エルウッドから乗り合いタクシーで国境へ行くと、強制両替させられ、歩いてチュニジアへ。@アルジェリア、チュニジア国境

アルジェリアからチュニジアへ国境越えをする起点の町、エルウッド(El Oued)の宿「ホテルデデュンヌ(AD45)」で目を覚ます。
今日は、チュニジアからアルジェリアへ行けばいいだけ。
ただそれが可能かどうか、よくわからない。
アルジェリア西側のモロッコとの国境では、国境通過がいろいろ難しいという話を聞いていた。
チュニジアとの国境を越えるのは、どうなのか、それは行ってみなければわからない。
行って見なければわからないことをあれこれ心配するのは、無駄だ。
何が起きるかわからないので、、早く移動しようと思う。
ただ、国境へのルアージュ(乗り合いタクシー)は、客が集まらないと、動かない。
朝9時にルアージュ乗り場に行って、国境行きのルアージュ(乗り合いタクシーね)に乗り込む。
早すぎたのか、乗客は僕一人だ。
運転手は最低4人いなければ出発しないという。
1時間ほど待ったころアルジェリア人の新婚カップルがやってきて、その後かっぷくのいい商売人が乗り込んで来た。
4人になったので、やれやれこれで出発と思ったら、これからルアージュはエルウッドの町をぐるぐる回り出した。
さらに、客を捜しているのだ。
もういいかげんにしてほしいと思い出したころ、あと2人を乗せる。
結局運転手1人、乗客6人だ。
車は砂漠へと飛び出した。
飛び出したというのはまさしくその言葉の通りだ。
一直線の道を時速110kmは出している。
なぜわかるかというとエルウッドから国境への完全舗装の道には1km毎に距離表示のマーキングがしてあるのだ。
砂漠だけですることがないので、僕はそのマークと腕時計とで時速を計算していたのだ。
さすが京都大学工学部卒の人間は暇のつぶし方が違うね!
突然変な音がして車がガクガクッと揺れて、バタンバタンという音が連続する。
車は急にスピードを落とし、砂漠の真ん中で停止する。
運転手は車から降りて右後車輪を見ている。
僕も車を降りて、パンクしたのかと覗き込むと、そうではなく何とタイヤの表面、トレッドの部分が剥れている。
よく見ると、タイヤのトレッド自体が手彫りだよ…。
つまりどこかでつるつるになるまで使ったタイヤに、手彫りでトレッドを刻み込んでいるという民芸品タイプのタイヤなのだ。
タイヤ交換をするかと思うと、そうではない。
タイヤの剥れてささくれだった所を手持ちのナイフで削り取る。
それで修理は終わり。
こんな危険な話はないが、他の誰も何とも言わないので仕方なく乗り込む。
ルアージュはその後は、運転を慎重にした。
時速80〜90kmの平均時速を保ってようやくボーダーについた。
表面は穏やかにしていたが、冷や汗びっしょり。
これでアルジェリアともおさらばだ。
次はアルジェリア国境での出国審査だ。
僕はラバトで取ったアルジェリアビザがあり、その有効期限内に出国するので、問題はないはず。
ところが、ボーダーポストに入ると両替証明書の提示を求められる。
僕の場合ビールも飲まなかったし、良いホテルにも泊まらなかったし、バスとルアージュにしか乗ってない。
正規で両替したしほとんど毎日移動していたので思ったよりお金はかかった。
しかし滞在期間も短いので、これまでの両替は700ディナールぐらいしかない。
5日の旅だからこんなものだ。
「DA1000両替の規則に違反してます」と係官が宣言する。
何だって!そんな馬鹿な!
それは入国時の強制両替の話で、僕はそれを避けるために、ガイドブックを信じて、わざわざ空港から入国したんだよ。
説明するが係官は断固として聞かない。
「今ここで不足分の両替をしてもらいます」と言い出す。
アルジェリアを出たら交換不能というアルジェリアディナールを、300ディナール、つまり7500円分もここで両替させるなんて、詐欺同然じゃないか。
「僕はたった5日しかアルジェリアにいなかったんだよ。闇両替もしてないし、どこでいくら使ったかもノートに記録してあるんだ。700ディナール以上使えないじゃないか」
係員は僕の叫び声にうんざりしたのか、別の少し偉いさんのような人に代わった。
「規則ですから仕方ないんです」
こうなったら泣きつくしかない。
「僕は貧乏な日本人学生なんです。強制両替は学生だと半額だと聞いたことがあります。お願いですからその規則を適用して下さい」
といってロンドンの語学学校「インターナショナルハウス」のバーパス(ビールを飲める年齢だとの証明書)からでっちあげた国際学生証を見せる。
「残念ですが、規則ですからあと300ディナール両替しないと国外には出られません」
わかったよ!こんな所には頼まれたってもういたくない。
残っていたポンド紙幣とUS$のT/Cでなるべく300ディナール丁度になるように両替をする。
僕が大声で言い合いをしていたのを聞いていた黒人が話しかけてきて、慰めてくれる。
強制両替が終われば、出国に何の問題もない。
アルジェリアの出国スタンプを、パスポートに押してもらう。
さて、ここはアルジェリアのボーダーだが、チュニジアのボーダーはどこなのだろう。
尋ねると指さした所は砂漠を一直線に延びた道の向こうにちらっと見える疎らに木の生えたオアシス状の所。
「あそこまでどうやって行くの?」
「チュニジア国境まで行く車に乗せてもらうか、歩くしかないね」
距離は約4kmだという。
いつ来るかわからない車を待っているよりは、運命は自分で切り開こう。
モロッコ旅行している時から歩くのは慣れている。
黒人と一緒に歩き出す。
彼はどういう訳かタライを4コほど担いでいる。
チュニジアから買い出しに来たというのだが、良く訳の分からない話だ。
しかし、深く追求はしない。
彼と並んで歩くのに、手伝わなくては悪いとタライを1個、持ってあげる。
暑いのでタライを頭にかぶって日よけにして歩いて行く。
チュニジアのボーダーまであとちょっとという所で後ろから車が追いついてきて、乗るかどうか聞いてくる。
こうなったら意地でも歩き通したい。
断って歩き続ける。
一時間ほどかかって国境の砂漠を横断した。
今度はチュニジア入国だ。
チュニジアは観光立国なので入国に何の問題もない。
ビザも必要ない。
無事に入国を済ませても、チュニジア国境のポストの周囲には何もない。
ここから町へはローカルバスがあるというので、待つことにする。
まだ陽は高い。
morocco algeria tunisia africa index