アリサム氏と@イクバルホテル/ナイロビ/ケニア

【イクバルホテルのマネージャー「アリ・サム」氏と、世界旅行者みどりのくつした(1996)】
ブラックアフリカの玄関はナイロビ、ナイロビのバックパッカーが行くところは「イクバルホテル」と相場が決まっている。
でもまあ、ナイロビはどんどん危険になっていってるようだ。
僕が1988年にいたときは、町を歩いてもそんなに危険ではなかったし、よく一人や友人2、3と連れ立って、レストランや映画館へ行ったものだ。
僕はヒルトンホテルのプールとサウナが好きだったなー(笑)。
そのころのイクバルホテルには、一階に結構大きなレストランがあって、世界中のバックパッカーが、だらーんと過ごしていたものだ。
だから、ここにくれば、必ず誰か、冷やかしたり、からかったりできる、面白い旅行者がいた。
また、なにか変わった話があったものだよ。
でもまあ、僕はイクバルに1部屋とって、伝説の宿「リバーハウス」に入り浸っていたけどさ。
そのころ、日本人旅行者とイクバルホテルのマネージャーのアリサム氏とは、ちょっと仲が悪かったりしていたみたいだ。
僕も、ケニアの海岸地帯から戻ってチェックインするときに、部屋をなかなか出してくれなかったりと、いやな親父だと思ってたんだ。
でも、10年近くたって、再度イクバルにいってみたら、1階のレストランもなくなって、ちょっとさびしい感じになっていた。
フロントで、アリサム氏から声をかけてきたよ。
「アイ、リメンバー、ユウ!」ってね♪
昔の時代を一緒に過ごしていたので、急に仲良くなって、親切にしてくれました。
それは、二人が、昔のきれいな想い出を、共有できたから。
ちなみに、1996年は、一泊シングルで、420シリング、1シリングが2円で、840円でした。
【写真】イクバルホテルのマネージャー、アリサム氏と世界旅行者
【旅行哲学】二度と戻らぬ想い出だから、美しく収まる

【参照】
リバーハウスの写真 
ナイロビで愛を見つけた男の話