ファルーカ(felucca)を1時間で借り切ったら、全く動かなかった話@アスワン/エジプト

カイロからアスワンまで一気に飛ぶ。
飛行機に日本人の団体が乗っていたので、親しくなって、そのツアーバスに乗せてもらおうと計画していた。
が、アスワンの空港では彼らは一気にいなくなってしまう。
そこで町までタクシーに乗る。
タクシーは「ついでにアスワンハイダムを見ないか」と誘う。
しかし、新しい町へ到着したら、とにかく宿を決めるのがポイント。
誘いを断って、アスワンの町で「アブシンベルホテル」にチェックインする。
これは、ナイル川に面した、かなり高級に見えるホテル。
僕の泊まった部屋(確か5階だったかな)からは、ナイル川と川の中にあるエレファンティネ島が見下ろせる。
もちろんバストイレテレビ付き、クーラーもあり、バルコニーもあり、それでたったの10.35エジプトポンド(600円)だった。
この時期(1988年)、1エジプトポンドが60円だったからね。
カイロのど真ん中の4つ星ホテル、クレオパトラホテルも20ドルで泊まれた。
エジプトが特にホテルが安いという話は聞かないから、この時期だけのことだったのかな?
他の人からは、エジプトのホテルが割安だったなんて、あまり聞かないけどね。

そこが「普通の旅行者と、旅行神に愛されている世界旅行者の大きな違い」なんだろうね。
ツアー旅行者はもともとホテルの値段なんか知らない。
安宿旅行者は安い宿に泊まるだけしか考えない。
だから、いくらでちゃんとしたホテルに泊まれるか、知識がないんだよ。

これではダメだね(笑)。
世界旅行者は自分でホテルに当たって、自分で泊まるホテルを決めるんだ。

ツアー旅行者も安宿旅行者も宿の決定は他人任せで、自分の頭で考えないってことだけは一緒なんだよ。
それでは、いくら旅行してもダメだ(涙)。

ギザのピラミッドで歩きすぎて、筋肉が切れそうなほどガタガタになったので、歩くだけでカクンカクンする。
僕の人生の中で、あれほど筋肉が苦痛の叫び声をあげたことはなかったね。
ゆっくりと歩いていると、ホテルの前のナイル川沿いの道で、日本人の若者と出会う。
彼は、アスワンでは有名な安宿「コンチネンタル」に泊まっているそうだ。

そこが冷房もなしで熱風が入ってくるので窓を閉め切って、眠れないドミトリーで2ドル(250円)もする。
だったら、600円払ってバルコニー付きのホテルがいいんじゃないかな。

彼を誘って、ホテルの前庭でビールを飲んでいると、そこに頭ツルツルの、いやにニコニコしたおじいさんが話しかけてきた。
この人はなんでも「日本歩け歩け連盟副会長」ということだ。

まあ、僕は旅先では(日本でも)他人の話はほとんど信じないが、面白い人ならば嘘でも本当でもかまわない。
適当に話をあわせて盛り上がる。
ただ、彼がルクソールで泊まったホテルが、「ウィンドソールホテル」だと言う。
それはおかしいと気が付いて、「ウィンザー(WINDSOR)」だとわかったが、それは指摘しなかった。
お年寄りが、ウィンドソールと信じているものを、わざわざ指摘しても、何の役にも立たない。
「ウィンドソールホテルですね。」と言う自分が、大人になったなーと、思う。
と言いながら、僕はこのネタは、何度も使っている。
逆に人が悪いかしら。
でもとにかく、海外の観光地で次々に新しい人と出会ってわけのわからない話をするのは楽しいね♪
夕方になって、すこし日差しが弱くなった時期に、またナイル川の河畔を歩く。
またもう一人の日本人の若者と会って、4人のグループになる。
アスワンには、ヌビア人が多い。
ヌビア人とはエジプトの南部からスーダンにかけて住む黒人だ。
彼らにイスラム風に「サラマレコン!」と呼びかけると、一斉に「アレコンサラーム!」と返事が返るのが面白い。

ぼんやりとナイル川を見ていると、船に乗らないかと誘われる。
船とはナイル川特有のヨットで、ファルーカ(felucca)という。

夕方の時間だが、まだ夕食にも間があるので、日本人4人一緒にファルーカへ乗ることにする。
ヌビア人の少年は、目の前のエレファンティネ島を一周して戻ってくるという。

エレファンティネ島なんて、アスワンの町の目の前だ。
島にあるホテルへボートも通っている。

だから、島を一周するだけでは時間が短すぎるような気がして、時間で契約した方がいいと考えた。
そこで僕は、1時間ファルーカを借り切って12ポンド(720円)。
4人だから、1人当たり3ポンド(180円)。
それでファルーカをナイル川へ乗り出したら、風が全くなくなってしまって、船が動かない。
というか、意地悪をして、わざと動かさなかったような気がするんだけどね。
でも確かに、風はなくて、帆がふくらまなかったことは確かだ。
船にあった櫂で自分たちで漕いでみたが、ほとんど動かず。
「まあいいじゃないか、ナイル川でファルーカに乗ったのは間違いないんだからさ」と、慰めあって、一時間で降りた。
ファルーカを借り切るならば、エレファンティネ島一周で契約した方がよかったかもね。
【旅行哲学】ファルーカを借り切るならば、エレファンティネ島一周で契約した方がいい。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt