水上バスでオールドカイロへ。ジャッキーチェンの「the Armour of God(サンダーアーム/龍兄虎弟)」を見る。映画話から旅行話への転換について。@カイロ/エジプト

1988年5月31日、カイロの手ごろな安宿「アングロスイス」で目を覚ます。
昨日「クレオパトラホテル」から移動してきた。
思い出しながら書いているが、バストイレは共同で、エアコンもなかった気がする。
エジプトは、昼間は暑いが、夜になると冷えるので、東京都心の熱帯夜のように、寝苦しいということはない。
ただ、昼間の居場所がないわけだが、その解決策が今日の僕の行動で示されるだろう。
とにかく観光客としては、どこでもいいから、朝から軽く見て回りたいもの。
日本のガイドブックにあった「オールドカイロ」という地区を見に行く。
なにか暑苦しそうなところだが、僕は「水上バス」に乗って、ナイル川からはいるので、キモチいいでしょう。
どこから乗ってどこで降りたのか、記憶は全くないが、旅行ノートには、「水上バスでオールドカイロへ(10pt)」とある。
10ピアストルだから、この時代、6円で乗れたわけだ。
「コプト博物館」へ行くと、入場料が、1ポンド(60円)。
「セントジョージ教会」は、光がきれいだという感想。
これだけしか書いてないが、神に真剣に祈ったので、心がさわやかになる。
帰りは、地上を走る電車に乗って、それが町の中心部にはいると、地下鉄となっていた。
これがだいたいお昼ごろ。
両替所で、イギリスポンド(sterling pound)を20ポンド分(5千円程度)、エジプトポンドに両替した。

昼食は、26エジプトポンド(1560円)。
気分的には、今日やることはこれで終わり。
午後の暇つぶしに、ジャッキーチェンの「the Armour of God」を見る。
映画館に入れば、冷房がバッチシ効いているからね。

これは、ジャッキーチェンが撮影中に怪我をした映画で、そのシーンもちゃんと撮ってあった。
僕は正直、ジャッキーチェンの映画は、見たことがなかったが、この映画以来、世界中あちこちで見たよ。
「the Armour of God」は、日本では、「サンダーアーム/龍兄虎弟」というタイトルで公開されたとか。
僕のベストセラー第二弾「これが正しい海外個人旅行」には、「海外で映画を見るのはただの暇つぶしではない」という項を設けてある。
旅行者というものは、自分が海外旅行をしたという旅行自慢をしたいもの。
だが、旅行自慢をストレートに出すと、人から嫌がられる。
これが旅行者の、一番の悩みなんだ。
旅行に行ったことをだれかれかまわず吹聴したいが、誰も聞いてくれない(涙)。
話したいが、相手がいないし、話せば嫌われて、友だちが離れていく。
「僕がカイロ(海外ならどこでも一緒だが)にいたとき…」という言葉は、絶対に避けるべきだ。
正直言うと、旅行好きな人がしょっちゅう海外旅行に出るのは、日本国内では話し相手がいないからなんだね。
海外に出さえすれば、海外旅行の話をしても自然だし、自分の旅自慢も出来る。
結局、旅の話をしたいために、わざわざ旅に出るわけだ。
それなら、日本国内でも、人が自分の旅行話を聞いてくれれば、それの方がいい。
旅というものは、旅をしただけでは終わらない。
旅の話をして始めて、自分の中の旅の記憶が、めでたく完結する(成仏する)わけだ。
そういう観点からすると、映画の話をしていて、そこから自分の旅の話に持っていけば、自然で、聞きやすいことだろう。
例えば、「ターミネーター」の話をしていて、「そういえば、中国では『ターミネーター』を『終結者』というんだよ」と話をすれば、ちょっと興味を引かないかな。
そこから、「僕が『終結者3』を見たのが、中国の大連だったんだけど、そのときは…」と続けることが出来るだろう。
そう考えているが、僕には映画の話題を話す友達もいないので、まだ機会がないんだけどさ(涙)。
ラムセス鉄道駅へ行ったことも書いてある。
これは、翌日に、アレキサンドリアへ日帰りしようと考えて、時間を調べていたのだと思う。

しかし、わけがわからなかった。
まあ、ナイロビへ飛ぶ時間潰しでカイロに滞在しているのだから、適当に過ごせばいいでしょう。

アングロスイスの本棚で、日本語の本を三冊借りて、部屋で読みながら寝る。
朝は観光でナイル川を水上バスで移動し、コプト教会で祈り、地下鉄で戻ってきて、ジャッキーチェンの映画を見た。
明日は、アレキサンドリアへ日帰りして、地中海でも見ましょうかね。
ま、それは、明日になって考えることだけどね。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt