北京で別れた旅仲間と再会し、中央アジアへ向かう旅行者と一緒にビールを飲んで、フライトまでの時間を潰す@ウルムチ/新疆/中国

【僕の著作で2番目に自信がある「大人の海外個人旅行」】
1999年8月9日、トルファンの紅山賓館308号室で、すっきり目覚める。
今日は、カシュガル行き航空券を購入して、飛んでしまえばいい。
昨日新疆航空のオフィスへ行って調べたところ、ウルムチからカシュガルの航空運賃は、980元だった。
航空会社のオフィスへ行く前に、中国銀行へ足を運んで、両替する。
中国銀行が開くのが、午前9時だったので、荷物を整理したりして、時間を潰した。
9時45分に銀行へ行き、両替する。
2万円の現金が、1401.90元になる。
燕京号で1万円を替えたときは、660元だったから、1999年の夏は、順調に元は値下がりしていたわけだ。
というか、円が対ドルで、少し上がったのだろう。
元は米ドルとリンクしていたはずだから、こんなに変動するはずがないからね。
新疆航空のオフィスへ行って、航空券を買う。
昨日聞いたとおり、料金は980元。
ウルムチ出発が、今日の20時(午後8時)。
カシュガル到着は、21時50分の予定。
この時刻表は、壁に立てかけてあった黒板に、チョークで書いてあった。
発券の時になって、コンピューターがダウンする。
しかし、今日のフライトなので、窓口の女性が、どこかへ電話をかけて、手書きで発券してくれた。
窓口の女性の一人が、英語を片言話せたし、まあまあ親切だったよ。
ちょっと手間取ったが、オフィスには他に客がいなかったので、午前11時前には、予約済みの航空券を手にした。
空港へのアクセスは、このオフィスから、リムジンバスが午後6時に出るという。
ホテルに戻って、バックパックをまとめ、チェックアウトする。
バックパックは、ホテルに預け(1元)て、引き換えの番号札をもらう。
フライトまでの時間潰しを考えていると、ロビーで、「西本さ〜ん♪」と声がかかる。
振り向くと、燕京号で最初に僕が声をかけて、写真を取ってもらった日本女性だ。
この旅行記では、亜細亜好代さんと呼んでいる。
彼女は北京の京華飯店で別れた。
北京で、中央アジア諸国のビザを集めると言っていた
ウルムチは、鉄道でカザフスタンの首都アルマトイと結ばれているので、ここを中央アジア旅行の起点にする人も多い。
話では、北京でカザフスタンのビザをもらうのに、3週間かかったそうだ。
確かに僕が、北京を出たのが、7月19日。
今が、8月9日だから、3週間たってる。
だとすると、ずーっと北京にいたのかしら。
そこは僕はそれほど興味がなかったので、深く追求しない。
昼ごはん時なので、一緒にホテルの周辺をうろついて、ケバブレストランへ入る。
串焼きの肉が1本1元。
2人で串を10本、ビール(3元)を3本飲んだ(合計19元)。
さらに、日本人男性旅行者2人と会った。
いい暇つぶしになると、4人で「JOHN'S CAFE」に行く。
昼ごはんは食べたあとだったので、ビールを飲んで、海外旅行の話。
彼ら2人も、ウルムチから鉄道で、中央アジアに入るとのこと。
この時期は、中央アジアが流行していたのかもしれない。
ビール4本(4本×3元=12元)飲んだが、これも僕がおごった。
僕はすでに中央アジアを旅している。
ただ、「中央アジアツアー」に参加しただけなので、個人旅行者と話は合わない。
情報の質が違うので、互いに役に立たないんだ。
ツアーだと、ホテルや乗り物はツアー会社任せ。
ビザも取ってくれるので、個人旅行者が知りたいような情報は持ってない。
僕は、正直言うと、中央アジアを旅するのは、たいして面白くないと考えている。
僕は基本的に、サマルカンドへ行きたかっただけ。
ただそれだけのために、わざわざ中央アジアを個人旅行するというのも、大げさだと考えたからね。
長期海外旅行者というのはとにかく暇なので、いろんなことを話して、だらだら時間を潰した。
ウルムチの観光について話した。
昨日ホテルに着いたときに、ロビーの客引きが、名刺をくれて、「天池ツアー」に誘ったっけ。
実は僕は「天池」については、「これが正しい海外個人旅行」で書いている。
なぜ詳しく知っているかというと、僕の尊敬する大作家、胡桃沢耕史先生の「天山を越えて」の最後が、天池へ行く話だったから。
ただ僕は、中央アジアの奥地ウルムチで北欧のような湖を見るのは、場違いだと感じていたので、そう書いた。
まあ、ウルムチ自体にはちゃんとした観光資源はないので、「天池ツアー」か「トルファンツアー」に参加することになるだろう。
あとは遊園地の「紅山公園」が山の上にあって、町を歩いていると、よく見えた。
しかし、ただの遊園地らしいので、よほど暇でないと、わざわざ行くことはないだろうね。
午後5時になったので、僕は席を立つ。
「僕はこれからカシュガルへ行くので…」と、挨拶する。
旅人だから、「またどこかで会いましょう」との言葉を交換する。
ただ、彼らとは二度と会うことはなかった。
というのが、僕は基本的に人の顔を覚えないので、向こうから声をかけてくれないと、わからないんだよね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD