ウルムチからカシュガルへバスで行くのは疲れるから、飛行機を使う理由付けをする。@ウルムチ/新疆/中国

【僕の著作で2番目に自信がある「大人の海外個人旅行」】
1999年8月8日、トルファンからウルムチへバス移動して、「紅山賓館」308号室にチェックイン
バスがウルムチのバスターミナルへ着いたのが、午後1時8分。
タクシーで紅山賓館へ行ってチェックインしたのは、午後2時前。
本当はゆっくりと部屋で休みたかったが、やらなければならないことがある。
とにかくまず、明日の移動を考える。
僕の場合は、パキスタン、イランを通過するアジア横断旅行を予定している。
僕は、パキスタンのビザも、イランのビザも、東京の南麻布の大使館に自分で足を運んで、自分で書類を書いて、自分の力で取得している。
中途半端に、旅行代理店なんかに頼ってはいない。
このアジア横断旅行に出た理由は、もともと「日本のガイドブックに、個人では取れないと書かれていたイランビザが取れたから」なんだよ。
だから、僕がパキスタンと、イランというルートを取るのは、神によって決定されている。
ウルムチからカシュガルへ行くのは間違いない。
さて、その移動手段が問題だ。
ウルムチのバスターミナルについたとき、ウルムチからカシュガルの寝台バスを見た。
かなり汚いバスだったが、問題はバスの整備状況だね。
ウルムチからカシュガルまで「36時間かかって、443元」だそうだが、この時代の中国のバスは、あまり信用できない。
バスを避けるとしたら、飛行機を使ってもいい。
飛行機の運賃、状況をチェックしに、「新疆航空公司」へ歩く。
ウルムチからカシュガルまでのフライトがあって、980元(1万5千円)。
飛行機は、この間を約1時間半で飛ぶ。
先ほどチェックした、寝台バスの料金が443元(6645円)で、36時間かかる。
正直バスに乗るのは疲れた。
それに、今日のトルファンからウルムチのバスでもわかったとおり、別にすばらしい風景が見れるわけでもない。
36時間のバス旅は、やってもいい。
いままでも、その程度の長距離バスには、たくさん乗った経験がある。
つい数日前も、チベットのラサからゴルムドへの公称24時間のバスに乗ってきたばかりだ。
24時間といわれたバスが、実際は30時間かかった。
噂では、バスが故障して、50時間かかった人もいるのだとか。
ウルムチからカシュガルの36時間のバスは、何時間かかるかわからない。
ひょっとして、バスはカシュガルに、永遠に到着しないかもしれない。
実は、これは常識だが、旅で倒れるのは、長期旅行者の本望だ。
本格的な旅行者はみんなわかってる(そう望んでいる)ことだけどね。
僕は昔、インド旅行中に(たぶん肝炎で)体調がすごく悪いのに、日本に帰らず、スリナガルへ行って、そこで倒れた旅行者の話を読んだ。
日本に戻って平凡な生活を送るくらいなら、旅先で旅人として、命を終えたいと考える。
日本でダラダラと定年まで会社勤めをして、ちょっと浮気でもした(笑)ことを思い出に、一生を終えるのでは、あまりに寂しい。
旅先で倒れるのはいい。
だが、カシュガルからパキスタンのフンザへのカラコルムハイウェー、そしてクンジュラブ峠を通らずに、砂漠で倒れてはだめだ。
このアジア横断旅行は、クンジュラブ峠越えがメインなんだから。
クンジュラブ峠こそ、世界中の旅人の憧れ。
僕は、すでに世界一周旅行を2回もしている。
最初は、1987年9月から1990年5月までの2年8か月の世界一周旅行
これはすばらしくて、他の誰にもマネの出来ないものだった。
だって、日本のバブルの最盛期に、2年8か月も連続して、世界中を旅していたんだよ。
しかも、よくいる頭の悪い日本人旅行者とは違って、僕は京都大学工学部を卒業している。
ロンドンでは英語学校に通って、普通の日本人は、いくら勉強しても、まず合格しないケンブリッジ英検特級(CPE)を取った。
ケニアのナイロビでは、フランス語学校に通った(フランス語検定2級は、とっくに日本で取っていた)。
旅をするのに不自由しない程度のスペイン語は、日本で学んでいたし、バルセロナの語学学校インターナショナルハウスで学んだ。
中南米旅行の途中で、グアテマラのアンティグアでスペイン語の個人レッスンを受けた。
もちろん、中南米旅行のときは、スペイン語を使っていたし、なにしろロサンゼルスのダウンタウンではスペイン語の方が通じたしね(笑)。
そして、世界一周で旅し残したところを、1996年の2回目の世界一周旅行で、片っ端から潰していった。
だから二回目の世界一周旅行は、「アフリカ縦断旅行」「東欧中心のヨーロッパ旅行」「ロサンゼルスからメキシコ、キューバ旅行」となったわけだが。
すでに2回も長期世界一周旅行をした僕にとって、アジア横断旅行は、それほどの重みはない。
ただただウザッタイ、アジア大好き程度の素人旅行者に、大きな顔をさせないためなんだよ。
僕がこの「アジア横断旅行」に出たのは、「アジア横断程度をやっておかないと、中途半端なアジア大好き旅行者に旅自慢されたときに、軽く潰せないのもカッタルイ」という素直な気持ち。
だから、ウルムチからカシュガル程度の、どうでもいい行程で、命の危険を冒しては馬鹿だ。
こういう立派な理論を立てて、僕はウルムチからカシュガルを飛ぼうと考えた。
それと、このアジア横断旅行が、全部陸路海路ならば、無理をしてでも、意味がなくても、この部分をバスで移動する価値がある。
ただ、最初の予定になかった、チベットに行った。
この時、成都からラサに、飛行機を使ってしまった。
日本からアジアを横断して、トルコまでを、全部地球の表面を通る旅は、すでに成立していない。
だったら、飛行機を使うのも、それほどの迷いはない。
一度イケメンに軽く唇を許した女子高生が、中年のキモイおじさんにベロチューされても、耐えられるような話だ。
よし、これで、僕がウルムチからカシュガルへ飛ぶことは、許される。
この立派な理論構成が出来たから、飛行機で飛ぶことは、何の問題もない。
紅山賓館の並びのレストランで夕食を取った。
冷肉(12元)、マーボ豆腐(10元)、ご飯(1元)、新疆ビール(3元×2)の計29元(435円)。
これはまあまあの味だった。
明日やることは決まった。
決まったどころか、明日航空券を買って、カシュガルへ飛び、カシュガルのホテルに泊まる。
もちろん、航空券の予約もしてないし、ましてカシュガルのホテルもどこに泊まるか、決めてない。
でも、それで何とかなる。
いままでも、何とかなってきたし、何とかなるはず。
だって、この何も決まってない、浮遊した感覚が、本当の旅なんだから。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD