ホテルを「アングロスイス」へ移動し、「エジプト考古学博物館」へ行って、絵はがきを書いてあちこちに出す。@カイロ/エジプト

1988年5月30日、カイロのタハリール広場に面した「クレオパトラホテル」で目を覚ます。
昨日決意したのだが、今日はもっと(かなり)安いホテルへ移動する。
行き先も決まっていて、バックパッカーの間で、この時代ちょっと人気だった「アングロスイス」という宿だ。
僕はこのまま「クレオパトラホテル」に泊まり続けていたって、金銭的には、別にかまわない。
ただ、旅行者としては、同じホテルに泊まり続けているというのでは、つまらない。
しかも、クレオパトラホテルは、4つ星で、1泊たったの20ドルだ。
これでは、「冒険心がない」と言われても仕方ない。
「旅に負けて」いるわけだ。

本当に金持ちで、これまでいろんな小説の舞台となった、「ナイルヒルトンホテル」に居続けているというなら、それはそれでスタイリッシュだろうね。
中途半端なホテルに落ち着いても、そこで興味深い人との出会いがないなら、意味がない。
「クレオパトラホテル」はある程度有名だが、話のネタにはならないところだ。
「旅先でどんなホテルに泊まるか」というのは、悩ましい問題ではある。
特に現在のように、インターネットが発達していて、ホテル検索サイトですぐに何百というホテルが見つかる場合、実質的には意味がない。
何百という選択肢から選ぼうと、泊まるのは一か所だけなのだから。
だから一番頼りになるのは、ガイドブックということになる。
ただ、日本のガイドブックは、インターネットの劣化版のようなもので、実際に泊まらないで、ただホテルの名前を並べてあるだけ。
ある程度旅の知識がある旅行者は、「Lonely Planet」を使うことになる。
「Lonely Planet」だと、著者が自分で泊まって評価してあるので、基本的には信用できる。
難しく考えずに、「Lonely Planet」に紹介してあるホテルに行けば、まず大きな間違いはない。
もちろん、旅は常に変化するものだから、その変化は予期していなければならないけどね。
時間があれば、「Lonely Planet」に紹介してあるホテルを自分の目で見て、自分で判断すればいいだけだ。
カイロでは、ぼくはまず、「ホテルチューリップ」へ行ったが、満員だった。
「クレオパトラホテル」に飛び込んで、部屋を見つけた。
ちゃんとしたシティホテルの設備が整っていて、20ドルなので、この時点では正解。
アスワンでは、「アブシンベルホテル」に泊まったが、ここは眺望もすばらしく、設備もよくて、10ポンド(600円)ちょっとだったので、これは大満足。
ルクソールでは、日本人旅行者に紹介された「ウィンザーホテル」(21ポンド/1260円)に泊まった。

紅海に出て、ハルガダでは、、「RAMOZA HOTEL」のツインに、学生さんと2人で泊まった(一室12ポンド/1人6ポンド)。
設備はよくなかったが、1人360円なら、諦めもつく。
カイロへ戻ってきて、また「クレオパトラホテル」に泊まった。
ただ、ナイロビへのフライトの予約が6月3日早朝(実質6月2日深夜)になった。
さらに、今日(5月30日)から3泊しなければない。
それなのに、ずっとクレオパトラホテルに泊まっているのでは、芸がない話だ、
カイロでもバックパッカーが泊まる程度の宿の情報をゲットしておいた方がいい。
それで、昨日歩いて、「アングロスイス」に決めたわけだが。
値段は残してないが、カイロだし、シングルで千円程度だったと思う。
アングロスイスへ行く理由は、カイロの安宿を体験しておくこと。
有名な安宿ならば、日本人旅行者も泊まっているかもしれない。
新しい出会いもあることだろう。
それと、アングロスイスには、安宿の特徴として、本のライブラリーがあった。
もちろん英語のペーパーバックがほとんどだが、日本語の本もあるのを確認してある。
昼間は見残したカイロ周辺の観光地を見て、夜は本を読んで過ごせば、あと3日程度は潰せるだろう。
ここまで読んできた人の中には、ハルガダで一緒にダイビングした学生さんが泊まっている、「オックスフォード」という安宿へ行ったらいいのに…、と思う人もいるだろう。
それはやりすぎ。
旅人は、旅先で出会って、一緒に盛り上がっても、別れはあっさりしているものだ。
偶然再会するのは「アリ」だが、わざわざ同じホテルに泊まるのでは、よくない。
旅先では、何が起きるかわからない。
旅先での出会いをそのまま受け入れることが、旅行者としてのあり方なんだ。
というわけで、アングロスイスへ移動して、チェックインした。
荷物をホテルの部屋に、ワイアロックで確保して、タハリール広場に面した「エジプト考古学博物館」へ歩く。
ここは、観光客にとっては、絶対に見なければいけない場所だ。
なにしろ、あの「ツタンカーメンの黄金のマスク」があるんだから。
ただ、僕は高校のときに、福岡でこのマスクを見たことがあるが。
博物館へはいろうとしたら、入り口で日本人の女の子と入り口で出会った。
日本女性とミイラを比べると、そりゃ生きている日本女性の方が興味深い。
話をすると、偶然にも、同じ「アングロスイス」に泊まっているのだとか。
ただ、ちょっと話をしただけで、僕とは違った種類の旅行者だとわかった。
彼女は、カイロでエジプト人の友だちが出来て、連日一緒に遊びまわっているのだとか。
後でわかったが、カイロに長期滞在している日本人旅行者も結構いるみたいだ。
ちょっと特徴的だったのは、髪型が短くて、モンチッチみたいだったことかな。
だから僕の記憶には、モンチッチみたいな日本女と、会ったって残っている。
考古学博物館へ入って、いろいろ見たが、ツタンカーメンの黄金のマスクと再会した以外は、ほとんど覚えていない。
海外旅行では、一応見るべきものを見たというだけで、それで十分。
絵葉書を買って、中央郵便局で、ロンドンの友達や、日本の知人、友人などに書いて送った。
世界各地の都市の中央郵便局も、もちろん観光名所の一つです。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt