『アルヘシラスからタンジェ(タンジール)へフェリーで渡り、すぐにカサブランカ行きの列車に乗る(1988/03/06)』

【アルヘシラスからタンジェのフェリー(2008)/photo by pinoko
バルセロナでのスペイン語学校では安ワインしか覚えず、公立スペイン語学校のくじ引きの入試にもはずれた。
語学学校で一緒だった、上品な日本人人妻とのロマンスも終わった。
一緒にバルセロナをうろついていた学生も、就職の準備で日本へ向かった。
こうなるとバルセロナにいる理由はない。
「アンダルシアの町を見なければスペインに来た意味がない」と誰かが言っていたのを思い出す。
そして、コルドバ・グラナダ・セビリヤ・カディス・マラガとアンダルシアの有名都市全制覇の偉業を達成した。
モロッコに渡ろうか迷いながら、ジブラルタル海峡に面する港町アルヘシラスへと着く。
アルヘシラスの町はとても小さくて、安宿はかたまっていた。
ただ、今夜は世界中どこででも見かけるドイツ人旅行者が団体でやってくるらしい。
ホテルは「予約で満杯です」と次々に断られる。
5軒目でやっと見つけた部屋はベッドだけ、ベッド以外には歩くスペースはない、という狭いシングルルームだ。
もちろんただ寝るだけなのでこれで十分だが、2000ペセタ(約2200円)もするよ。
マドリッドやバルセロナで1泊1000ペセタ程度で泊まっていた僕からすると、この宿代は極端に高い。
国境の町だからというよりも、部屋がないので、単に足元を見られただけなのかもしれないが…。
宿にバックパックを置いて、アルヘシラス駅へ歩いていく。
ヨーロッパからアフリカへ向かうルートの端っこだと思うと感慨みたいなものがある。
ま、そう思わないと、ただの小汚い田舎町の駅だけどね。
次の列車まで間があるのか、駅の中に人影は少ない。
構内で、ベンチに座り込んで列車を待っている2人の日本人学生に会った。
このときが、卒業旅行の時期で、グラナダやセビリヤは日本人学生だらけだった。
学生旅行者と話すのは、もう僕も慣れっこだ。
気軽に話しかけてみる。
実は、ベンチに座り込んだこの日本人学生の2人は、疲れ切って、結構ぴりぴりしていた。
互いに口げんかになる寸前を我慢しあっている雰囲気だ。
日本にいるのならとっとと別行動を取っているのだろう。
だがヨーロッパの外れともなるとそう簡単には行かない。
だからこそ、つまらないことで喧嘩してしまうのだけれどね。
それには気づかない振りをして、2人からモッコの話を聞く。
「モロッコ側の港町タンジェで1泊した後、マラケシュまで行く予定だった。しかし、タンジェで、ガイドブックを見て決めていたホテルまで歩いて行こうとしたら、子供の客引きに宿を紹介するとつきまとわれた。断ったが離れず、ホテルまでくっついてきて、無理矢理に紹介料を取られた。ガイドにつかまったら振りきれないので注意した方がいい」
とアドバイスをくれる。
彼らはそれやこれやですっかりモロッコが嫌になった。
モロッコの名所マラケシュに行くのをあきらめ、タンジェで1泊しただけでとっとと戻ってきたとの話だ。
そういえば、バルセロナで一緒に安ワインを飲んだモロッコ帰りの日本人も、タンジェの話をしていたのを思い出す。
「タンジェ港で船を下りてカサブランカ行きの列車に乗るまでに、モロッコ人の物売りに、取り囲まれた。ものすごくしつこくて離れない。無視したら客車の中まで追いかけてきて出発間際まで金をよこせとうるさかった」
とのこと。
やはり、タンジェは大変なところらしい。
でもここまで来てアフリカに渡らない、というのでは話が面白くない。
ちょっと人がしつこい以外、行かない理由が見つからないんだから。
ただ「怖いから」では話にならないよ。
一応アフリカには渡ることにする。
もしいやになったら、ジブラルタル海峡を渡っただけでタンジェからUターンしてくればいい。
とにかく「アフリカに行った」という話にはなるのだから…。
フェリー桟橋へ歩くと、両替所があった。
手持ちのスペインペセタを、モロッコディルハムに交換した。
名物の鰻の稚魚の料理と白ワインで、ヨーロッパ最後の夜を祝い、早目に床に着く。
翌日、1988年3月6日、出発時刻になるとどこからともなく船客が集まってきて、長い列ができる。
スペイン出国の簡単なイミグレーションを済ませると、船の上甲板に昇る。
船は近代的なフェリーボートだ。
正午過ぎに出発し、2時間ほどでジブラルタル海峡を渡る。
ロンドンで買った「Thomas Cook Overseas Timetable」をチェックする。
それによると、この船がタンジェを午後4時10分に出発するカサブランカ行きの急行列車に接続している。
空は晴れ、風も強くはないが、ジブラルタル海峡の波は荒い。
出港すると、イギリス領ジブラルタルからのヨットが数隻、フェリーをしばらく追いかけてくる。
数十羽のカモメが船と併走する。
船客が手に持ったパンを投げると、次から次と跳び付いては咥えて後方に飛び去る。
甲板で写真を撮っている日本人学生らしい3人を見つけたので、話しかけてみる。
3人とも卒業旅行で1人旅なのだが、マドリッドの日本人宿で知り合って、モロッコに一緒に来ることにしたそうだ。
彼らはあまり時間がないので、一気にマラケシュまで行ってすぐに戻ってくる予定だとか。
観察すると、1人がリーダー格でほかの2人を仕切っている。
リーダー格の学生も海外旅行は初めてらしい。
ただ、旅行に関する本を読みあさり、いろんな噂話を仕入れていて、モロッコについてのウンチクをいろいろ聞かせてくれた。
船中でモロッコの入国審査を受けるようにと、アナウンスがある。
入国審査は日本人には全く問題無く、簡単に済む。
船の到着は予定通りだったが、桟橋について上陸までになかなか時間がかった。
税関はモロッコ人には厳しいようで、荷物を全部開けられている人もいる。
しかし、ここでも日本人はパスポートを見せるだけでノーチェックで通過する。
税関を抜けると、窓口が1つしかない港の両替所に長い列ができていた。
あらかじめディルハムに換えておいて正解だ。
こんなゆっくりした列に並んでいると、両替をしている間に列車に乗り遅れる可能性があるからね。
乗り遅れてしまったら、客引きや物売りの餌食だ。
しかし3人の学生は両替所に並んだ。
ディルハムを用意してないようだね。
しかも、3人が一緒に両替所に並ぶというのは、感心したやり方ではない。
ここでは二つのことをやらなければならないはずだ。
一つは両替して現地通貨を手に入れること、もう一つは列車の席を確保すること。
3人で一緒に旅行しているのだから、2人がまず列車の席を確保し、1人が3人分のディルハムを替えればいいのだ。
そうして、一人が両替したディルハムを3人で分けて、あとで清算すればいい。
そうしないと、列車の席が確保出来ない恐れがある。
これからカサブランカまで6時間の長旅だ。
どれだけ混むか、混まないかわからないが、一緒に旅行しているなら三人まとまった席を確保することは大切なはずだが。
もちろん、一人が両替をして、あとで分けるというのは、信頼関係がないと難しい。
しかし、うまく役割分担が出来ないのなら、1人で旅行した方がずっと面倒は少ないわけだ。
と僕は思ったが、お節介はしないことにした。
タンジェ港を出るとそこがタンジェ港駅( Tanger Port)で、もう長い列車が待っていた。
僕はさっさと荷物を背負って、列車へ歩き出す。
タンジェの物売りやガイドにつかまったら面倒だからね。
ヨーロッパ風の客車に素早く乗り込み、空いたコンパートメントを見つけ、荷物を網棚に上げて、窓際に腰を落ち着けた。
一人で窓の外を眺めていると、10分ほどして、さっきの日本人学生たちがドヤドヤッと僕のいるコンパートメントに入って来た。
話を聞くと、「時間がないので両替はしなかった」とのこと。
しかし、リーダーの学生は、「ドルのキャッシュさえあれば大丈夫ですから」と自信満々だ。
それを見ていたのだろう、彼らの後から両替屋が数人くっついて、コンパートメントに入ってきた。
両替屋は1ドル=6DH(ディルハム)のレートで換えるという。
僕がアルヘシラスの港で替えたレートが、だいたい1ドル=8DHだから、6ディルハムはひどく悪いレートだよ。
1人は6ディルハムのレートで換えようとしたが、僕はアルヘシラスでのレートを教えてあげた。
リーダー格の学生は、どこかで聞いた「現地では、公定レートの5割増し以上でエクスチェンジ出来る」という噂話を信じ込んでいるので、断固として断る。
「ディルハムがないとこの列車に乗れないぞ!」と両替屋。
「ドルで切符を買うからいい」と学生。
「ドルじゃ切符は買えない。食事もできない。カサブランカに着くのは夜だからホテルにも泊まれない!」と両替屋は訛りの強いブロークンな英語で叫ぶ。
このやり取りがしばらく続いているうちに、ヨーロッパ風に発車のベルもなく、列車は両替屋を乗せたまま、ゆっくりとタンジェ港駅を出て動き出した。
次のタンジェ駅( Tanger Gare)に着く直前に車掌がコンパートメントに入って来る。
学生がドルで切符を買おうとすると車掌は言った。
「ディルハムでないと切符は売れない。切符が無ければ下りてもらう」
なるほど、こういう落とし穴があったのだ。
この雰囲気では、車掌と両替屋さんはお友達関係だね(笑)。
両替屋は勢いづいて強気になり、100ドル単位でないとエクスチェンジしないと言い出す。
同じコンパートメントにいて知らない振りをするわけにも行かず、僕もフランス語(北アフリカはフランス語が公用語だ)で交渉に乗り出してあげた。
レートは6DHから 6.5DHまでわずかに戻した。
これ以上は向こうも譲らない。
実はこの時期はもう、わざわざ現地で両替するうま味はほとんどなかったようだ。
彼は、虎の子の 100ドル札をこのレートで換えることになった。
100ドル換えて 150DHの損。
つまり2000円程度のことだが、日本と貨幣価値の違うモロッコでは大金だよ。
両替屋は愛想よく挨拶をして列車を降りていった。
注:この話は、僕が旅した1988年のことです。両替レートや、スペインの通貨など、今とは状況が違いますから、注意してください。
morocco algeria tunisia africa index