脱出手段を確保して、ホテルを安いところに移動し、カスバを歩く。@アルジェ/アルジェリア

カサブランカからアルジェに飛んで、「セントラルツーリングホテル(119DA)」に泊まる。
ちょっと町を歩いただけで、アルジェがボロボロの状態だとわかった。
翌日はとにかくアルジェからの脱出手段を考える。
砂漠のど真ん中の町「タマンラセット」へ行こうと考えたが、飛行機は一週間先まで満席だ。
あっさり諦めて、次は陸路で、アルジェリアからチュニジアの国境を越えようと考える。
国境近くの町エルウッドへ行こうとしたが、そのバスの切符も満席で取れない(汗)。
バスターミナルで知り合った、アルジェリア人のアドバイスに従って、トゥーグルトという町へ行くことにした。
トゥーグルトまで行けば、乗り合いタクシーでエルウッドへ行けるという。
出発は明日朝7時。
移動時間は9時間と言われたが、もちろん信じてはいない。
とにかく朝7時に出て、夕方ごろに着けば、宿は見つかるだろう。
トゥーグルトという町は、たいして大きくもないだろうから、地図がなくても問題はないはず。
明日の予定が決まったら、あとすることは、アルジェを歩くこと。
その前に、安いホテルを見つけて、移動したい。
いま泊まっているホテルは、港に面したベランダがある、ステキなホテルだ。
昨日、港の夜景を見下ろしながら、一人で泊まるにはもったいないと感じた。
見晴らしのいい、広い部屋に一人で泊まると、一人旅を実感して、心苦しくなる。
昔はこういう部屋に一緒に泊まるパートナーもいたことがあるが…。
女の子と一緒なら、いいホテルに泊まる意味がある。
でも、中年バックパッカーが1人で、泊まるには、場違いだ。
例えば、インドネシアのバリ島には、豪華なリゾートホテルがずらりと並んでいる。
僕が結婚していたころ、2人でツアーで行ったときは、そのころの最高級ホテル「バリビーチホテル」に泊まった。
ツアーの中には、1人参加の男性がいて、とても寂しそうだった。
そのころの僕は、なにをするにも、結婚していた女性と一緒だった。
正直、離婚したくなかった大きな理由は、「離婚したら、一緒に旅に出る人がいなくなる」と思ったから。
別居して、「最初のインド旅行」をしたことで、一人旅が好きになり、結局離婚してしまったわけだけどね。
だから、カップルの旅行、夫婦の旅行は、海外旅行としては、本物ではないんだよ。
2人旅をしていると、確実に旅の出会いが、なくなるからね。
バックパッカーが、安宿に泊まるのは、一人旅にふさわしいからなんだ。
世界一周の終わりがけに、バリ島へ行ったときは、バックパッカーの多いサヌールビーチの安宿に泊まった。
バックパッカー向けのホテルだと、男性1人でも、ちっとも寂しくない。
アルジェでももっと安い宿へ移ることを考える。
昨日ちょっと目をつけていた、「ホテルユニバース(AD72/1800円」へ移動する。
これも高いとは思うが、この計算は、「公定レート」でやっている。
どこでも両替を持ちかけられる「実勢レート」だと、かなり安いわけだが。
アルジェは、もう一泊するだけなので、宿探しに時間を使っては意味がない。
宿を移って、すぐに歩き出した。
行き先は、もちろん、「アルジェのカスバ」だ。
知らなかったが、「アルジェのカスバ」は世界遺産に登録されているとか。
手っ取り早く言うと、アルジェの旧市街だ。
特徴は、急斜面にごちゃごちゃと建物が建っていること。
坂が急なので、上るのも下るのも疲れます。
カスバは、フランス映画「望郷(PEPE LE MOCO)」で日本に知られるようになった。
その後日本では、歌謡曲「カスバの女」がスタンダードになって、いろんな歌手に歌われてきた。
最近の若い人は、ほとんど知らないだろうね。
僕は一応歌謡曲世代だから、歌も知っているし、アルジェと行ったらカスバという定番として、意識していた。
僕はふらふらとカスパに迷い込んでいった。
町の斜面に作られていった通路の細いところなので、ちょっと歩いたら、疲れてやめてしまいました。
アルジェでカスバを歩いたら、僕のアルジェ観光は終わり。
翌日はサハラ砂漠を走るバスに乗って、トゥーグルトへと向かいます。
morocco algeria tunisia africa index
xxx