『天壇公園の南門を出て、途中で景泰賓館をチェックして、旅に出る前の情報収集を哲学して、京華飯店へ』

【世界旅行者@圜丘/Round Altar(1999)】
1999年7月20日。
ホテルの旅行社に依頼した切符が取れれば、7月22日の夜に北京を発つ成都への列車に乗る。

そこで手っ取り早く、見るべきところを見てしまいたい。
北京といえば、故宮、天安門広場、それから万里の長城が浮かんだ。

だからとにかく、故宮を見に行った。
ホテルからバスで前門へ行き、天安門広場、故宮を見る。

そのあと、休みもせずに、故宮の神武門から王府井、北京飯店、天安門広場、前門、前門大街、天壇路、天壇公園と歩き、圜丘で写真を撮ってもらう。
一日の観光としては、これで十分。

ずいぶん歩いたよ。
天壇公園の南門を出て、北京の地図を見る。

【天壇公園の南へ出る】
あとは、宿泊している京華飯店に戻るだけだが、ピタッとしたバスがない。
地図を読むと、天壇公園の南門から京華飯店まで直線距離で2km、道を歩けば3km程度だ。

3キロ程度ならば、歩いた方がいい
1時間もかからないのだから。

天壇公園は北門付近はガラガラだが、南門には人が多く、タクシーもあった。
僕はタクシーには乗らない。

ある町を見るためには、とにかく歩いた方がよくわかるからね。
僕は、例えば、バンコクのホアランポーン駅からカオサンへ、いろんなルートで何度も歩いたことがある。

だいたい1時間程度で歩けた。
ローマだと、テルミニ駅からバチカン市国まで歩いたこともある。

パリも、ロンドンも、中心地域は歩いてまわった。
海外旅行の基本は「町はとにかく歩く」、これだからね。

もちろん僕は東京でも、新宿から麻布十番まで歩いたことがある。
これはただ、深夜で地下鉄も動いてなかったので、タクシー代をケチったからだけどさ(涙)。

歩くのが重要というほかに、もう一つ、気になることがあった。
それは、天壇公園の南側にあった(いまは存在しないようだ)「景泰賓館」というホテル。

このアジア横断旅行に出る前に、北京のことは一応、調べてみた。
といっても、「Lonely Planet China」を読んで、ネットで調べる程度だけどね。

すると、この時代の「Lonely Planet China」に「景泰賓館(Jing Tai Hotel)」が、強力に推薦してあったんだ。
ネットにも景泰賓館のサイトがあったし、そこで見る限りなかなかステキな宿だった。

僕は、ネットを信用していない。
自分の目で見た方が確実だからね。

天津へ行く燕京号の中で、中国に行く人(行った人)から、直接に情報を得た方が確実だと考えた。
実際、京華飯店に決めたのは、燕京号の中で知り合った亜細亜好代(あじあ・すきよ)さんからの情報だった。

天津港から北京へ行ったのは、燕京号の中でバスの情報を得た。
それで僕が旅行者に声をかけて、4人の「チームみどくつ」をまとめたわけだからね。

海外個人旅行というものは、出発前にいろいろ調べても、参考にしかならない。
下手に情報を持っていると、現地で自分で情報を集めなくなる。

現地で、いろんな人に聞いて情報を集める。
これこそが、旅の楽しみなんだから(笑)。

【景泰賓館(Jing Tai Hotel)】
気になっていた景泰賓館の近くに来た。
ならば、そこが実際はどういうところなのか見てみたいって思うよね。

地図を見ながら歩き、景泰賓館のある小道へ入ってみた。
それが上の写真だ。

特に悪くはないが、「周囲の環境がすばらしい」という「Lonely Planet」の説明には納得できなかった。
それに、このホテルからだと、天安門広場へ行くのが大変じゃないか、と考える。

一応気になっていたことが、解決したわけだ。
ところでだよ、最初から情報を集めなければ、このホテルのことが気になることもなかった。

すると、旅に出る前に細かい情報を集めること自体が、無駄だった、間違いだった、ということではないかな。
情報を知るのは必要だが、無駄に細かい情報を集めると、旅自体がダメになってしまうよ。

【京華飯店】
景泰賓館を見たあとは、すたすたと歩いて、京華飯店へと戻りました。
天壇公園南門から、景泰路を南へ歩き、西へ曲がって、景泰賓館を見るためにちょっと寄り道をして、京華飯店へ戻るまで45分かかった。
懐かしい京華飯店が見えて、写真を撮った。
自分で2泊もしていると、京華飯店を見ると、自分の家のような懐かしさを覚えるね。

僕は世界中に泊まった宿がある。
とすれば、僕には自分の家が何百とあるってわけだね(笑)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx