アテネからカイロのフライトは、日本人だらけ。43℃の中を歩いて、「クレオパトラホテル」に20ドルで泊まる。@カイロ/エジプト

空港バス@アテネ/ギリシア(1996)
1988年5月19日、今日はカイロへ飛ぶ日だ。
出発は昼ごろで、時間はあるから、ホテル代はチェックアウトのときに払う。
旅の原則として、早朝出発の場合は、前日にホテル代の清算は済ませておくこと。
出発間際に料金トラブルが起きたら、出発できなくなる恐れがあるからね。
でも、この日は、たっぷり時間があるので、チェックアウトのときに支払いをした。
「ホテルイデアル」は、1泊1700ドラクマ(1ドラクマ=0.9円だと、1530円)。
5月15日から18日まで4泊したが、最初の1泊分の料金は、チェックイン時に支払っていた。
残りの3泊分、5100ドラクマを払う。
町へ出て、薬局へ行き、髭剃りの刃と、歯ブラシを買う。
アテネの町にいても時間の潰しようがないので、早目に空港へ行く(世界旅行主義:空港へ行くのは早ければ早いほどいい)。
空港(EAST AIRPORT)までバスで、80ドラクマ。
空港へ着いて、余ったドラクマを、全部ドルにしたら、78ドルになった。
空港バスの中で、日本人女性と出会う。
話を聞くと、彼女も同じフライトでカイロへ行くとのこと。
旅仲間が出来たと喜んだが、彼女はカイロ経由で日本へ帰る。
しかし乗り継ぎでカイロで一泊する。
カイロから東京へのフライトは、明日になるとか。
それならば、今日の午後が空いているわけだから、一緒にギザのピラミッドへ行けるかもしれない。
今夜は、僕と2人で部屋をシェアすればいい。
この時、僕はぎりぎり30歳代だったし、東京では10年くらい、ずっと国立競技場のスポーツセンター会員で、身体は鍛えてある。
自分の年齢を言い訳にして、無理をしないのをモットーにしているが、本気になれば、まだまだ大丈夫。
想像以上楽しいことがあるかもしれないし(うふふっ)。
怪しい想像をめぐらせていたが、カイロに到着したら、トランジットの客はまとめて、トランジットホテルに強制連行された。
あっけなくカイロ空港で別れることになった(涙)。
それをなんとも思わない。
旅ではいろんなことが起きるが、(または、起きないが)、すべて運命だと諦めるのがいい。
さて、エジプト入国するためには、いまも昔も、ビザが必要だ。
しかし、1988年でも、エジプトビザは入国時にカンタンに取れた。
僕は、ロンドンでエジプトビザを取っていている。
それは、ロンドンでエジプトビザを取るのが、話のネタになるからだね。
エジプトビザが空港で取れるという情報は入手していたが、ビザを取るのに、時間がかかるかもしれない。
空港で時間を取ったら、カイロの町へ出るのが遅くなる可能性がある。
入国に手間取って、日がくれてからカイロの町へ入ったら、これはマズイ。
すべてをスムーズに進めて、宿を確保するのが今日のポイントだ。
明日になれば、朝から活動して、てきぱきといろんな課題を処理できる。
新しい国に入るときは、最初の日のナットクの行く宿を見つけさえすればいい。
カイロ空港では、トラブルが予想されていて、それに対処しなければならなかった。
「カイロ空港の偽ガイド」というのは有名だった。
カンタンに入国審査を通過したら、なにやら証明書らしきものを胸に着けたエジプト人がたくさんいる。
彼らは、政府公認のガイド(?)だといって、案内するという。
僕は適当にあしらうが、自称ガイドは英語を話すので、カイロへのバス乗り場などを聞く。
ローカルバスに乗って、カイロへ向かうと、ガイドも着いてくる。
ただ、それほどウザッタイわけではない。
彼もバスに乗って、自宅へ帰ろうとしてる雰囲気。
「ホテルを紹介する」と言ってくるが、それほどしつこくないので、軽くかわせる。
タハリール広場で、バスを降りたところで振り切った。
話しながら来たので、空港からタハリール広場まで案内してもらったようなものだ。
僕はガイドブックは持ってないが、ロンドンで立ち読みしていたので、(エジプト帰りの人とも話をしていたので)この時代の人気宿「ホテルチューリップ」に行ってみる。
行ってみたら、満杯だった(汗)。
タハリール広場に戻り、どうしようか考える。
ちょっと焦った。
なにしろこの日は、カイロの気温は43℃だったんだから。
なぜわかるかというと、エジプト航空機のアナウンスで、着陸前に、カイロの温度を言ったから。
こんなとき、旅行資金に余裕があると、確かに楽だ。
僕は、「43℃もあるカイロの市中を、バックパックを背負って、宿を捜して歩き回るのは身体に悪い」と判断する。
少なくとも今日一日だけは、クーラーの効いた部屋に泊まって、身体を休めた方がいい。
タハリール広場に面した、まともなホテルといえば、有名な「ナイルヒルトンホテル」がある。
しかしここは高いに決まっているので、目についた「クレオパトラホテル」に飛び込んだ。
タハリール広場の角にあって、10階建てくらいの、ちゃんとしたシティホテルだ。
4星ホテルになっているが、かすかに古びた感じがする。
僕のカンで、イケそうだという感じがした。
町の中心にあって、時代遅れになりかかったホテルは、料金が安い。
フロントで料金を聞くと、「46エジプトポンド」だという。
空港で両替していたが、この時期、「1エジプトポンドは約60円」の計算。
46エジプトポンドは、2760円。
この時期のドルが、130円程度だったので、20ドルをちょっと超えたレベル。
部屋を見せてもらうと、東京の普通のシティホテルのツインルームだ。
普通に広いし、シャワーだけでなくて、バスタブも付いている。
トイレ普通の洋式トイレで、アラブ式ではない。
部屋からの眺めもいい。
これはラッキー♪と感じたね。
しかもこの料金には、朝食のビュッフェ(バイキング)も含まれている。
このホテルに泊まれば、大成功だ。
エジプト旅行は、幸先がいい。
そう思ったのは、実は、アテネからカイロのフライトに、日本のツアーが一緒だった。
このころは、何度も書くが、日本はバブルの真っ只中で、日本国内で金を使い余らせた日本人が、海外へ殺到していた。
だから、ツアーの人数も、数十人単位で、もちろんツアコンも付いていた。
日本人ツアーのために、機内アナウンスも日本語があったくらいだ。
これは、エジプト航空のスタッフではなくて、日本人ツアーの担当者が日本語で話をしたんだろうけどね。
カイロ空港で入国審査を受ける列では、ツアーの日本人がたくさんいて、僕もツアーの列に並んで話をしていた。
そのツアーの添乗員の女性が、なかなかかわいかったんだよ。
アテネ空港では個人旅行者の日本女性と話が盛り上がった。
カイロ空港では、日本人ツアーの美人添乗員さんと、話をした。
空港からは、偽ガイドと話をしながらタハリール広場までやってきた。
日本人の集まる「ホテルチューリップ」へ行ったが満室だった。
しかしそのおかげで、20ドル程度で、クーラーがガンガン効いている「クレオパトラホテル」に泊まれた。
これは幸先いいね。
エジプト旅行は、僕に合っているかもしれない。
明日は何よりも、ギザのピラミッドを見に行きましょう。
もちろん、ローカルバスに乗ってね。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt
xxx