「金を使う旅」も、「バックパッカー旅」も、変化(感動)がないとしたら、つまらないという話。朝出会ったばかりの美人人妻さんと同じホテルに泊まる。@アスワン〜ルクソール/エジプト

「西アフリカ旅行記」も入ってる「大人の海外個人旅行」
1988年5月24日、今日は、アスワンからルクソールへ移動する日だ。
21日にカイロからアスワンへ飛んできて、ずっと「アブシンベルホテル」に泊まっている。
1泊10.35ポンド(600円)で、バス(シャワー)トイレ付き、ナイル川とエレファンティネ島を見る絶景のベランダがある。
40度を超す気温の中で、クーラーがガンガン効くのが、よかった。
エジプトは遺跡だらけで、名所もたくさんあるので、余裕のある旅ならば、プールのある高級ホテルに泊まって、豪華な食事をするのもいいだろうね。
ただそういう旅は、一人旅では似合わず、きれいな女の子がいないと成立しない。
中年男1人で一流ホテルに泊まるのでは、「金の使い方を知らない、旅慣れてない、女にモテない、コミュニケーション力がないおじさん」という評価をされる。
これではいくら旅をしても馬鹿にされるだけ。
一流ホテルに泊まっても、廊下ですれ違うスタッフが後ろでくすくす笑っているのが聞こえる。
冗談好きのスタッフだと、机の上にエロ本を置いてくれたりする。
常に飛行機を使い、タクシーに乗って、一流ホテルに泊まり、現地ツアーに参加したり、車を手配したりして、観光地をめぐる人もいる。
ただそれでは、どこへ旅しても同じで、金の使い方を知らないだけ。
逆に、どんな年齢でも、バックパッカー宿に泊まることはできる。
バックパッカーの旅は、パターン化されているので、ある意味想像力は必要ない。
安く旅をすることが目的となるので、泊まる宿も、移動手段もほぼ決まっていて、自分で考えることがない。
そういう安宿情報を集めて、旅行通を気取る人たちもいる。
バックパッカーのベテランというのは、同じことの繰り返しで、いくら旅をしても、学ぶことがない。
知的レベルは低いままで、旅で刺激を受けようとする気持ちも気力もない。
変化を嫌うので、本質的には、グループツアーに参加するのと、たいした違いはない。
ところが僕の旅のように、自分で考え、自分で判断する場合、一日一日が全く新しく、何が起こるかわからない。
これが本当の旅なんだよね。
例えば、5月21日22日と、アスワンでもアブシンベルでも、全く日本人旅行者に出会わなかった。
しかし、23日には、エレファンティネ島から戻ってきて、日本人学生2人と71歳の男性と話をした。
そして、今日5月24日、学生と一緒に、バスでアスワンからルクソールに移動することにする。
この日はそれほど忙しいわけではない。
アスワンからルクソールまでのバスは、4時間から5時間かかったと思うが記録してない。
バスの料金は、2.5ポンド(150円)。
この時も、別に予約などはせず、バスの出発前に出発場所に行けばいいだけだ。
それほど急ぐ旅ではないので、アブシンベルホテルの前庭のテーブルで、ゆっくりしている。
ホテルの清算を済ませて、一緒に行く学生さんを待っている。
すると、同じくチェックアウトしている日本女性を見つけた。
当然、気楽に話しかけると、ルクソールへ行くとのこと。
持ち物のリュックを見ると、かなり金がかかっている。
詳しくは聞かなかったが、僕の豊富な人生経験から判断すると、金持ちの人妻さん。
御主人が仕事に忙しく、奥さんは金と暇があるので、海外旅行をしているという印象。
このバブルの時代には、御主人を日本に残して、奥さんや奥さんと娘さんが海外旅行しているというのは、よくあったものなんだ。
子供はいない。
ま、これは僕が質問したことではなく、雰囲気で、勝手に判断したわけだが。
女性に子供がいるかどうかを聞くのは、重大なマナー違反です。
今日のバスで、ルクソールに一緒に行くと、すぐに話を決める。
昨日約束した男子学生もやってきたので、3人でバス乗り場へ。
バスは、エアコン無しで、それほど混雑してもいなかったので、3人でいろいろ話しながらルクソールに到着。
ルクソールのナイル東岸は、ごちゃごちゃしていて、ホテルもたくさんある。
バス内の人妻さんとも相談して、一緒に、昨日聞いた「ウインザーホテル」へ一応行ってみる。
中級ホテルで、バス(シャワー)トイレ付き、エアコン付き、可もなく不可もない。
料金は一室21ポンド、1ポンドが60円だと考えれば、1260円。
アスワンで泊まっていた「アブシンベルホテル」が、絶景のベランダがあって、10ポンドだったので、ちょっと高いとは思う。
ただ、ルクソールは、大観光地でホテル代も高いのは仕方ない。
それと、ルクソールの町自体は、雑然としていて、歩いて楽しいような雰囲気ではない。
もちろん今日も、40℃を越す暑さで、別のホテルを見て歩くのは疲れる。
僕と人妻さんは、ウインザーホテルに決定した。
ただバックパッカーの学生さんには、このホテルはちょっと高いかもしれないので、彼の判断に任せる。
僕は基本的にシングルルームに泊まるので、部屋をシェアすることはない。
学生さんは、アスワンでは「コンチネンタル」に泊まっていたので、ルクソールのバックパッカー宿も調べていたと思う。
ただ、彼が別のホテルに泊まると、3人でのルクソール観光がちょっと面倒になるだろう。
一緒に自転車でルクソール西岸の観光をするときに、待ち合わせをしたりするのが面倒。
同じホテルに泊まっていれば、食事をするのも、観光に出るのも、ドアをノックすればカンタンだ。
彼が別のホテルに泊まれば、自動的に、僕と人妻さんのグループからは、外れてしまう。
彼が1人でバックパッカー宿に泊まれば、そこではそこの、また別の人間関係が出来るだろうしね。
明日は、自転車で、ナイル西岸を回ると約束してある。
自転車で観光するなら、そりゃ人数が多い方が楽しい。
僕はこういうとき、相手にどうこうしろと提案することはしない。
結局、彼もウインザーホテルに一室を取ることになりました。
日本人旅行者は、本当に金がないってことはないわけでね。
僕のノートには書いてないが、このあと3人で、ゆっくり歩いて、川沿いの「ルクソール神殿」を見に行った。
明日は、3人で、西岸の遺跡を見て回る予定。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt