『ミールジャーベの国境からタクシーでザヘダンのバスターミナルへ』@イラン

【世界旅行者@アルゲ・バム(1999)】
1999年8月22日、パキスタン時間午前8時半に、イランの入国審査を受けた。
ハンガリー人の2人と僕の3人が、あっさりと(ニューズウィークの水着写真のページは引きちぎられたが)イラン入国をして、外へ出る。

しかしそこには、何にもなかった(涙)。
人が誰もいないんだ。

国境には付きものの両替商もいない。
国境から近くの町(ザヘダン/ザヒダン)へ行く交通手段も見えない。

ただザヘダンへ向かうであろうよく舗装された道が1本走っているだけだ。
考えてみれば、イランではパキスタンと1時間半の時差がある。

ということは、まだ午前7時過ぎだよ。
だから、イランではまだ国中が眠っているのかしらん。

ただ、正直言うと、この時に、時差があるとは気が付いていなかった。
8月22日は、日曜日だったんだ。

「日曜日だから、両替商も、マイクロバスも休みなのかなー?」と思ったりする。
でも、イランはイスラム国家だから、金曜日が休日のはずだが…。

まあ、旅では理由を考えても意味はない。
目の前で起こっていることが現実なのだから、それに対処するしかない。

交通手段がなければ、なにかバスなり、タクシーなり、ピックアップトラックが来るまで待つしかないよ。
すると、やっと一台タクシーがやってきた。

運転手の言い値は、「ザヘダンまで6000トマン」だと。
ちなみに、トマンとは10リアルのことだ。

つまり、ハンガリー人と僕の3人が乗って、6万リアル。
パキスタン側のタフタン国境での両替レートは、1ドルが8800リアルだった。

わかりやすく1ドルを9千リアルと考えれば、6千トマン(6万リアル)は、7ドル弱。
この時期のレートで考えると、日本円で900円程度だ。

僕が運転手と話をして、6ドルにした。
もっと下げられたかもしれないが、6ドルだと、旅行者3人でうまく分けられるのがいいんだ。
5ドルにしたら、旅行者同士のワリカンがしにくくなるしね。
6ドルならば、旅行者同士、お互いにドルの小額紙幣は持っているに決まっているし。

ただ、タクシーの運転手が、しつこく現地通貨での支払いを主張したのは困った。
僕はさっきも両替しているのでイランリアルで支払えるが、ハンガリー人の若者2人はリアルを持ってない。

彼らは、イラン国内で両替すれば、1ドル当たり9千リアルを超すと考えている(思い込んでいる)。
リアル払いかドル払いかというので、運転手と軽い言いあいがあった。

いま考えると、もっとじっくりと国境で待っていれば、乗り合いのマイクロバスが来たんじゃないかな。
というのは、もともとイランでのタクシー代というのは、かなり安いからなんだよ。

この値段は、他の町のタクシー代と比べると、かなり高かった。
なにしろ、僕がシーラーズからペルセポリスの遺跡へ往復する時に、タクシーを4時間借り切った。

その値段が、4時間借り切りで4万リアルだったんだから(涙)。
でも、イランへ入ったばっかりで、物価の見当が付かなかった。

また、他に選択の余地がなかったので、タクシーに乗るしかなかった。
このときイラン時間が、午前8時前だったと思う。

僕は、「Lonely Planet West Asia」という、かなり古いガイドブックを持っていた。
出版年代が古いので、物価などは全く当てにならない。

ただ、「Lonely Planet」は地図が使えるのがいいんだ。
ミールジャーベの国境の次の町は、「ザヘダン(ZAHEDAN)」だが、ここは別に泊まる意味がない。

ザヘダンから西へ行くと、バムという町がある。
ここには、死の町と呼ばれる「アルゲバム」という遺跡がある。

だとすれば、今日中にバムまで移動して、バムで泊まればいい。
そう計算したので、僕は早くザヘダンへ行きたかった。

タクシーは舗装道路を走って、スンナリとザヘダンの町へ到着。
30分以上かかったが、1時間はかからなかったと思う。

このタクシーの中で、ハンガリー人と世間話をしていたからね。
タクシーは、町の中心部の人の多いところで、僕たちを下ろした。

ハンガリー人2人と日本人1人のバックパックを背負った外国人が珍しかったのか、イラン人が次々と話しかけてくる。
ハンガリー人はここで、両替の交渉を始めた。

これは長くかかりそう。
英語を話すおじさんに、「バムへ行きたいが、どこでバスに乗れるか?」と聞いた。

すると、おじさんがペルシャ語で何か言う。
何人かが、僕を連れて、市バスに乗せてくれた。

どうやら、僕をバスターミナルで降ろすように声をかけてくれたようだ。
しばらく乗っていると、乗客が、バスターミナルだと声をかけて、僕を降ろしてくれた。

市バスの料金は200リアルと聞いたが、僕は払っていない。
僕が大きな金(5千リアル札)しか持ってないのを見て、乗客が払ってくれたんだよ。

バス料金の払ってくれたのは、20歳代の若者だった。
僕は彼の目を見て、表情で合図をして、感謝の気持ちを表した。

イラン人は親切だと聞いていたが、こりゃ本当だね。
かなり大きなバスターミナルの近くで降りて、バスターミナルへ入っていく。

ターミナルには、バスの時刻表はあるが、行き先がわからない。
しかしこういうときも、英語のわかりそうな人に、「バムへ行きたい」と声をかけるだけでいい。

その人が、バス会社の人に声をかけてくれたようだ。
「午前10時半発のバスがある。ちょっと待て」と言われる。

イランというのは、もともとヨーロッパ式の教育をしていた。
だから何人かいれば、その中には、英語がわかる人が必ずいるみたいだね。

この調子ならば、特に問題はないだろう。
僕はバスターミナルの待合室で、バスを待って、ひたすら本を読んでいました。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD