カイロからアスワンへ飛んで、エレファンティネ島を見る「アブシンベルホテル」に泊まり、さっそく明日のアブシンベル神殿行きのバスを捜す。@アスワン/エジプト
y
伝説の大ベストセラー「間違いだらけの海外個人旅行」
1988年5月21日今日はカイロからアスワンへ飛ぶ日だ。
空港まで一緒のタクシーに乗ると、昨夜知り合った日本女性と、約束している。
午前7時にロビーで待ち合わせだが、彼女が来なければ、僕は一人で空港へ行く。
海外個人旅行では、約束が守られなくても不思議ではない。
昨夜から今朝までの間に、何か相手に起きたかもしれない。
それを考えても仕方ない。
いろいろ考えても無駄だ。
無駄なことは考えない。
僕は午前5時には起き、余裕を持って準備をした。
午前7時前にロビーへ降りて、ホテル代の清算を済ませる。
1泊46ポンド、2泊分で92ポンド(5500円)を支払い、領収書をもらう。
もう一度部屋へ戻り、午前7時に、バックパックを背負ってまたロビーへ降りる。
彼女が現れなくても、15分は待つ予定。
しかし、午前7時にロビーへ降りると、彼女はすでにソファに座って、僕を待っていた。
きっちりと時間を守る女性は、僕は好きだね。
すぐにホテルを出て、タハリール広場でタクシーを止める。
タクシーと交渉して、空港まで7ポンドで行くことにする。
この時代は、1ポンドを60円と考えるので、420円。
2人でワリカンにしたので、1人200円程度。
タクシーは渋滞にもかからず、30分程度で空港へ到着。
ここで女の子と別れた。
彼女は国際線へ、僕は国内線の3番ゲートで、アスワン行きの飛行機に乗る。
この国内線の出発時間、到着時間は記録してない。
ガイドブックを見ると、現在でカイロからアスワンまで、1時間半程度なので、その程度だったのでしょう。
このフライトには、日本人の個人旅行者は僕だけだった。
ところが、日本人のツアーが、2組も乗っていた。
アテネからカイロのフライトにも、日本人のツアーが大勢乗ってて、日本語のアナウンスまであった。
つまり、この時代は、日本人ツアーも、個人旅行者も、たくさんいたというわけですね。
アスワンに到着したのは昼ごろでしょう。
僕はツアーの添乗員さんに声をかけて、世間話をするのは得意。
「仲良くなってツアーバスに乗せて、町まで運んでくれないだろうか」、という下心。
ただ、飛行機がアスワンに降りると、ツアーは大形バスに乗って、とっとと行ってしまいました。
アスワン到着が真昼間なので、少しも慌てない。
タクシーと交渉するが、個人旅行者は数が少なく、それほどボッタクラレたとは思わない。
いくらでアスワンの町まで行ったのか、メモしてないですが、ひどくボッタクラレたわけではない。
カイロだって、この日の朝、30分タクシーに乗って、400円程度ですから。
アスワンの町までの料金を交渉してタクシーに乗ると、「アスワンハイダムを見に行かないか」と誘ってくる。
ただ、「世界旅行主義」として、「新しい町へ着いたら、ホテルを捜すのが一番大事」というのが頭にあって、断ってしまった。
このときに、ちょっと立ち寄れたら、アスワンハイダムを見学できたのだが。
僕はこのチャンスを逃したので、見れませんでした。
さて、アスワンの町に入って、川沿いのホテル「アブシンベルホテル」の敷地に入る、
この時は、まっすぐこのホテルを目指したので、多分、「Lonely Planet Africa」を持っていたのでしょう。
記憶にないが、カイロを歩いていたときにでも、買ったのかもしれない。
「アブシンベルホテル」は、5階建てくらいのまともなホテル。
部屋を見せてもらい、ナイル川と、エレファンティネ島を眺める、絶景の部屋に決めた。
しかもこの時の料金が、なんと、たったの、10.35ポンド(約600円)でした。
カイロのクレオパトラホテルが、4つ星で20ドルだった。
アスワンに来たら、ナイル川を見下ろす、ガンガンクーラーの効く、絶景の部屋が、ツインのシングルユース(2人部屋を1人で使う)でたったの600円だ。
これは痺れたね。
ただ、部屋にはバスタブはなくて、シャワーのみでしたが。
シャワーだけの部屋というのは、ヨーロッパではごく当たり前の設備。
しかもこのホテルの、前庭にはレストランがある。
これは、「大当たり」だね(笑)。
このままここでビールでも飲んで、疲れたら、昼寝でもしたいという誘惑にかられる。
しかし、僕はアスワンの町を探検に行く。
というのは、明日の予定を考えていたから。
明日は、バスに乗って、「アブシンベル神殿」へ往復する。
だからバスの出発場所、料金、出発時間、を調べて、予約が必要なら予約しておかなければならない。
バスの出発場所は、すぐにわかった。
早朝の出発だったと思うが、その時刻はメモしてありません。
バスは予約の必要がなく、出発時間に集まればいいだけ。
料金は、アスワンからアブシンベルへの往復で、16ポンド(約千円)。
この情報を得たら、明日朝、バスに乗り遅れないようにすればいいだけ。
ここで、ホテル前庭の、芝生の上のテーブルで、ゆっくりと食事を取り、ビールを飲みました。
アスワンからアブシンベル神殿まで、バスで片道4時間かかる。
往復で8時間だ。
でも、行って帰ってくるだけで、ホテルも確保してある。
明日の宿もここに連泊すればいいだけ。
バスに乗っていって、アブシンベル神殿を見て、バスで戻ってくればいいだけ。
何の心配もありません。
ナイル川沿いの道(コーニッシュ)をぶらぶら歩く。
エレファンティネ島を見て歩くと、ヌビア人(南部エジプトの黒人)たちと目が合う。
僕は「サラマレコン」と挨拶する。
するとみんなが、ニコニコ笑って、「マレコンサラーム」と返事をする。
なかなかいい感じだね。
明日は早起きしないといけないので、この日はとっとと寝ました。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt