シナイバスターミナルへ行ったが、ボーッとしていたので、降りる場所がわからない。一番遠いターバーまでの切符を買う。@カイロ/エジプト

「世界冷や汗一人旅」
 
1988年8月9日。
今日はとにかく、明日のシナイ半島方面へ行くバスの切符を買って、バスターミナルを確認する。
シナイ半島方面へ行くバスは、「シナイバスターミナル(SINAI BUS TERMINAL)」から出るらしい。
旅先では、ほとんどのことは信用できない。
自分で行ってみて、自分の目で見て、話をして、自分で切符を買わなければ、安心できない。
それでも完全に信用してはダメだけどね。

僕がハルガダからカイロへの昼間の切符を、スタッフと話をして、ハルガダのバスターミナルで買ったときでも、そのバスは存在しなかったんだから。
ルクソールで知り合った人妻さんがルクソールカイロへの一等車の切符を買ったら、二等車しか存在しなかった。

旅ではすべてのことを疑わなければならない。
できたら、乗る予定のバスを自分で見て、確認しておきたい。
または、起きるすべてのトラブルを、怒ったりせずに、そのまま受け入れる覚悟が必要だ。
海外旅行では、トラブルがつきもので、トラブルこそが旅の日常でもあり、ある意味、旅の本当の楽しみなんだからね。
海外個人旅行では、思いがけないことが起きて、それが普通。
「日本みたいにきちんとしてない」なんて、当たり前。
日本では起きないようなことが普通におきるのが、海外個人旅行。
それを面白がれないと、旅は楽しめないってわけだが。
日本人は、海外旅行でトラブルが起きないように計画を立て、スムーズに旅行できるように考える。
でも、すんなりと計画通りに旅が出来てしまったら、つまらないものだ。
正直言って、計画通りの旅なんか、わざわざ自分のお金を使ってまで、やるようなものじゃないよ。
海外個人旅行とは、トラブルがつきもので、そのトラブルをある範囲内で押さえられるかどうか、だけが問題なんだ。
わけがわからない状況の中で、トラブルが起きないように、いろいろと調べ、確認をし、話をする。
そうすれば、トラブルはある程度防げるわけだが、それでも完全には防げないものなんだよね。
海外の出来事は、楽しいこと、思いがけない出会い、興味深い人たちとのわけのわからない話、ふとした心のつながりなんか、すべてを素直に受け入れる。
また、トラブルはあるものだし、人のいうことはすべて(基本的には)信じない。
シナイバスターミナルへは、ミニバスで行った。
ミニバスの料金は40ピアストル、つまり0.4エジプトポンドだから、24円。
バスターミナルで、明日のバスの切符を買う。
切符売り場の窓口で、行き先を聞かれて、はて僕はどこまで行くのだろうかと考えたが、わからない。
考えてなかったんだ。
常識として、シナイ半島のアカバ湾側まで行って、そこから船に乗り、ヨルダンのアカバ港へ行くことはわかっていた。
僕は本質的には、いい加減な、ぐーたらな、適当な性格なので、どこでバスを降りて、どこから船に乗るのか、考えてなかった。
バスを降りて、船に乗り換える港の名前を覚えてなかった。

だから、バスターミナルでは、シナイ半島の一番遠い場所で降りればいいと考えた。
一番遠い場所は、「ターバー(TABA)」らしい。

だったらそこまで切符を買いましょう。
一番遠いところまで買えば、途中で降りることも出来るだろうしね。
というわけで買ったのが、カイロからターバー行きのバス切符で、25.5エジプトポンド(1530円)。
午前7時10分発のバスだ。
これならまだ明るいうちに着けるでしょう。
問題は、紅海を渡る船の時間と、出国手続きだが、それは考えても仕方がない。
なるようにしかならない。
明日のシナイ半島へのバスの切符は買った。
バスターミナルから、普通のバスでタハリール広場へと戻る(10ピアストル/6円)。
朝からバスターミナルへ行って、バスターミナルの場所もわかったし、バスターミナルの構造も理解できた。
昼間のバスだから、またスエズ運河も見れるし、シナイ半島を通って、アカバ湾を見ることが出来る。
なかなか快適な観光旅行になるのでは?
タハリール広場に戻ってきても、まだ午前中だ。
今日がカイロ滞在の実質的には最終日。
時間が余ってる。
でも、また映画を見るのもつまらないし。
そうだ、メンフィスとかサッカーラとか、カイロの南になにかあるんじゃないかな。
地下鉄1号線に乗って、南へ行ってみましょう。
エジプト旅行記 /
ヨルダン旅行記 / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx