アスワンから熱風の中を、片道4時間かけて、アブシンベル神殿へ往復。(世界旅行主義の三位一体理論)@アスワン〜アブシンベル神殿/エジプト

アブシンベル神殿
1988年5月19日に、アテネからカイロへ飛んで、「クレオパトラホテル」(20ドル)に泊まった。
翌日20日には、ギザのピラミッドをローカルバスで見に行った(バス代片道6円、入場料90円)。
その日20日にアスワンへの航空券を買って、21日に飛んで、アスワン着。
アスワンでは、「アブシンベルホテル」(600円)に泊まって、翌日のアブシンベル神殿へのバスの情報を得る。
そして、22日にはアブシンベル神殿へのバスに乗る。
なかなかのものでしょ。
日本からネットで海外旅行の予約を入れて旅行通を気取っているレベルの人たちとは、旅のスタイルが、全く違う。
だいたい、5月19日のアテネからカイロのフライトの予約は、アテネで5月17日に入れたんだからね。
ホントは、5月17日に5月18日の予約を入れようとして、入らなかった。
旅では、どこかへ行く予定は、その前日に(当日朝でもいいが)考えればいい。
直前にならなければ、どこへ行ってなにを見るかなんて、決められない。
旅先ではいろんな人と出会うので、それによって、行動も変化する。
普通の日本人は、海外旅行の予定を、何か月も前から考える。
何か月も前に、ネットを調べまくって、ガイドブックを読んで、立派な計画らしきものを作る。
現地を全く知らないのに、旅行計画を立てるわけだ。
知識がない人が立てた計画なんて、役に立たないに決まっている。
計画通りに行かないのは当然だ。
これが日本で言う「旅行通」諸君の実態なんだね。
なんにも知らないのに、ネットで調べれば、なにかわかった、わかっていると思っている。
だからダメなんだよ。
これは海外旅行の話ね。
次は僕がお得意の英語について、ちょっと語ろう。
例えば英語の文章をたくさん覚えて、英会話の用意をする人たちがいる。
英語を話す状況が存在しないのに、準備だけしている。
そんなことをやっているから、一生、英語はしゃべれないわけだ。
英語で言うことは、その場で考えればいい。
自分が何を言うかを想定して、あらかじめ文章を覚えていても、自分の気持ちとは違うので、英語は話せない。
そのときの自分の気持ちは、その場になって始めて、出来上がるもの。
旅の計画も、英語で話す内容も、準備なんかせずに、その場のキモチの通りに動き、話せばいいだけ。
日本人は、準備をしすぎるから、人生が楽しくないわけだね。
実はこの話、僕が以前から言っている。
「世界旅行主義の三位一体理論」というものだ。
海外旅行、英語、そして恋愛。
この3要素は、本質的に一体であるという、すばらしい理論だ。
僕の旅行記はすべて、この「世界旅行主義の三位一体理論」にもとづいて書かれている。
だから、「海外で現地の人とお友達になりましたー♪」というおとぎ話が大好きな、頭の弱いレベルの人たちには、ウケないんだよなー。
海外旅行も、英語も、恋愛も、本を読んで計画しようとしても、できない。
その場の雰囲気で、その場の流れで、その場の判断で、コミュニケーションを取り、行動するしかないんだ。
1988年5月22日、僕はアスワンからアブシンベル神殿に行こうとしている。
前日にアスワンに着いて、飛び込みでホテルを決め、アブシンベルへのバスを調べた。
予約などは必要なく、出発時間前に来ればいいとの話。
何時に出発したか記憶にないが、極端に早く動き出した記憶はない。
多分、夜が明けて、明るくなったころだろう。
いまガイドブックを見ると、朝の3時や4時にアスワンを出発する話になっているが、僕のとき(1988年)は、もっとのんびりしたものだった。
バス乗り場に行くと、ほとんどは地元の人だ。
往復料金が16ポンド(千円程度)で、乗るときに支払う。
地元の人がこんなに高い金を払うはずがないので、これは外国人料金だと思う。
エジプト人の観光客もいたが、欧米人はいなかった。
いたなら、僕は必ず話しかけて、適当な話くらいはしただろうからね。
外国人観光客同士だと、「どこから来た?」が定番で、あとは「暑いね」さえ言えばそれでいい。
このころのエジプトには、日本人のツアー客が多かった。
昨日のカイロからアスワンへの飛行機には、日本のツアー団体が2組も乗っていたほどだ。
それも、それぞれ20人以上のグループだったよ。
ツアー客は当然、専用のツアーバスで移動するので、今日のローカルバスに乗ってないのはわかる。
でもこの時期、個人旅行の日本人大学生も、かなり旅していたはずだが。
日本人美人女子大生の個人旅行者と一緒になることを期待していたので、ちょっとがっかり。
こういうバスだと、地元の人から「ジャパニ(日本人)か?」と声をかけられるのは、ごく自然な流れ。
愛想よく「ジャパニ!」と、ニコニコ返事をする。
あとはただ、砂漠の中を走るだけだ。
バスはかなりくたびれていて、エアコンなんかは付いてない。
すぐに会話も途切れて、ボーッとバスの揺れに身を任せるだけ。
一度バスが止まって、警察か何かの検問があった。
パスポートを出して、「日本人か」、「日本人です」というやり取りだけで、軽く済む。
4時間ほど過ぎて、バスはアブシンベル神殿に到着。
確かにすばらしい遺跡だった。
観光客も数が少ないので、神殿の中に入って、1人うろうろ出来る。
僕が行った時は、特に宿泊施設も、レストランも、土産物屋も、なかったような気がする(あったのかもしれない)。
少なくとも、そういうところで休んだり、買い物をしたりしなかった。
とにかく、人が少なかったのが、よかったね。
他の人が目に入らないので、遺跡を1人で探検している気分になれる。
確か、2時間程度で見学が終わり、乗ってきたバスで、アスワンへ出発。
夕暮れごろにアスワンについたと思う。
バス乗り場から、町の商店街を冷やかして、アブシンベル神殿の絵葉書(上の写真にあります)を買う。
この僕の最初の世界一周旅行では、カメラを日本に送り返していたから、自分で撮った写真はないんだ。
2回目の世界一周旅行(1996年)では、雑誌に連載も持っていたし、記録を残すために、カメラを持っていったんだけどね。
でも、正直、旅を楽しむだけなら、自分で写真を取らずに、絵はがきを自分に出した方が、思い出になるし、スッキリするよ。
この日は、日本人には誰も合わず、とっとと寝た。
アスワンへ来て、ローカルバスで往復して、アブシンベル神殿を見た。
しかし、エジプト観光の中心地といえば、ルクソールだ。
ルクソールには絶対行かなければならないが、行き方は、明日考えよう。
アスワンでは、目の前のナイル川に浮かぶ、エレファンティネ島へ渡りたいものだ。
それも明日にしましょう。
明日になれば、何か起きるでしょう。
何か面白い出会いもあるでしょう。
旅では一日一日が新しく、予想できない。
だからこそ、旅なんだよ。
uk greece turkey egypt kenya europe
world index
エジプト旅行記  / greece-turkey-greece-egypt