カイロ/エジプト
y
伝説の大ベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」
1988年5月20日に、エジプトへ来た第一の目的を果たした。
それは、「ギザの3大ピラミッドを見る」こと。
特に「クフ王のピラミッド」は、絶対に内部まで入って、大回廊を上り、王の玄室に入るべきです。
中に入るには、現在は人数制限があるようなので、注意してくださいね(僕の時は何も制限はありませんでした)。
スフィンクスは、そこにあるだけなのでカンタンに見れます。
クフ王のピラミッドとスフィンクスを見るのは、海外旅行の基本。
クフ王のピラミッドを見ておくと、別のピラミッドを見たときに、思い出が語れます。
例えば、比較のために、メキシコのテオティワカンでピラミッドを見たくなるもの。
すると、ユカタン半島のチチェンイツァのピラミッドも訪れたくなる。
さらに、グアテマラのティカル遺跡の1号神殿や4号神殿を見たくなる。
もっとマニアックになると、ペルーのトルヒーヨ郊外にある「太陽のピラミッド」「月のピラミッド」まで見ることになる。
僕は、もちろん、全部見てますが。
その第一歩が、エジプトのギザの3大ピラミッドとスフィンクス。
テオティワカンの太陽のピラミッドも大きいが、ギザのクフ王のピラミッドとの比較が出来ないと、不満だしね。
ここは、エジプト旅行を先にやった方がいい。
ギザのピラミッドを見るには半日あれば十分なので、昔は、エジプト航空でヨーロッパ旅行のついでに、カイロでストップオーバーする人が多かった。
今では、湾岸諸国の航空会社が強いが、湾岸諸国にはもともと見るものがないので、つまらないです。
エジプトは行く意味がありますが、これを書いている2015年7月時点では、ちょっと治安が悪い。
エジプト情勢が安定したら、是非旅をして、ピラミッドだけは、見ておいた方がいい。
僕はエジプトへ来て、市内バスで往復して、まずピラミッドを見た。
次にやることは、エジプト南部のアスワンへ行く。
アスワンには、有名なアスワンハイダムがあり、そこからダム湖建設で移設された、「アブシンベル神殿」へ行ける。
そこで、ラムセス鉄道駅へ行って、カイロからアスワンへの列車の切符を買おうと考える。
が、駅の表示がアラビア文字で、わけがわからなかった。
駅には人が多すぎて、人いきれで疲れてしまう。
僕は人が多すぎると、ダメなんだ。
「一日に一つのことをすればいい」というのが、海外個人旅行の大原則。
そして、僕は今日すでに、「クフ王のピラミッドを見る」という大事業をやり終えた。
切符を買わないとしても、アスワンへの移動を調べさえすれば、今日一日とすれば、十分なんだが。
列車がわけがわからないなら、飛行機を使えばいい。
町を歩いて、適当な旅行代理店に飛び込んで、話をするが、どうも信用できない。
航空券を買うにしても、エジプト通貨の「エジプトポンド」が必要だ。
タハリール広場のナイル川側にある、ナイルヒルトンホテルの両替所で、トラベラーズチェックをエジプトポンドに両替した。
ナイルヒルトンへ行ったら、ヒルトンの中にエジプト航空のオフィスを見つける。
ヒルトンホテルのエジプト航空なら信用できるでしょう。
ちなみに、ナイルヒルトンには、この時代、我が「日本航空」のオフィスも入ってましたよ。
エジプト航空で話をして、明日21日のカイロからアスワンへの予約を入れ、航空券を買う。
料金は、125.3ポンド。
この時期、1ポンドが60円と考えるので、約7500円。
ホテルの部屋に戻って少し休み、シャワーを浴びてスッキリして、クレオパトラホテルのロビーに出る。
ソファで新聞を読んでいると、日本人がいたので話をする。
彼は建設関係のプロジェクトのスタッフだそうで、中東には詳しい。
実は僕も、某大手建設会社の海外工事部門にいたことがあるので、話が盛り上がる。
大きな声でワイワイやっていると、日本人がもう1人、話しかけてきた。
彼は、エジプトに留学している日本の国費留学生らしい。
これは面白い人たちに出会った。
軽く話をしても話が尽きないので、一緒に食事をすることに。
クレオパトラホテルの地下には、「九龍飯店(KOWLOON RESTAURANT)」が入っていた。
中華料理だと思うだろうが、実は、韓国料理屋でした。
キムチがずらりと並んだからね。
この時の話は深くて面白かった。
いろいろ話をしたが、僕に関係したこととしては、ヨルダン旅行のこと。
イスタンブールでは、この時期、日本人はヨルダンへ入れないという噂が流れていた。
それもあって、陸路で、トルコ、シリア、ヨルダン、イスラエル、エジプトというルートは取らなかったのだが。
でも、通れるのなら、通ってみたいものだ。
このあと僕は、ケニアまで行って、もう一度エジプトに来ることになる。
アテネからナイロビへの往復切符があったので、カイロからアテネに飛ぶことも出来た。
しかし、僕は、その切符を捨てて、船でヨルダンのアカバ港へ入った。
続いて、ヨルダン、イスラエル、ヨルダン、シリア、トルコと、陸路で旅をして、ヨーロッパへと入った。
そのきっかけとなったのが、この時の会話だったんだ。
留学生の話では、エジプトからスーダンへ、エジプトで買ったロバの背に乗って旅に出た日本人の話があった。
隣のテーブルに、日本人らしい女の子2人を発見。
2人ともタンクトップで、胸が大きかった。
男同士の話も一段落着いたし、真面目な話も疲れた。
僕が女の子に話しかけて、テーブルを一緒にしてもらう。
彼女たちは別々に旅をしているのだが、カイロでは一緒の部屋に泊まっている。
1人は、欧米人と一緒に、ナイル川を小さな筏で下ったという。
その女の子は、明日昼ごろの飛行機で、日本に帰る。
僕も、明日、アスワンへ飛ぶ。
そこで、一緒のタクシーで、空港へ行くことにした。
クレオパトラホテルのロビーで、明日午前7時に待ち合わせをする。
よく考えてみれば、女の子はもともと一人旅。
僕も一人旅だが、4つ星ホテルのツインルームに1人で泊まっている。
だったら、今夜は彼女が僕の部屋に来れば、明日の待ち合わせをすることはない。
そう考えたが、夜中に荷物を持って移動するのも大変なので誘いませんでした。
いまだったら、一応提案するだけはするんだけどね。
1999年にアジア横断旅行をしたときは、成都の交通飯店で、美人女子大生さんに声をかけることが出来ました。
というわけで、僕のエジプト旅行は順調に進んでいく。
ギザの3大ピラミッドと、スフィンクスを見に行った(しかもローカルバスで往復して)。
アスワンへの航空券も無事入手した。
そうしたら、興味深い日本人二人と出会って、旅のヒントをもらった。
さらには、タンクトップの日本人美女とも話が盛り上がった。
残念なことが一つ(女の子を部屋に誘えなかった)あったが、そこまでやるのは、欲深すぎでしょう。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt