ナイロビへのフライトを6月3日に変更して、ホテルを移動することを決め、「Lonely Planet AFRICA」を読む。@カイロ/エジプト

1988年5月29日朝、カイロのクレオパトラホテルの部屋で目を覚まし、ベッドの中で、いろいろ考えている。
前回クレオパトラホテルに泊まったのが、5月19日と20日だった。

19日は空港からタハリール広場へ来て、クレオパトラホテルへ泊まると決めただけ。
実質的なカイロ滞在は20日だけで、ギザの3大ピラミッドとスフィンクスを見て、翌日にはアスワンへ飛んだ。

それから、アスワン、アブシンベル神殿、エレファンティネ島、ルクソール、ルクソール神殿、ルクソール西岸サイクリングをした。
ルクソールからハルガダへローカルバスに乗り、ハルガダでスノーケルダイビングをして、ローカルバスでスエズへ。

スエズからカイロはまともなエアコン付きのバスで、カイロへ着いたのが昨日夕方。
馴染みの「クレオパトラホテル」にチェックインして、地下の「九龍飯店」で食事をして、コロッと寝た。

さて、2回目のカイロ滞在をどうするか、考えなければならない。
カイロ周辺には見残した観光スポットが、まだまだたくさん残っている。

それを見ることで、いくらでも時間調節がきく。
また、往復切符を使っているので、カイロへはケニアからの帰りに、もう一度立ち寄ることになるだろう。

つまり、僕はカイロに三度、滞在するのが決まっている。
2度目のカイロに何日滞在するか、という問題は、なにを見るかではない。

次の目的地ナイロビに、いつ飛ぶかというだけだ。
僕の持っている航空券は、アテネからナイロビの往復航空券で、往復ともにカイロでストップオーバーできるというもの。

その予約を、アテネの「ヒマラヤトラベル」で入れてある。
この航空券は、予約変更可能な切符。

海外旅行では何が起きるか、誰に出会うか予想できない。
だから、予約通りに旅をしたら、失敗した旅行ということになる。

予約の入ってない切符は意味がないので、予約は入れてあるが、最初から変更するつもり。
アテネからカイロが5月18日、カイロからナイロビが5月29日。
ナイロビから、カイロ経由アテネが6月13日。
今日が5月29日の日曜日だが、今日飛ぶのは無理。
それと考えなければならないのは、カイロからナイロビまでは、毎日フライトはないかもしれない。
いまの旅行者は、ネットがあるので、自分で調べたりするのだろう。
でも、それ以前に、ネットにある情報が正しいかどうかが、大問題だ。
2004年にカリブ海のトリニダードトバゴへ旅した。
現地で出会った日本人旅行者は、日本からネットでフライトの予約を入れていた。
が、実はそのフライト自体が存在しなかった。
だからネットは参考にはなるかもしれないが、全面的に信頼してはダメだ。
エジプト航空のことはエジプト航空のオフィスで聞けばいい。

タハリール広場の向かい側、ナイル川沿いに立つ「ナイルヒルトンホテル」へ歩く。
エジプト航空オフィスに行くと、やはりナイロビへのフライトは毎日なくて、次は6月3日だとか。

ちょっと遅いが、カイロならいくらでも時間は潰せる。
ケニアの本も読みたいので、6月3日でいいだろう。

注意しなければならないのが、6月3日とはいっても、実質的には6月2日の深夜のフライトだということ。
カイロからナイロビへのフライトが、6月3日金曜日午前1時30分。

空港のチェックインは、2時間前の6月2日木曜日午後11時30分と念を押される。
これで、ナイロビ行きの日時が確定した。

今日が5月29日なので、5日ほど余裕がある。
次に、ホテルを移動することを考える。

ぐるりとエジプトを回った結果、一泊20ドルは高いと感じる。
それと、それほど素晴らしくもないホテルに、だらだら居続けるというのも、旅行者として芸のない話だ。

つまり、明日は別のホテルへ移動したい。
通りを歩いて、適当なレベルのホテルに飛び込んで、料金を聞き、部屋を見せてもらう。

最初に、2つ星の「ヴィエンノワーズ(VIENNOISE)」へ行ったが、部屋が薄汚くて、照明も暗かった。
同じく2つ星の「グランドホテル」へ飛び込んだが、値段が割高な感じ。

有名な「アングロスイス(ANGLO SWISSE)」へ行くと、さすがに清潔だ。
きちんとしているので、ここへ移動すると決める。
日本語の本のライブラリーもあるようだ。
宿泊者に日本人もいるかもしれない。

今日はクレオパトラに泊まるので、明日からになる。
冷房の効いた「クレオパトラホテル」の部屋に戻り、「LONELY PLANET AFRICA」を読み始めた。

ケニヤがどんなところなのか、知識がないからね。
物価がどうなのか、ホテル代はどうなのか、安く泊まれるホテルがあるのか。

ケニアから近隣諸国に旅をするのは、簡単なのか。
僕はロンドンでケニヤのビザを取ってきているが、アフリカの場合は、各国のビザを取るのが大変だろう。

「LONELY PLANET AFRICA」は、アフリカ各国の歴史解説の部分が、この時代かなり独断が入っていて、面白かった。
部屋でロンプラを読んで、午後の時間を潰し、ちょっと頭が熱を持った気がした。

こんなときは日本語の新聞雑誌を読みたくなる。
ナイルヒルトンには、日本航空のカイロ支店が入っていたので、そこへ行く。

冷房が効いたオフィスで、日本語の新聞雑誌を読んで時間を潰す。
この時代は、世界各地の日本航空のオフィスは、新聞雑誌を読むのに最適な場所だった。

何時間粘っても、文句を言われなかったし、面白そうな日本人を見つければ、話し相手もできるしね。
今日は、話し相手が見つからなかったので、「九龍飯店」へ行き、一人で夕食をとった。

お酒も飲んだが、チップも入れて、一人で30ポンド(1800円)も使ってしまったよ(汗)。
今日は、ナイロビへのフライトを確定した。

明日はもっと安いホテル(アングロスイス)へ移動する。
絶対的な観光名所「エジプト考古学博物館」へでも行きましょうかね。

そうそう、今日は日曜日なので、アテネの保健所でもらったマラリアの薬を飲み始めた。
一週間に一錠なので、日曜日ごとに飲めばいいわけだ。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt