カイロからバスでアレクサンドリアへ往復。アレクサンドリアのビーチで服を着たまま水遊びをするエジプト人女性を見る。@アレクサンドリア/エジプト

「世界冷や汗一人旅」
 
1988年8月7日、カイロのカールトンホテルの部屋で、すっきりと目覚める。
長期旅行をしていると、泊まる宿の値段には神経質になるよね。
短期旅行だったら、出来るだけ豪華なホテルに泊まる(それがウリの1週間程度のツアーもあるからね)のもいいだろう。
ただ、数か月の長期旅行だと、いいホテルに泊まっても意味がない。
旅に慣れてくると、ただ寝るためだけのホテルに、大金を使うのは馬鹿馬鹿しいと考えるものだ。
本当の金持ちで、一流ホテルに泊まるのが習慣になっている人以外は、いわゆる一流ホテルに泊まるのはムダだ。
日本人はもともと豪華ホテルに泊まっても居心地が悪いだけ。
安くて、静かに寝られさえすればいいというのが、平均的な日本人の考え方ではないかな。
カイロでは、昼間の暑さが気になるので、エアコンつきのトイレとシャワーのある部屋で、千円程度ならちょうどいい。
こういう静かな部屋に、一日中閉じこもっているのもいいね。
しかし、今日は、エジプトの地中海岸の都市「アレクサンドリア(ALEXADORIA)」へ行く。
そのためのバスのキップも昨日買っている。
ところが、エジプトポンドの現金がちょっと不足しているようだ。
思いつく両替所は、「ナイルヒルトンホテル(NILE HILTON HOTEL)」しかないので、ホテルまで歩いて、午前6時に窓口を叩いて、スタッフを起こした。
両替は50英ポンド(1万2千円程度)。
これだけあれば、アレクサンドリアでなにかトラブルがあっても、切り抜けられるでしょう。
バスの出発場所へ行くと、結構豪華なエアコンバスでした。
午前8時に出発し、到着は午前11時になりました(所要時間は3時間)。
アレクサンドリアの町を歩き出す前に、帰りの交通手段を確保する。
これは旅行の鉄則ね。
交通手段としては、僕が乗ってきた豪華バス、鉄道、乗り合いタクシーのプジョーがある。
豪華バスは来る時に乗ったので避けたいが、もう少し庶民的なバスもあるみたい。
鉄道だが、エジプトの鉄道は、わけがわからない印象があるし、時間もかかるので止める。
プジョーも、知らない人と乗り合いタクシーというのは、安全面から、乗らない。
公共交通機関が、安全だ。
というので、アレクサンドリアからカイロ行きの、安いバスにすると、4.5ポンド(270円)。
乗ってきた豪華バスは7ポンド(420円)。
ここで安いバスに乗って、往復に変化をつけるところが、芸が細かいね。
さて、帰りは午後3時半のバスを予約する。
帰りの手段を調べて、お昼ごろに予約を終わったので、アレクサンドリアの観光時間は実質3時間程度。
でも僕は正直、アレクサンドリアで、エジプトから地中海を見ればそれで十分。
あとは町を歩き回れば、海外旅行の目的は達せられた。
ある町へ来たら、ひたすら歩き回ればいい。
別に博物館や名所へ行く必要もない。
アレクサンドリアは、アレクサンドリア図書館、アレクサンドリアの大灯台が有名だったが、どちらも現存しない。
またクレオパトラの宮殿もあったらしいが、それらは地震などで海中に没したらしい。
つまり、いまのアレクサンドリアを歩いても、昔を偲ぶものはない。
僕はひたすら、海岸通りを歩いていく
アレクサンドリアの港には、世界の7不思議の一つ、「アレクサンドリアの大灯台」があったはずだ。
港の入り口付近にあったはずだから、そこをじっと見つめるが、もちろん何もなかった。
多分アレクサンドリアの西湾から東湾へ歩いて、さらに海岸へ出たのだと思う。
行ったのが、8月7日で、暑い日だった。
海岸を見たら、エジプト人が大勢、海岸で水浴びしていた。
女性は服を着たままだった。

天気がよくて、気温が高く、たくさんの人が水浴びしている光景。
これはとても印象的だった。

つまり、これだけで十分。
とっととバスターミナルへ戻り、3時30分のバスに乗り、カイロへ戻りました。
ケニアへ行く前、最初にエジプトにいたときも、アレクサンドリアへ行こうと、バタバタした。
でも、出発が昼ごろだったので、結局行けなかった
やはり海外個人旅行では、早朝から動かないと、なにもできないってことね。
これでアレクサンドリアを見ることが出来た。
次は、ヨルダンへ行くことを考えましょう。
それには、とにかくヨルダンのビザをゲットすることだ。
エジプト旅行記 /
ヨルダン旅行記 / イスラエル旅行記 / シリア旅行記 / トルコ旅行記
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  ケニア1988  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx