ケープタウン(南ア)からウィントホック(ナミビア)へ、エアナミビアで飛ぶ(マグロ漁船員との会話)

【【ケープタウンからウィントホックへのエアナミビア機@ケープタウン空港/南ア】
1996年7月9日。
いつもの出発の日のように、朝早く目が覚めたので、荷物をチェックして準備をする。

置き忘れがないかと、いままで開けたことがなかった部屋のタンスの一番下の引き出しを(念のために)開けた。
すると、僕の知らない「HUSTLER」の4月号が入っていた。
ありがたく頂戴して、僕が持ってきた「MAD SUPERSPECIAL」を代わりに置く。
ホテル料金は5日間泊まっていたので、861.40ランド(2万円ちょっと)となる。
1泊4千円というのは、普通のホテルに泊まることを考えると、そんなに高くはない。
もちろん、バックパッカーが利用するレベルのホテルとしては、高いね。
ただ、南アはオーストラリアと似ている。
つまり、ドミトリーのバックパッカーズは結構あるんだが、シングルルームはなかなか見つからないんだよ。
1996年の7月は、季節外れで、観光客がほとんどいなかった。
だから、4千円程度で町のど真ん中のホテルに泊まれたのかもしれない。
このホテルは現在(2010年)は、1泊1万円を超える値段だそうだ。
1泊1万円もするならば、僕は泊まらなかった(泊まれなかった)。

僕は世界中で2千円平均でシングルルームに泊まって旅をしてきたからね。
そこが、いわゆるバックパッカーとも違うし、また何でもかんでも予約を取って、旅をする人たちとも違うんだ。

出発前に海外のホテルを全部予約する人たちもいる。
が、そうなると、当然ホテルは1泊1万円を超えてしまうからね。
2千円平均の宿泊費で、シングルルームに泊まって、快適に旅をする。
これが僕の提唱する「安くてキモチイイ海外個人旅行」なんだけどね。
僕の第二弾「これが正しい海外個人旅行」は、もともと「安くてキモチイイ海外個人旅行」というタイトルのはずだった。
このタイトルならば、もっと本は売れたろうが、出版社が勝手に名前を変えてしまったんだよね(涙)。

これからの旅は、安いにしても、快適で(キモチイイ♪)なければならないのは当然だし。
時代の先を読みすぎると、社会は受け入れにくいものだ。

でも、僕は社会の行く先を読むことだけは上手なんだよ。
その流れに乗ることは出来ないけど(涙)。

デポジットの34ランドを引いて、クレジットカードで支払った。
これはナミビアへ行く時に、ランドの現金を持って置きたかったから。

というのは、ナミビアでは、南アの通貨ランドがそのまま流通していたからね。
つまりナミビアの通貨「ナミビアドル」は、南アの「ランド」と同じ価値だった。

1996年の7月だと、1ナミビアドルが25円と考えればいい。

ケープタウン空港への「INTERCAPE SHUTTLE BUS」が30ランド。
午前9時出発の空港行きシャトルバスに乗ると、15分くらいでケープタウン空港へ到着。

空港のチェックインカウンターで、たまたま30歳前後の日本人男性に会う。
彼は、現地の人にチェックインを手伝ってもらっている。

興味を持って話しかけると、彼は日本のマグロ漁船の船員だそうだ。
これから、シンガポール航空の片道切符で日本へ戻る。

その切符の値段は、片道で2千ランド(5万円)程度だという。
彼は、ケープタウンには18回くらい来ている。

1年8ヶ月間マグロ漁船に乗っていた。
インド洋から北大西洋のアイルランド、ケープタウンと来たが、腰を痛めたので日本へ帰る。

彼は、「ケープタウンは日本のマグロ漁船で持っているところ」だと言う。
ケープタウンには日本人漁船員が住み着くことが多いそうだ。

白人黒人を問わず、女性にもモテルし、家は300万円も出せば手に入る。
日本人漁船員と結婚してこちらで住み着いている日本女性も多いそうだ。

彼個人としては、「世界中を回ったが、やはり日本がいい」という感想だったね。
確かに、僕のホテルのすぐ近くの「ロングストリート」に日本料理店があったが、いつも閉まっていた。

それを聞くと、日本料理店は夜だけオープンだそうだ。
ケープタウンは寿司も天麩羅もおいしいとか。

2001年に、僕が西アフリカのガンビアへ行った時も、韓国人の漁業関係者と話をした。
その韓国人も、「西アフリカで日本漁船が港へ入ると、国中の女が港へ集まる」みたいなことを言ってたっけ…。

マグロ漁船といえば、「蟹工船」みたいなひどい労働条件だと思うもの。
そこを聞くと、「いまはマグロ漁船の設備はホテル並み」だそうだ。

僕が見たこの漁船員さんも、ごく普通の日本の若者で、特に重労働をして筋肉がついているようには見えなかったよ。
マグロ漁船に乗っていた人と世間話が出来るなんて、海外でないとありえないよね。

「今日も一つ新しいことに出合った♪」と、うれしがる。
空港のバーが午前10時にオープンするのを待つ。

バーで、キャッスルビールの生(500ml)が5.30ランドと、町よりはちょっと高い。
空港のバーは非常に大きくて、200人は入れる感じだ。

午前10時45分にチェックイン開始。
僕の席は「SW743便」の15F。
これは「NO SMOKING WINDOW SEAT」だ。
もちろん、ナミブ砂漠を見るために、窓側の席を取ってある。
エアナミビアの便名がSWで始まっているのは、「南西アフリカ」の頭文字だろうか、と考えたりする。
出発は12時45分で、ボーディングは12時15分。

出国審査は特になく、パスポートにスタンプを押すだけ。
面白かったのが、南アのスタンプの日付だ。

僕の滞在を見ると「1996.07.02」「1996.07.09」と、「年.月.日」の順番になっていた。
もちろん皆さんご存知の通り、イギリスだと「09/07/1996」となる。
米国だと、(全部がそうと言えるかどうか知らないが)「07/09/1996」となるのが普通だ。
空港の中の免税店で78ランド(2千円)の10年ものブランディを買おうとしたが、「ナミビア行きの人は買えません」と、断られる。

結局、1996年ごろは、ナミビアは南アの一部と考えられていたようだ。
さっき会ったマグロ漁船員も「ナミビアは何もないです」と言ってた。

ケープタウンからナミビアに入ると、飛行機の窓から下を見ても、確かに砂漠しか見えない。
これが、有名なナミブ砂漠だね。

【エアナミビア機から見たナミブ砂漠】
飛行機の中では、「WINDHOEK LAGER」という名前のビールをもらった。
ケープタウンを12時45分に飛び立ったエアナミビア機は、2時間後の2時40分に「WALVIS BAY」へ着陸。

慌てて「Lonely Planet AFRICA」をチェックすると、これはナミビアの海岸にある町だ。
飛行機にはトイレが2つしかなかったが、ワルビスベイに着陸している時に、トイレに長い列が出来た。

ワルビスベイを飛び立って25分で、ナミビアの首都ウィントホック(WINDHOEK)へ到着する。
ナミビアでは、(ビザは必要なく)90日の滞在許可をもらった。

エアナミビアのカウンターで、7月12日のSW681便ロンドン行きの予約を再確認する。
出発が21時45分、ロンドンヒースロー空港到着が午前7時45分だ。

つまり、ナミビアへ到着したのが7月9日、ナミビアから出発するのが7月12日。
ナミビアの滞在は、3泊ということになる。

ナミビアの7月は冬で、観光としてはオフシーズン。
そのせいか、飛行機から降りた観光客は僕1人だった。

空港から町へは大型のシャトルバスが存在した。
空港ターミナルビルの前に横付けされた大型バスが、町まで30ナミビアドル。

ナミビアドルは南アランドと同じなので、750円。
手持ちのランドで払うことが出来るが、乗客は僕1人。

現在午後4時前。
とはいっても、南半球の冬なので、日暮れは早いと考えられる。

これからウィントホックの町へ出て、宿を探さなければならない。
ウィントホックには安宿街があるわけでもないらしく、ちょっと、ウーンという感じかな。

タクシーの運転手が声をかけてきた。
タクシーで町へ行って、ホテルを見つけて、ホテルの玄関まで連れて行って60ナミビアドルだという。

今日はとにかく、宿を見つけさえすればいい。
ナミビアは南アみたいなところだから、タクシー強盗はないだろうと考える。

それで、タクシーに乗りました。
運転手は、モザンビーク出身のフェルナンド君。

「日本人はビジネスマンが多いけどね」と英語で会話する。
まあ、なるようになるでしょう。
uk greece turkey egypt kenya asia europe world
アフリカ  西アフリカ 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx