ホテルをクレオパトラからカールトンホテルに変えて、床屋へ行き、アレキサンドリアへのバスの切符を買う@カイロ/エジプト

「世界冷や汗一人旅」
 
1988年8月6日、クレオパトラホテルで目覚める。
まず、今日やることは、ホテルを移動すること。
そのめぼしはつけてある。
多分昨日、ナイロビからカイロに着いて町をうろうろしてたついでに、ホテル探しもしていたのだと思う。
「カールトンホテル(CAR.LTON HOTEL)」に泊まると決めている。
これは、ホテルに直接足を運んで、部屋を見せてもらって決めたもの。
以前のカイロ滞在のときも、クレオパトラホテルから移動していた。
それが、バックパッカーに人気だった「アングロスイス」だったが、ここは確か冷房がなかった。
また、「オックスフォード」も人気だったが、僕はバックパッカーだらけというのも、イヤなんだよ。
バックパッカーというのも、興味深い人も多いのだが、旅をしているだけで舞い上がって「旅行自慢」しか話せない、頭の弱い人たちも多い。
そういう人たちと付き合うのは、願い下げだからね。
その点、僕が今日移ると決めている「カールトンホテル」は、日本人旅行者はいない。
冷房も効いていることは昨日確かめてある。
窓が小さいので、景色はよくないが、ビルだらけのカイロでは、景色のことなんか考えない。
カイロの暑い昼を、静かに部屋で本を読んで過ごすにはいいね。
料金は、20ポンド(1200円)くらいだったはずだ。
旅行日記に「カールトン4泊85.25ポンド」とあるからね。
カイロのど真ん中で、20ポンド(1200円)ちょっと。
カイロの町の中心部で、静かで、エアコンが効いていれば、文句はない。
とっとと「クレオパトラホテル」をチェックアウトしようとした。
クレオパトラホテルの朝食のビュッフェ(これは宿泊料に含まれてます)で、かわいいウェイトレスの女の子が、英語で僕に声をかけてきた。)
そこで僕は別に欲しくはなかったのだが、「コーヒーもらえますか(CAN I HAVE A CUP OF COFFEE?)」と言った。
するとウェイトレスは、愛想よく返事をして、コーヒーカップを持ってきた。
コーヒーカップだけで、中にコーヒーが入ってなかったけどね。
確かに「A CUP OF COFFEE」だからね。
これは、軽く笑いの取れる英語ネタなので、おいしかった。
とっととチェックアウトして、カールトンホテルに行こうと、クレオパトラホテルのフロントに行く。
ところが預けておいたパスポートがまだ戻ってないと、いうので待たされた。
この時代のエジプトでは、外国人がホテルに泊まると、登録しなければならなかった。
それに手間取っていたのか、フロントに意地悪されたのか。
僕は意地悪されたような気がするけどね。
他のホテルでは、こんなトラブルはなかったし。

そこを追求したところで、意味のない話です。
クレオパトラホテルで僕のパスポートを戻してもらうのに、1時間半かかった。
パスポートをやっと返却してもらって、すぐに歩いて、カールトンホテルへ。
すぐにチェックインして、部屋に落ち着く。
千円ちょっとの宿泊費で、カイロのど真ん中の居心地いいホテルに収まったら快感だよね。
軽く部屋で休んで、床屋へ行く。
ケニアに行く前に短髪にしてもらった床屋に行った。
ところが僕をやってくれた理髪師がいなくて、平凡なただの短髪になったけどね・
床屋の料金は3ポンド(180円)だったので、文句は言えないが。
とにかく、長期海外旅行をするときは、「短髪が基本」なんだよね。
それから、明日のアレキサンドリア行きバスの予約をした。
片道料金が7ポンド(420円)。
あと、手持ちのお金を計算した。
米ドル、英ポンド、日本円、フランスフラン、イタリアリラ、ケニアシリングの現金がある、
日本円、米ドル、英ポンドのトラベラーズチェックがある。
中近東からヨーロッパへ入って、ヨーロッパへ旅をして、ロンドンにたどり着くくらいの金があるのを確認した。
これでいい。
明日はとにかくアレクサンドリアへ行きましょう。
エジプト旅行記 / ヨルダン旅行記 / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx