旅先で本を読む@カオサン通り/タイ & タケオ/シェムリアップ/カンボジア

【カオサン通りの「SHAMAN BOOKSTORE」/「日本語の本わ3階にあります」と書いてある】

【3階の日本語の文庫本/上下がわからないので、適当に並べてある】
旅先の本当の楽しみは、何もすることのない時間がたっぷりあること。
その時は、異国の町をただぶらぶら歩き回ってもいい。

適当な店に入って、ぼんやり町を眺めているのもステキだ。
でも、本をゆっくり読む時間があるというのが一番だね。

海外のバックパッカーの集まるところには必ず、長時間粘れるカフェやバーがある。
欧米人旅行者は、そこで朝から晩まで、ボーッとしている。

僕は、ホテルの部屋で裸になって、ベッドでごろごろしながら、本を読むのが好きだけどね。
こういうときは、一日に文庫本を4冊くらいは軽く読める。

僕の第2弾「これが正しい海外個人旅行」でも、ラオス旅行から戻ってきて、バンコクで《バンコクのキモチイイ生活》について書いてある。
その中でも、特に、バンコクの日本人街(ソイ33/1)にある「ELITE USED BOOK」のことを書いておいた。

「これが正しい海外個人旅行」の《バンコクのキモチイイ生活》から
【本を読む】
一個所に滞在してだらだら過ごすには、本を読むのがいい。
ワールドトレードセンターの紀伊国屋書店に日本語の本がたくさんあるが、日本よりもちろん高い。
日本で700円の本が410Bだったから、6割程度高いようだ。
これだと何冊も買えない。
ただ、ソイ33/1にはスクンビット通りに面して「ELITE USED BOOK」という古本屋があって、日本の文庫本を一冊50B前後で売ってある。
別の本を買うときは、読み終わった本を三分の一の値段で引き取ってくれる(売るときは1/5になる)ので、一日に3冊程度読む僕にとっては欠かせない所だ。
海外で本を読むときに不思議なのは、胡桃沢耕史の「翔んでる警視」シリースとか、門田泰明の「黒豹」シリーズとか、肩の凝らないものを読みたくなること。
胡桃沢耕史の本を読み出したのは、LAの市立図書館で見つけたからで、ベッドに横になってひたすら読みふけるには、とてもキモチイイ。
この「エリート」にもたくさんあった。門田泰明の黒豹シリーズは「トンデモ本」でも紹介してあった荒唐無稽の超人警察官が主人公。
1999年にフンザの中心カーリマバードの「ヒルトップホテル」でも黒豹シリーズを見たことがある。
日本に帰ってくると読もうとしても絶対に読めないのが不思議だ。
海外滞在向きの本だと推薦して置こう。
インドへ哲学書などを持っていった時代もあったが、僕が見た限り、置き去りにされた哲学書は、ほとんど手付かずの状態だったので、誰も旅先で哲学書などは読んでなかったようだ。
海外の日系書店では立ち読みをするのが定番で、紀伊国屋書店にも立ち読みをする日本人がたくさんいた。
この書店には大川周明の「復興亜細亜の諸問題」とか、石原莞爾の「最終戦争論」とかの珍しい本もある。
バンコクに来た日本人がアジアの問題を過去の思想を参照しながら、いろいろ考えているというのがわかり、興味深い。

この話を書いたのがラオス旅行をした2000年。
バンコでは、中央駅(ホアランポーン駅)前の中級ホテル「バンコクセンターホテル」に泊まって、バスで日本人街へ通ってたんだ。

そのあと2002年、2005年とバンコクへ行った時は、カオサンに泊まった。
カオサンにはもちろん、日本語の本を売っている店がある。

その中でも一番在庫が多いのが、カオサン通りに面した「SHAMAN BOOKSTORE」だ。
ここの3階には、日本語の本がたくさんある。

文庫本一冊が平均的に40バーツ程度。
何冊かまとめて持って降りて、一階のレジでディスカウントというと、かわいい女の子が値引きしてくれる。

だいたい、世界中のバックパッカーがいるところには、古本屋があるもの。
2005年に行ったゴアにも、古本屋で日本語の本を売っていた。

ただその時は、一冊が100ルピー(三百円)と高かったね。
コルカタのサダルストリートをちょっと曲がったところでも、日本語の本があった。

海外の古本屋の場合は、読み終わった本を引き取ってくれるもの。
ただ、カオサンではそれはやってなかった。

【タケオの図書室にはズラリとマンガが並ぶ(2005)】
世界中の有名な日本人宿には、日本語の本がずらりと並んでいるものだ。
アンコール遺跡群観光の起点シェムリアップのタケオゲストハウスには、膨大な量の日本語の本がある。

特にマンガが充実しているので、つい写真を取ってしまった。
でももちろん、文庫本もガイドブックも置いてあるよ。

長期旅行になると、日本から本を持って出たり、海外で本を買ったりして読む。
その本を日本人宿に持って行って、交換してしまえばいい。

ただ最近、「本の持ち出しは禁止」などというわけのわからないルールを決めている宿がある。
タケオもそうなんだ。

おそらくタケオの常連諸君は、本格的な海外個人旅行をしたことがない。
だから、海外個人旅行の基本を知らないんだ。

それは、本は旅人と一緒にいろんなところを旅して行くってこと。
オーストラリアのユースに僕の読み終わった本を置いた。
そのあと、オーストラリアからインドネシアへ入り、シンガポール、マレーシアと旅を続けた。
そして、ペナン島の本屋へ行ったら、すでに僕の本がやってきてたことがあるよ。
「本は旅をする」ってことね。

【旅行哲学】本は旅をする。
上海〜バンコク旅行記 タイ、インド、カンボジア旅行 アジア
インド 西インド旅行 INDEX 各国別旅行記
xxx