ナイロビへの出発直前になって、カイロの日本大使館でパスポートの増補をしてもらい、床屋へ行ってスッキリする。@カイロ/エジプト

1988年6月2日、カイロへのフライトは今日の深夜だから、今日はホテルは不要。
のはずだが、僕はこういうときは、部屋を確保しておく。
チェックアウトが正午だとすれば、それ以降、午後の時間を潰しようがないからね。
ホテルの清算を済ませる。
「アングロスイス」へチェックインしたのが5月30日で、6月2日までの宿泊費を払う。
4泊したのだが、1泊分はチェックインのときに払っているので、残りの3泊分を払って、領収書をもらう。
3泊で、42ポンドとノートに書いてある。
つまり、このホテルは、シングル一泊が、14ポンド(840円)だったわけだ。
さて、夜までどうやって時間を潰そうか。
いま気がついたのだけれども、昨日も時間の潰しようがなくて、言い訳のようにアレキサンドリアへ行こうとしたのだった。
だから、出発時間がお昼になってしまった。
常識から考えても、片道4時間かかるアレキサンドリアへ、昼から動こうと考えるなんて、無理があった。
つまり、僕はカイロで、やることがなくて、ボケーッとしていたわけだ。
身体が重いのは、結局、ケニアへ行くことを、肉体が拒絶しているからだろうけれども。
しかし、ケニアへ行くのは決まっているので、逃げるわけには行かない。
逃げたっていいのだけれども、ケニアから逃げても、どこかへ行かなければならないのだし。
カイロに沈没している旅行者は、別の所へ移動する気力がなくなってるんだろう。
ただ僕とすれば、カイロはそんなに魅力的な町でもないし、長居しようとは思わないけれどね。
まあ、ケニアへ行けば、それなりに変わったこともあるでしょう。
ひょっとしたら、アフリカの国々を、次々と旅をすることになるかもしれない。
そうなると、ビザがたくさん必要になるだろうね。
いい加減覚悟を決めて、パスポートのケニアビザを眺めていると、ちょっとパスポートのページが少ない気がする。
ビザも、この時代はほとんどがスタンプを押すだけだったが、それが見開きの2ページになることもあるしね。
日本大使館へ行って、「パスポートの増補」をしてもらおう!と頭にひらめく。
こういうときは、いろいろ考えずに、日本大使館へ突入すればいい。
日本大使館の窓口には、日本語ぺらぺらのエジプト人美女がいた。
僕がパスポートの増補をお願いすると、数日かかるとの話。
そこを「今夜ケニアに飛ぶので今日中に欲しいんですが…」と、説明する。
すると美女は、僕のことが好きになったのだろう。
「特別に、いまパスポートの増補をしますね」と、特別サービスをしてくれた。
これが、32ポンド(1920円)でした。
自分でもちょっと無理なお願いだと思っていたので、「これは神様が、僕がケニアへ行くのを助けてくれているね」と気分が盛り上がる。
朝から宿代の清算、パスポートの増補と、お金がかかった。
エジプトポンドが足りなくなったので、銀行へ行って、トラベラーズチェックを両替しようとしたが、取り扱う会社の問題があって、面倒。
結局、いつもの「ナイルヒルトン」の両替窓口で、20英ポンドを83エジプトポンドにしました(5千円程度)。
町を歩いていると、髪の毛が伸びているのに気がついた。
通りすがりの「コプト教徒」に話しかけて、床屋さんを聞く。
僕はこのころは、短髪だったが、なかなかピタッとはまる髪形がなくて、諦めていた。
しかし、この時のカイロの床屋さんは非常にカッコよく髪を切ってくれました。
とても気に入ったので、ケニアから戻ってきたときに、もう一度床屋に行ったら、この人がいなくて、凡庸な髪形になったけどね。
いろいろ歩いていると、27番のミニバスが空港へ行くのを発見。
エジプトのタクシーは、すでに美女とシェアしたことがある。
ローカルバスは、空港から市内まで、自称ガイドと一緒に乗った。
同じ交通機関を使うのでは、旅行者としてはダメダメ。
やはり、いままで経験したことがない交通機関を利用したいもの。
少し早目に、十分な余裕を持って、ホテルをチェックアウトし、ミニバスで空港へ向かいました。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt