『謎の「みどくつ名刺」@燕京号/神戸から天津』


【燕京号にチェックインすると女性服務員さんが部屋へ案内してくれる】

注)これから旅を続けていろんな人に出会いますが、その人たちのキャラクターや行動は必ずしも現実のままとは限りません
数人のキャラクターをいっしょにしたり、現実では起きなかった行動をとらせることがあることを注意しておきます。
特に、「これは僕のことだろうけれど、僕はこんな事はしなかったよ」と怒らないでください。
この文章は芸術作品なのですから。
登場人物の名前などはもちろん、変えてあります。

バックパックを背負って、燕京号に入る。
レセプションデスクの前に、ミスコンテストの優勝者がするような、何やら文字の書いてある赤い布を肩から斜めにかけた、若い中国人女性たちがずらりと並んで、僕を迎えてくれる。

「なるほど、これがミス甘栗のみなさんかー。乗客を迎えるために、わざわざ天津からやってきたんだね。ミス甘栗の歓迎という僕の予想は当たった!」と思った。
実は、彼女たちはミス甘栗でもミス天津でも南極2号でもなく、船内の案内をする服務員さんたちだった。

わざわざ一人一人、丁寧に船室に案内してくれる。
僕の船室は、下から2番目のランクの「二等客室A」という、二段ベッドが並んだ部屋で、僕のベッドは下段。

部屋の定員の半数しか乗客がいないので、上段には人がいない。
人が少ないと、なかなかゆったりと感じられるね。

ベッドには清潔なシーツも毛布もあり、本を読むためのライトもあるし、カーテンも付いていた。
試してみると、このカーテンは、隙間なくぴたりと閉まって、外からはまったく中が見えない。

これなら、プライバシーが守れるね。
カプセルホテル並みかな。

ま、テレビはベッドに付いてないけど。
一番安い二等客室Bになると、和室で雑魚寝状態なので、プライバシーもないし、本も読めない。

そこに泊まった人に聞いたら、子供が騒いでうるさかったり、他人の話し声が気になって眠れなかったりしたとか。
料金的にもその差はわずか2000円なので、二泊することを考えれば、僕はこちらの二等客室Aをお勧めします。

部屋には別に棚が作り付けになっていて、一人一人が荷物を置けるスペースが確保されている。
僕は、自分のバックパックに南京錠をかけて、その棚に置き、さっそく船内探検に出かけようとした。

が、ちょっとその前にすることがあるのに気が付いた。
近くのベッドの人に、挨拶をしておこうーっと。

これは、もちろん、常識のある大人としての礼儀ということある。
だが、旅の情報が手に入るかもしれないという期待もないわけではない。

でもまあ、さしあたり、安全のためだね。
新しい環境に入ったら、そこに居る人と少しでも知り合っておけば、ぐっと安全になる。

たとえば、荷物を気にしていてくれたりするってわけね。 
僕のベッドの奥に、二人いっしょらしい学生風の男性がいる。

そこで、「こんにちわー。二日間いっしょになりますが、よろしくおねがいしまーす」と声をかけた。
あとは旅行者の間の普通の会話を続ける。

彼らも東京から来たというので、どうやって来たかとか、朝一番の新幹線に乗るのに早起きした、程度のこと。
お互い眠いですね、とかのあたりさわりのない話だ。

ここで注意しておかなければならないのは、最初からあまり深い話をしないことだね。
一緒に過ごす時間が沢山あるのだから、ここでは、顔合わせにとどめておいたほうがいい。

会話の下手な人は、初対面のときから、話しすぎる傾向にある。
出身地や、仕事、旅の目的などを変にしつこく追求しがちになるが、これは、まずい。

相手がしゃべりたかったら、しゃべらせればいいが、こちらから聞くのは旅ではタブー。
特に、もともと、長期旅行者などというのは、日本社会のオチコボレに決まっているのだ。

そこを、変に追求すると、(旅行経験のない人は)泣き出したりするし、(旅行経験が多ければ)ぺらぺらと嘘をつき始める。
僕もあちこちで「なにをしているのですか?」とか「旅の目的は」とか、真剣に聞かれたりすることがある。

そんなことを見ず知らずの人間に詳しく説明する義務はない。
こういうことを聞こうとする人間は、社会経験のない、世間知らずだ。

将来も付き合うことのない、出会ったばかりの人に、自分の本当のことを説明するのは意味がない。
ただ、普通の話の流れで、どちらへ行くんですかとか、なにを見に、なにをしに、という話になることはある。

その時も、相手が話したいレベルにとどめておいて、深く聞き出そうとしてはいけない。
会話のコツは、相手にとことん合わせることだ。

聞いてほしい場合は、相手が話をそっちへ持っていこうとする。
そこで、相手の言いたいことを察して、こちらから聞いてあげるのが親切だ。

人間というものは、とにかく個人個人に、必ず自分の自慢したいものがある。
そこを徹底的に誉めてあげると、喜ぶようになっている。

しょせん何を言ったところで、格好つけたところで、人間なんて、単純なものなのだよね。
彼らの場合も、ただの旅行ではなくて、なにかの研究のために行くのだそうだ。

ただの旅行ではなくて、研究のための旅行というならば、そこが自慢で、そこを褒めて欲しいってこと。
僕は「最近の学生は遊んでばかりだと聞いていますが、あなたたちのように、まじめな学生さんもいらっしゃるんですねー」と驚いてあげる。

さらに、彼らは東大生だったので、「東大ですか!それはすごいですねー」と、びっくりしてみせた。
僕も現役のときに東大を受けて落ちて、東大の試験が中止になった1969年に京大に入学したから、東大生にはいい感情を持ってないんだけどね(笑)。

僕も、ここらで話を止めて、あっさり引き上げればよかったのだが、僕は常に話のネタを数個持っているので、うっかり披露してしまう。
それは、新幹線の予約をしに行った時のオモシロ話。

朝一番の新幹線で新神戸に来るために、前日に新橋駅の「みどりの窓口」に行ったら、「16日の朝一番の新幹線は満員」と言われた。
しかし「そんなはずはない」と、田町駅で聞いたら、席はちゃんとあった話。

さらに、田町駅で発行された指定席券をチェックすると、その日付が間違っていた。
「最近のJRは本当にいいかげんだなー」という話だ。

この話に、「でも、(きっといいかげんであろう)中国旅行の練習になってるのかもしれませんね(笑)」とオチをつける。
下手に話を盛り上げてしまったので、僕に興味を持った一人の学生が名刺をくれた。

うーん。
こうなると、こちらも名刺を渡さなければならないが…。

実は、僕は名刺を用意している。
それは、僕の名前とe-mailアドレスと、ホームページアドレスをちゃんと印刷してある、金のかかったきちんとした名刺だ。

ただ、一番上に、「チョー百カ国世界旅行者みどりのくつした」とあって、その下には、舌をベローンと伸ばした自筆のカエルのイラストが描いてある。
どう考えても、普通の中年男性が持つものではない。


【これが「みどくつ名刺」だ(上が古いやつ、下が新しい名刺)】

しかし、相手の名刺をもらったら、こちらも名刺を渡すのが、世間の常識。
僕の名刺は、わざわざそのために作ってあるので、電話番号も、住所も書いてない。

僕のような本格的な旅行者になると、旅先で出会った人から、また是非にも会いたいと、住所や電話番号を聞かれたりすることが多い。
そのために、わざわざこの名刺を作ったのだ。

「僕は住所を変わるかもしれませんし、電話は常に留守番電話になってて(これはホント)、居ても出ませんから、連絡はe-mailでしてください」と、住所も電話番号もないのを説明しながら、渡すことにしている。

旅先で出会っただけの人に、本当の住所や電話番号を教えてはいけないというのは、これは、旅の基本なんだね。
それに、名刺には、僕のHPアドレスがあるので、アクセスが増えることも期待できる。

それで、「みどくつ名刺」を渡す。
すると一人が、名刺を見るなり、「チョー百カ国世界旅行者…」と言ったきり、黙りこくってしまった。

とたんに僕の信用が無くなったようで、なんとなく、話が続かなくなる。
僕は冷たい空気を感じて、「それじゃ」と彼らを残し、船内探検に出かける。

ちょっと失敗したかもしれないが、今の僕の状況では、理科系の東大生と結びつくところがないので、彼らはどうでもいい。
旅では、失敗はすぐに取り返せる。

だって、次々と新しい人に出会うので、以前出会った人のことなんか、すぐに忘れてしまうのだから。
それに、これから調べることが、沢山ある。

まず、天津から北京への直通バスというのが存在するのかどうか。
料金は、時間は?

そして、北京に着いたとして、それからどうしたらいいのか、ホテルはどこに泊まるのか。
でも、海外旅行用の「みどくつ名刺」は、しばらくの間使わないで、封印しておこうーっと!

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx