白馬塔(White Horse Dagoba)@敦煌/甘粛省/中国

【敦煌ツアーで行った白馬塔(White Horse Dagoba)@敦煌】
敦煌1日ツアーの午後の部に参加した僕は、まず、敦煌故城へ行った。
敦煌故城から敦煌の町へ戻る途中に、バスがちょっと立ち寄ったのが、白馬塔(White Horse Dagoba)。

ここは、鳩魔羅什が仏典を運ばせてきた白馬が死んだところだとか。
塔があるだけだが、ここも入場料を取る。

【白馬塔(White Horse Dagoba)の全景/塔の高さは12mだとか】
1人12元と言われたが、外から見えるので行ってもしかたがない。
入らないでいると、1人6元に負けてくれた(でももちろん入らない)。

白馬塔の店で、コカコーラが5元と言われる。
だいたいビールの大瓶が3元なのに、コーラが5元は高すぎる。
これも「高い!」と言うと、4元になる。
まあもともと吹っかけているのだろう。
しかし、西涼(ビール)の大瓶は1本3元で、よく冷えていた。
旅人と言うものは、ビールを飲みながら旅したいもの。
景色も、酔っ払っていると、よりいっそうきれいに見えるからね。
でも、アルコールが入ると、とたんに動けなくなる。
メモを見ると、敦煌故城で知り合った日本人と中国人の旅行者2人とビールを飲んだはずだ。
この時ビールを飲んだのが、後々たたることになる。

というのが、この次に向かったのが、鳴沙山という大きな砂丘だったからね。
砂丘に行けば、その頂上まで登りたいと考えるもの。
僕はもともと砂丘に登ろうとは考えていなかった。
ただ、僕は日本人なので、他の人がみんな登り始めたら、登っていくんだよなー(涙)。

もともと若くないのに、ビールを飲んでしまうと、身体がクターッと疲れてしまう。
そんな状態で、細かな砂の斜面を登るなんて、とてもとてもできるものではないよ。

ただ、砂山を登るのには、僕の場合、ある特殊な条件が存在した。
それは、次の「鳴沙山/月牙泉」で語ろう。

【旅行哲学】「鳩魔羅什」は、確か世界史で記憶した名前だったので、ちょっとうれしかった。やはり勉強はしておくものだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD

xxx