ナイルの対岸へ渡って、ヨルダン大使館へ行き、ビザを申請し、カイロタワーに上って、ヨルダンビザを取る。@カイロ/エジプト

「世界冷や汗一人旅」
 
1988年8月8日になった。
ケニアからエジプトへ戻って、昨日はまずアレクサンドリアへ往復した。

アレクサンドリアは、歴史的にも有名な町だし、クレオパトラの宮殿があったところなので、どうしても行かなければならない場所だ。
古代の、アレクサンドリア図書館、アレクサンドリアの大灯台、クレオパトラの宮殿なんかは、何にも残ってないけどね。
でも、アレクサンドリアへ往復して、エジプトで気になっていた場所は、だいたい見たといえるだろう。
今日はさすがに、次に旅するルートのことを考えた方がいい。
次に旅するのは、ヨルダンと決定している。
ただ、1988年の春から夏にかけて、中東では「日本人はヨルダン入国を拒否される」という噂が、流れていた。
僕もイスタンブールで聞いたことがある。
それを気にしていたが、イスタンブールへ来た日に、日本人技術者から「ヨルダンへは問題なく入国できる」と聞いた。
ビザや入国条件は常に変化するものだから、日本人技術者の話を聞いただけで、ヨルダンへ入国できると考えるのは間違っている。
しかし、神のお告げとして、「ヨルダンへ行け」と指示が出ているのを感じる。
また、ナイロビからカイロへ飛んできた日に、ヨルダンを通過して中東旅行をしてきた、これから中東旅行をするという日本人旅行者に出会った。
これから判断すると、日本人のヨルダン旅行に特に問題はない、と考えられる。
日本人の中には、旅の噂話を集めて、旅行通を気取っている人たちもたくさんいる。
旅行情報は常に変化しているので、噂話をいくつ知っていても、何の意味もない。
ビザについて言うなら、「取れる場合もあるし、取れないこともある」。
その理由がはっきりしていることもあるし、わけがわからないままに、なぜかビザをもらえないこともある。
そんな話をいくら知っていても意味はない。
意味があるのは、「自分がビザを取ったという(または、ビザを断られた)経験だけ」なんだ。
というわけで、僕は今日、カイロのヨルダン大使館へビザをもらいに行く。
僕の旅行ノートには、8月8日の予定として、「大使館(ヨルダン、シリア、ブルガリア)の位置を調べる」「シナイ半島行きバス調べ」「ホテルの料金支払い」などと書いてある。
僕の記憶では、カイロの市内地図でヨルダン大使館の場所を調べて、とことこと歩いていった。
ナイル川を渡って、ヨルダン大使館を見つけた。
ヨルダンのビザは、大使館の門番みたいな人が受け付けていて、料金は31.5エジプトポンド(1890円)。
まあまあの値段だね。
昨日ナイルヒルトンホテルで、両替をして置いてよかった。
ただ、小銭がなかったので、35ポンド渡して、お釣りをもらおうとしたが、お釣りがない。
お釣りは、パスポートと一緒にもらうことにした(パスポートの預り証にお釣りのことも書いてもらった)。
地図でヨルダン大使館の場所を調べたりしていたので、申請は午前中の遅い時間になった。
ビザの申請は、結構早めに締め切られることも多いが、運よく間に合って、今日中にビザがもらえるとのこと。
ビザの受け取りは、午後1時半の予定。
それまでナイル川の中洲にある「カイロタワー(CAIRO TOWER)」に行って、上って時間を潰した。
日本人カップルと出会って、ちょっと話をした。
記憶に全く残ってないが、旅行ノートには、「背の高い男」と「きれいな女」と書いてある。
2人は、アレクサンドリアから、船で地中海を渡りたいと話をしていた。
アテネやイスタンブールからエジプトのアレクサンドリアへの(または逆の)船旅。
これは、誰でも気になるし、一度は経験したいものだが、地中海のクルーズ船以外は存在しない。
船よりも飛行機の方が運賃が安くなってしまったので、存在価値がなくなったわけだ。
だから、クルーズで地中海を旅する以外、庶民が使える船旅をというのは存在しない。
午後1時半になって、ヨルダン大使館へビザを受け取りに行く。
ビザはできていたが(つまり午前中に申請して、午後に受領した)、しかしお釣りの「3.5ポンド(210円)」がない。
門番に言って、大使館の中へ入り、廊下を歩いていたら、ドアの開いた部屋に人を見つけたので、お釣りをもらいたいと話しかけた。
すると、彼は自分のポケットからお金を出して、3.5ポンド払ってくれた。
これでヨルダンのビザがゲットできたので満足。
ビザの申請が遅くなったのは、実は今日ビザを取る気持ちがなくて、だらだらとシリア大使館、ブルガリア大使館の場所を調べたりしていたから。
時間が余ったので、ヨルダン大使館に行っただけ。
行ってもビザの受付時間は過ぎているかもしれないと思った。

だから、今日ヨルダンのビザをどうしても取るつもりはなく、ヨルダン大使館の場所を確認するくらいのキモチ。
それを理由にして、カイロの中州や西岸を歩いて散歩するつもりだった。
でも、うまくカンタンに、ヨルダンビザが取れてしまったので、気持ちが変わった。
カイロで、シリア大使館やブルガリア大使館へ行って、ビザ集めをしても意味がない。
とっととヨルダンへ行ってしまいましょう。
シリアビザはヨルダンで、ブルガリアビザはイスタンブールで取ればいいだけ。
しかし、ヨルダンへ行くのに、いつバスが出るのか、何時間かかるのか、さっぱりわからない。
明日、「シナイバスターミナル(SINAI BUS TERMINAL)」へ行って、バスの時刻を調べたり、切符を予約したりしましょうか。
でも今日は、ヨルダンビザを取っただけで十分。
町を歩いていると、「007 THE SPY WHO LOVED ME(私を愛したスパイ)」を見つけた。

映画を楽しんで、ホテルへ戻り、早目にベッドに入った。
明日はシナイターミナルへ行って、バスを調べる。
時間があったら、見残していた、カイロ近郊の遺跡でも見に行きます。
それも、明日の気分しだいです。
エジプト旅行記 /
ヨルダン旅行記 / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx