明日出発のナイロビからモンバサへの一等寝台車の切符を買って、ヒルトンホテルのサウナへ行き、リバーから本を借り出す。@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年7月8日、モンバサへの鉄道切符を買うために、ナイロビ鉄道駅へ歩いていく。
ナイロビへ着いてすぐの6月5日に、鉄道駅へ来て、ナイロビからモンバサへの列車の時刻と料金を調べていた
そのとき調べたのでは、ナイロビからモンバサへの列車は、毎日午後5時と午後7時の2本ある。
料金は、1等が340シリング(2720円)、2等は145シリング(1160円)。
僕は明日(7月9日)午後5寺発の、一等寝台車の切符をゲットする。
料金は、340シリングだが、プラス25シリングを払う。

25シリングは、多分、ベッドメイキングの手数料か何かでしょう。
25シリングとは200円程度なので、詳しく聞いたりしません。
窓口も混んでないし、切符を買うのは、簡単にすんだ。
普通の旅行者は、鉄道の切符を自分で駅の窓口に買いに来たりせずに、旅行代理店ででも手配するのでしょう。
もっと普通の旅行者なら、ナイロビからモンバサまで列車に乗らずに、飛行機を使うだろうけどね(笑)。
列車だと、14〜15時間かかるが、飛行機だったら、たったの1時間だよ。
ケニア航空で航空運賃も調べていたが、料金も一等寝台の2倍ちょっとくらいだったと思う。
だから、よほどお金に困ってなければ、常識的には、飛行機を使うもの。
まあ、お金に困っている人が、ケニア旅行なんかに来るはずもない。
問題は、どれだけ変わった経験ができるかというわけなんだが。
この列車が特にサービスがいいとか、景色がすばらしいとか、そんな話はない。
もともと貿易港のモンバサと、首都のナイロビを結ぶ、産業用の鉄道だ(ちなみに、アフリカのすべての鉄道は、産業用ですが)。
ただ、旅行者としては、ナイロビからモンバサへの鉄道は、どうしても乗りたいものなんだ。
この時期は、世界中で、鉄道が衰退する一方だった。
だから、乗れるうちに乗っておきたい。
いま(2015年)になると、また鉄道が復活して、新しいプロジェクトもあるようですが。
僕としては、昔から使われていた鉄道がなくなる前に、乗っておきたいという純粋な旅行者の意識。
例えば、今はなくなった、「チリのサンチアゴから南のプエルトモンへの列車」は、ステキだったよ。
これからあと、西アフリカを旅したときは、「ダカール(セネガル)からバマコ(マリ)への国際列車」にも乗った。
この鉄道も、ダメになったあとで、再建する計画があるとかないとか。
いまの状況では、鉄道は復権する傾向にあるようだね。
ただ、旅行者としては、新規に投資があって、きれいになった鉄道よりも、潰れかける前の、いい加減な鉄道を愛するもの。
だから1988年の、あまり人気もなかった時代に、ナイロビからモンバサへの列車に乗ることは、重大な意味があるわけなのね。
ケニア東海岸への旅が始まるのは明日から。
今日は切符を買っただけで十分。
それでは、鉄道駅のレストランで、ビールでも飲みましょうか。
天井の高い、がらんとした、ナイロビ鉄道駅の、うらぶれたレストランで、黒人ウェイターが注ぐビールを、1人飲む。
ビールが冷えてないので、ウェイターが「氷を入れますか?」と聞いてくる。
発展途上国では、氷が不衛生だから飲まないようにとの、注意がある。
でも、「冷たいビールにひかれて、ついつい氷を頼んでしまう。
ほっとして、僕の人生を考える。
考えてみると、僕はいろんな人を傷つけてきたね。
特に付き合っていた女性を、最終的には、裏切ることになった。
でも、それは仕方なかったんだ。
僕が僕であるためには…。
僕が僕でなくなれば、僕を愛する理由もなくなっただろうし。
軽蔑されるよりも、憎まれる方を選んできた。
理由を語らないことが、僕の生き方です。
ナイロビ鉄道駅のレストランで、そう考える、
たった、ビール一杯で、酔っ払ってしまったみたいだ。
ヒルトンホテルまで歩いて、サウナに入った。
そのあと、リバーハウスへ行って、文庫本を数冊借り出した。
明日ナイロビを出て、モンバサへ行くことは言わなかった。
旅人は、いつの間にか消えてしまい、忘れ去られる。
「また明日!」と言って、リバーハウスを出る、
旅人は「さよなら」を言わない。
「また会おう」と言う。
それが、いつになるか、わからないけれどね。
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx