『ザヘダンから、テヘラン行きのバスに乗って、5時間でバムで降ろされる』@バム/パキスタン

【地震で崩壊する前のバムの風景(1999)】
1999年8月22日、パキスタンのタフタンからイランのミールジャーベへの陸路国境を越えた。
そこから、ハンガリー人の若者とタクシーをシェアして、ザヘダンへ。

ザヘダンで群衆に囲まれてハンガリー人と別れ、親切なイラン人に助けられて、バスターミナルに到着。
バスターミナルでも、そこら辺にいる人に「バムへ行きたい」というと、英語がわかる人が手配してくれた雰囲気だ。

イランがいいところは、たいていのところには、必ず英語が話せる、ちゃんとした信頼できる人がいること。
バスターミナルでもそういう人を見つけて相談したら、午前10時半出発のバム行きのバスがあると、教えてくれた。

それを待って、一人、待合室で英語のペーパーバックを読んでいる。
すると、午前10時半を過ぎてしまった(涙)。

カウンターへ行って、「アイゴートゥ、バム(I go to Bam)」と言う。
とにかくこういうところでは、単純な英語がいい。

昔、東京外大の学生とエジプトを旅していたとき、彼がスエズのバスターミナルで、「ウッジューライクトゥ〜(Would you like to ....?)」と、エジプト人に話しかけたことがある。
僕は、「そんな丁寧な英語はここでは誰もわからないよ」と、たしなめてあげた。

海外では、単純明快な、わかりやすい表現がいい。
それは、日本でも、同じだ。

例えば、ミエミエの外人が「エクスキューズミー」と、話しかけてきた、とする。
まず普通の日本人ならば、なにを聞かれるかわからないし、言葉がわからなくて恥をかくのもいやだ。
だから、キミが普通の日本人ならば、「ノーイングリッシュ!」と、走って逃げるよね(笑)。
外人に話しかけられると、あがってしまう、気の小さな人種、それが日本人(涙)。

でも、外人が、単純に馬鹿みたいに、「メイージ、ジーングウ(明治神宮)?」と、聞いてくるならば、違う。
「明治神宮」だとわかれば、誰だって「明治神宮の場所が知りたいのだとわかる」。

そして、教えてあげたくなるもの。
特に、JRの原宿駅で聞かれたらね。

つまり、相手にポイントがわかるような聞きかたをするのが、大切。
イランでも原宿と一緒で、僕がバムに行きたいことが伝わればいい。

また、相手が助けてあげたいような、頼りない人格を作るのも重要だ。
それについては、とにかく笑顔が大事で、ニコニコしながら、「バム」「バム」という。

すると、バスターミナルのイラン人は当然、僕がバムへ行きたいのはわかったようだ。
「もうすこし、待て」という雰囲気だ。

とにかくバムへの切符を買う。
料金は、15番会社(イランの大きなバス会社には番号が付いているみたい)で、1050トマム。

前にも述べたように、1トマムは10リアル。
つまり、1万5百リアル。

1ドルが8800リアルだったことを考えると、たったの1ドル20セントだ。
国境のミールジャーベからザヘダンまで、ハンガリー人とタクシーをシェアした時、3人で6ドルだったのにね。

まあとにかく、カウンターの人に、僕がバムへ行きたいということを知らせた。
もちろん切符も買ったわけだ。

午前10時半にバム行きのバスが出ると言われたが、その時間になっても動きがない。
結局、午前10時57分にバスは出発した。

僕が乗ったバスは、テヘラン行きの長距離バス。
その途中で、バムで降ろしてくれるという。

ただ、このバスには、冷房がない。
昼間のバスだから、熱風と直射日光で、かなり大変だったよ。

ただ、バスの乗客がそんなに多くなかったのが、よかったかな。
途中では、バスを止められて、パスポートのチェックがあり、荷物検査が何度もあった。
やはり国境の町からのバスだから、厳しいのだろうと思う。
一度は、鏡を使ったりして、バスの車体の下部まで念入りに調べたからね。

バスでは、冷水のサービスがあった。
でも、お兄ちゃんが冷やした水を配るだけ。

同じコップで隣の人と同じ水を飲むことになった。
途中から乗り込んできた、ちょっと知的な若者が僕に英語で話しかけてきた。

トイレ停車の時に、互いの話をする。
僕が日本人で、バムで降りると知って、アドバイスをしてくれた。

このザヘダンからテヘランへのバスは、バムの街中では停車しない。
バムの外のロータリーで僕を降ろす。

そこから乗り合いタクシーに乗って、バムの町へ行くんだとか。
途中の停車で、イランリアルの小額紙幣を手にしていたので、問題はない。

ザヘダンを午前11時ごろに出たバスは、5時間たった午後4時ごろにバムのロータリーに着いた。
僕はここで降りる。

いままで話をしてくれた若者にあいさつをして、乗り合いタクシーを待ちます。
午後4時ならば、問題はない。

でも、今日の宿を見つけなければなりません。
だって、覚えてる?
昨夜はクエッタから国境へのバスに乗ってて、ほとんど眠れなかったんだよ(涙)。
今朝、イランに入国したばかりなんだから。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD