「エレファンティネ島」に行くと、ガイドに付きまとわれた。日本人旅行者と知り合って、一緒に明日ルクソールへ行くことを決め、ルクソールの宿も決める。@アスワン/エジプト

「西アフリカ旅行記」も入ってる「大人の海外個人旅行」
1988年5月19日にエジプトに入って、「ギザの3大ピラミッド」を見て、昨日は「アブシンベル神殿」へ行った。
しかし、エジプト観光では、王家の谷やカルナック神殿のある「ルクソール」が重要だ。
ルクソールへは、アスワンからバスで移動すればいいが、どこからバスが出るのか、今日調べましょう。
そして明日朝のバスに乗ればいい。
所要時間は、5時間程度だと聞いているが、それが本当かどうかは、バスが着いたときにわかる。
バスの出発する時刻と、出発する場所さえ確認すれば、バスが何時間かかるかなんて、心配するだけムダ。
それがバスというものなんだよね(笑)。
明日移動するとして、今日はまだやることがある。
まず、「エレファンティネ島」へ行きたい。
なにしろ、アブシンベルホテルの僕の部屋のベランダの、目の前にあるんだから。
この島へは、「ファルーカ(falucca)」という、ナイル川を行く小さな帆船が出ている。
それに乗りたかったんだね。
エレファンティネ島には、(いまは名前が変わったようだが)かなり高級な「オベロイホテル」がある。
ロンドンの一流語学学校「インターナショナルハウス」に通っていたとき知り合った女性と、エジプト旅行をしようかという話が出たことがあった。
しかし僕は、フランスからスペインへ旅をしたので、エジプトへは行かなかった。
彼女はお金持ちだったので、エジプト旅行をして、アスワンでは「オベロイホテル」に泊まると話をしていた。
僕は、確かパリから、オベロイホテル気付で、彼女に絵はがきを送った。
彼女の手に渡ったかどうか、それは知らないけれどね。
エレファンティネ島に、ファルーカで渡る。
南のほうの船着場からファルーカに乗って、エレファンティネ島へ。
島ではまず、ナイル川の氾濫の時期を予測するための水位計「ナイロメーター(NILOMETER)」へ行った。
川岸の階段を降りて行ったことを覚えている。
次は遺跡を見に行ったのだろうが、ほとんど記憶にない。
というのが、エジプト人の「ガイド」に話しかけられて、しつこく付きまとわれたからだ。
ガイドとは言っても、ただ僕の横を歩いて、適当なことを言うだけ。
断っても、無視しても、離れない。
気分が悪いので、とっととアスワンへ戻ろうとしたが、チップを請求された。
僕はとにかくガイドから離れたかったので、ついつい払ってしまいました(涙)。
エジプトには、どこかの遺跡に行くと、この手のガイドがいるもので、気分が非常に悪い。
この後で行く、サッカラのピラミッドにもいたよ。
エジプトでは、遺跡にはガイドが必ずいるので、遺跡を一人で見ることが出来ない。
個人旅行のときには、面倒なんだよ。
でもまあ、エレファンティネ島へファルーカで往復して、ナイロメーターを見たなら、今日のミッションは達成できたかな。
川沿いの道を、ゆっくりと歩く。
なぜゆっくりと歩くのか。
実は、脚の筋肉が痛くて、一歩踏み出すにも、時間がかかるんだ。
脚がカクンカクンする。
立ち止まって休み、また少し歩く。
ギザのピラミッドの中を歩いたときに、筋肉を使いすぎたせいだとわかっている。
クフ王のピラミッドへ入ったとき、大回廊に出る前に、中腰にしゃがんだまま歩いたりした。
それが5月20日。
今日が23日だから、3日後に筋肉痛が出たわけだ。
年齢が高くなると、筋肉の痛みは、遅れて出てくるものなのね。
大学時代に、重量挙げをはじめてやった時は、翌朝には筋肉が痛くなったものだが。
足をカクンカクンさせながら、川沿いの道を、ホテルへ歩いている。
するとやせた日本人旅行者と出会う。
声をかけて、アブシンベルホテルの前庭の、テーブルに誘う。
昼時だったので、食事に誘ったのかな(もちろんワリカンで)。
彼は、東京外大のベトナム語専攻。
泊まっているのは、「ホテルコンチネンタル(Hotel Continental)」。
このホテルは、バックパッカーには有名な安宿らしい。
「ドミ(共同部屋)で2ドル」だとか言っていたが、エアコンがないそうだ。
僕が泊まっているのは、川沿いの大型ホテル「アブシンベルホテル」で、ツインのシングルユースで10ポンド(600円)。
トイレ、シャワー、ベランダ付き、しかもエアコン付きだ。
だったら、こちらのホテルに移動した方がいいのでは?
と誘ったが、彼は、明日、ルクソールへ行くという。
すでに泊まっているので、移動するのは面倒だとか。
安宿には安宿の良さがあるので、それはそれとして、僕も明日ルクソールへ行くつもり。
だったら、一緒にルクソールへ行けば、楽しいだろう(それに、安全だ)。
即決で、明日のバスで、アスワンからルクソールへ、一緒に行くことを決める。
ビールを飲みながら、川沿いの道を歩いている人を見つけて、声をかける。
日本人らしい人が歩いていたら、「おーい日本人!」と、声をかける。
日本人の若者を捕まえて、テーブルに呼ぶ。
旅先での出会いは、話すことがあるから、楽しいね。
3人でワイワイやっていると、日本人のおじいさんが、声をかけてきた。
この人は、恰幅がよく、ニコニコして、声も大きくて、71歳の、「日本歩け歩け協会副会長」だそうだ。
僕は、指圧の「浪越徳次郎」を思い出したよ。
その印象通り、しゃべるだけしゃべり倒して、去っていった。
しかし、彼は、ルクソールから来た。
ルクソールでは、「ウィンドソールホテル」に泊まっていたとか。
このホテルがいいところなのかどうか、わからない。
でも、僕に話しかけたおじいさんが、わざわざ「ウィンザーホテル」の名前を出したことには意味があるはずだ。
僕は、「神が僕を、ルクソールのウィンザーホテルに導いている」と考える。
ちなみに、ウィンドソールとは「WINDSOR」のことだと、最初からピンと来た。
でも、読み方を訂正したりしませんでした。
僕は、その場では、相手に合わせて、「ウインドソールホテル」と言ってました。
アブシンベルホテルの前庭で話した結果、明日のルクソール行きバスの情報が集まった。
一緒にルクソールへ行く、東京外大の学生も見つかった。
さらには、ルクソールでの宿も、「ウインドソールホテル(ウィンザーホテル)」に決定した。
これが、旅の情報収集というものなんだね。
しかし、ワイワイ盛り上がっても、まだ日は高い。
この調子でビールを飲み続けていたら、身体に悪い。
また、ナイル川沿いに出て、ナイルを見ながら話をする。
すると、ファルーカに乗っているヌビア人の少年から声がかかる。
この話は、「ファルーカに乗るなら、エレファンティネ島一周で話をつけた方がいい」で、読んでください。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt