援助君の4WDで、ナイロビ国立公園へ行って、寝ているライオンをひき殺しそうになり、池でカバさんが顔を出すのを待つ@ナイロビ/ケニア

【「西アフリカ旅行記」もある、世界旅行者の「大人の海外個人旅行)】
 
1988年6月19日(日曜日)。
今日は日曜日だが、長期旅行者は、曜日を気にしたりしない。

いつもと同じ、何もすることがない、のんびりした1日が流れるだけだ。
僕はグータラな人間であることを否定はしないが、この最初の世界一周旅行に出る前は、まだなかなかやる気があったと思う。
結婚、別居、離婚という流れの中でも、夜はフランス語学校に通って、たった1年で、フランス語検定2級を取ったしね。
それと同時並行で、スペイン語をNHKのラジオ講座で独学で勉強した。
いまのラジオの語学講座は、中身スカスカで、何年やっても、役に立たない。
でもこのころのラジオ語学講座は、文法を基本から教えていたので、半年間きちっとやれば、力はついたものだ。
僕は、スペイン語をフランス語と平行してラジオ講座だけで勉強して、しゃべれるようになった。
バルセロナ(スペイン)のスペイン語学校へ通ったときも、スペイン語の文法は中級クラスに入れるレベルだった。
この話は、「バルセロナ物語」にありますから、興味のある人は読んでください。
ちなみに、フランス語をやってスペイン語を勉強すれば、とてもカンタンです。
フランス語をやる前に、英語を深く理解して、膨大な量の単語を覚えていたので、フランス語の単語は覚えやすかった。
英語とフランス語をやっているので、スペイン語はさらに簡単。
これから、アメリカ大陸に渡って、中米グアテマラの古都アンティグアでも、スペイン語学校へ通った。
だから、中南米カリブ地域の旅行には、ほとんど不自由しなかったね。
ナイロビでもフランス語学校に通っているが、フランス語のレベルを維持するためで、ほとんど本気ではない。
ナイロビ滞在のこの時期は、これからどうするのか、迷っていた。
朝は、イクバルホテルの食堂で、チャーイ(インド風ミルクティー)とサモサ(野菜餃子)を2セット。
食堂には、8人掛け程度の長テーブルが並んでいるだけなので、時間を気にせず、本を読んでいられる。
すると昼前に、援助君が現れた。
「これからナイロビナショナルパーク(NAIROBI NATIONAL PARK)へ行きましょうっ!」という。
ケニアの国立公園に行くには、現地のツアーに参加するか、自分で車を借りなければならない。
ふらふらと歩いて行っても、入れてくれない(と思う)。
ふらふら迷い込むと、動物のエサになってしまう。
でも、援助君は、なんと車を持っているとか。
それも、日本製の、新車の4WDだ。
援助団体が、日本から送らせていたのだが、やっと通関手続きが済んで、彼の手に入ったようだ。
普通の人なら大喜びで、元気よく、車に飛び乗って、「ナイロビ国立公園」へ向かうだろう。
だって、無料で連れて行ってくれるというんだから。

ナイロビ国立公園は、空港のすぐ近くで、ナイロビ市内から30分程度。
空港からナイロビに来るときに、道路から、国立公園のフェンスを見たことがある。

すぐに国立公園でサファリが楽しめる、絶好のチャンスだ。
でも、僕自身は、それほど国立公園に行きたいわけでもない。
ここが普通の旅行者と僕の大きな違いなんだよ。
僕は旅行についても、人生についても、仕事についても、自分から積極的に、何かをしようと考えてやったことはない。
いま僕が旅している、この「最初の世界一周旅行」にしたって、離婚をして、日本に居場所がなくて、たまたまお金がちょっとあったので、旅に出ただけだ。
イギリスに行こうか、それともアメリカで大学院にでも通おうかと考えていた。
そこに、銀座ママの息子をイギリスに連れて行けば、航空運賃を出してくれるという話があって、イギリスになった。
正直、いまさらアメリカの大学院へ行って、勉強する気持ちもなかったしね。
もう僕の人生は、終わってるから、ジタバタしない。
あとは静かに、余生を静かに送るだけだ。
というわけで、僕がこの世界一周旅行をイギリスから始めたのも、流れに乗っただけ。
ロンドンからギリシア、トルコ、エジプト、ケニアと、旅しているのも、なんとなくそう流れてきただけだ。
ナイロビの静かな午後は、本を読んで時間を過ごし、疲れたら、部屋に戻ってベッドに横になればいい。
そういった、だらーーーんとした生活が、僕の理想。
日曜日にだらだらした、理想的な生活を送っていたのに、突然4WDでやってきて、国立公園に動物を見に行こうと誘われても、かなりの迷惑。
とは思ったが、せっかく誘ってくれているのに断ったら、援助君も気を悪くするだろう。
国立公園に行くこと自体、悪いことではないのだし。
ケニアに来たからには、国立公園で動物を見るのは、定番なんだし。
待ちに待った4WDがやっと手に入って、さっそく乗り回してみたい気持ちもわかる。
僕はもちろん、いっしょに、ナイロビ国立公園に行きました。
普通こういうときは、僕はもう一人誘って、3人で行動するのが、オキラクで好きだ。
しかし、この時は、旅行ノートに他の人の名前を書いてないので、2人っきりで行ったのだと思う。
ところが、もともと興味がなかったのか、見た動物についてはそれほど覚えていない。
背の高い「キリンさん」はよく覚えていろ。
一番ビックリしたのは、車で草原を走っていて、急に目の前に「ライオンくん」が寝ていたところかな。
もちろん、ライオンくんの邪魔をしないように、車を停めて、ライオンくんが自分で動いてくれるまで待ってました。
あと、「カバの池」に出たので、カバが顔を上げるのをじーっとして待ってました。
カバは、朝の早い時間に行動するらしくて、真昼間に行った僕たちには、顔を見せてくれませんでしたが。
このほかにもいろんな動物を見ましたが、一つ一つの名前までは覚えてられません
普通に見れる動物は普通に見たということでしょうかね。

僕がケニアに滞在していたとき、正式の国立公園へ行ったのは、これが最初で最後だった。
ナイロビナショナルパークでは、2〜3時間あれば、一回りして、適当にいろんな動物を見て回れる。

そんなにお金のない人は、ナイロビナショナルパークでも、いろんな動物が見れます。
ただ、ナイロビ自体、いまは町歩きが危険らしいので、ナイロビは避けた方がいいでしょう。

【フィッシュマーケット@ザンジバル(1996)】
僕は最初から、タンザニアのザンジバルを勧めておきます。
ここはイスラム教徒が多くて、とても安全です。
 
greece-turkey-greece-egypt

ケニア1988
egypt-jordan-israel-jordan-syria-turkey
アフリカ  各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx