ウルムチから、新疆航空XO9903便でカシュガルへ飛び、知り合った香港カップルと、其尼瓦克賓館を値切って泊まる。@カシュガル/新疆ウィグル自治区/中国
ウルムチの「John's Cafe」で、カシュガルへのフライトを待っている。
神戸から天津への船、燕京号で一緒だった女の子と、北京で別れたが、ウルムチの紅山賓館で偶然再会した
また、やはり中央アジアへ向かう日本人旅行者2人と出会った。
JOHN'S CAFEで、4人でビールを飲みながら、旅の話をして時間を過ごす。
互いの無事を祈って別れ、僕は17時30分に航空会社のオフィスへ行く。
午後6時に、このオフィスから空港への連絡バスが出ると聞いていた。
オフィスで待っていると、5時50分に、おばさんがバスの切符を売りに来た。
バス料金は8元(120円)。
6時のバスは、6時3分に出発。
6時37分に、ウルムチの空港に到着。
空港では、空港税を50元取られる。
国内線の空港税が、50元(750円)とは、かなりのボッタクリだ(もちろん外国人向けの税金だろうが)。
午後8時のフライトまで、本を読んで時間を潰す。
余裕を持って、鉄道駅、バスターミナル、空港に着いて、時間潰しに本をゆっくりと読むのが、僕は大好きだ。
待合室で本を読んでいると、空港売店の女の子が、話しかける。
写真のあるガイドブックと地図を持って、日本語で「2000円!」と売りに来たわけだ。
もちろん買わないが、断ったら、値引きしてきた。
中国の中の資本主義は、順調に、隅々まで浸透し、成長しているようだね。
僕の乗る飛行機のフライトナンバーは「XO9903」。
新疆航空の航空会社2レターコードが「XO」だというのは、話のネタになるからとノートに控える。
このフライトの値段が980元(1万4千円くらい)で、出発が午後8時予定。
僕は、昨日トルファンからのバスでウルムチへ着き、飛行機のことは調べていたが、ちょっと迷っていて、切符を買わなかった。
フライト当日の今日になって、最終的に飛行機を使うと決めた。
オフィスへ自分で行って、航空券を買った。
飛行機は定刻どおりに出発する。
機内はほぼ満員で、予定通り、午後8時(20時)発。
何度も書くが、中国は北京時間を使っているので、西の方では、日が暮れるのが遅い。
夏のカシュガルになると、午後10時ごろにならないと、暗くならない。
非公式の新疆時間というものがあって、中国の標準時間、北京時間より、2時間遅れている。
でも、ここでは、北京時間で書いています。
僕のシートが窓際の10A。
飛行機が砂漠の上を飛んでいるときは、まだ明るいので、地上の様子がよく見えた。
よく見えたとは言っても、見えるものは、砂漠(土漠)と、一本の道だけだ。
あんな何もない一本道を寝台バスで行かなくてよかった♪と、心から思うね。
カシュガル着は21時36分。
ウルムチからカシュガルまでのフライトは、約1時間半というわけだ。
カシュガルの空港で、市内へのバスを捜す。
いろんな人に聞いて、空港バスがあるはずの所へ行く。
バスは確かにある。
が、動く気配もなく、また客もいない。
中国では(世界中どこでも)、こういう時はバスは動かないと考えた方がいい。
空港バスが動くのは、飛行機が到着した直後の、今しかないはずだから。
バスに乗ろうと考えているのは、僕の他に、中国人らしいカップルがいるだけ。
服装から、海外からの旅行客だと考え、英語で話しかけてみる。
その通り、彼らは、香港から来た旅行者だと自己紹介した。
バスをしばらく待ったが、諦めて、3人でタクシーをシェアしてカシュガル市内へ行こうと提案する。
全体的な印象から、彼らはかなり金がある、お坊ちゃんお嬢ちゃんらしい。
年齢は、20歳代後半というところか。
僕がカシュガルで泊まるところは決まっている。
「Lonely Planet」にある其尼瓦克賓館(Chini Bagh Hotel)だ。
この時期、カラコルムハイウェーを行くバスが、このホテルの敷地内から出ると聞いていた。
暇つぶしに旅の話をしていると、カップルもクンジュラブ峠を越えて、パキスタンへ行くという。
それなら、一緒に行動した方が、何かと便利。
3人でタクシーをシェアして、其尼瓦克賓館へ行くことに決める。
彼らは、少し迷っていたが、僕の持っている「Lonely Planet」のカシュガルのページを見せたら、すぐに納得した。
カップルの持っているガイドブックは、僕の知らないものだった。
「Lonely Planet」が気に入ったらしい。
これから(といっても、フンザまでだけど)、いつも僕の「Lonely Planet」を読ませてくれと、言ってきた。
それが面倒だったのが、彼らとの一番の記憶だ。
でも、彼らと一緒に、フンザからラワルピンディへ移動することになるので、互いに助け合ったということでしょう。
空港からホテルまで、タクシー料金は30元。
タクシーで自己紹介しあって、男性がディビッド、女性はカルメンという名前だと知った。
ホテルについたときは、日が落ちて、真っ暗になっていた。
このホテルは確か、いくつかの建物があって、それぞれ入り口が違い、料金も違っていたと思う。
ただ、僕たちは、タクシーが送ってくれたホテルに入る。
日が暮れてから、ホテルに飛び込んだわけだから、部屋があるかどうかが問題。
僕がフロントに行って、部屋があるかどうか、値段はいくらかを聞く。
ツインの部屋はあったが、料金が260元(3900円)だ。
高いので、泊まる決断ができず、カップルと相談する。
多分このホテルには、ドミもあるだろうし。
僕はもともとユースホステラーなので、ドミで泊まること自体に抵抗はない。
ただ、寝ながら本を読むという、究極の贅沢ができないというだけだ。
デイビッドは、すぐに僕と交代して、フロントの人と大声で交渉し始めた。
あっという間に、新館のツインルームの料金260元(3900円)を、180元(2700円)まで値切ってくれる。
180元なら、僕としては高いが、まあぎりぎり我慢できる値段だ。
それに、バスに乗って、とっととパキスタンへ行くつもりなので、長く泊まることもないだろうし。
さすが中国人、ディビッドは強引なのがいいんだよなー。
これから彼に任せると、ホテルは常に値切り倒すので、僕はずいぶんと助かったよ。
彼の値切りテクニックが、この旅行記に、何度も出てきますから、お楽しみに。
部屋は、バス(シャワー)トイレつきで、豪華ではないが、普通にきちんとしてました。
部屋に荷物を置いてロビーに下りる。
とにかく、クンジュラブ峠越えの情報を入手しなければ。
驚いたことに、ロビーに、日本人旅行者がたくさんいるのを発見。
北京以来の日本人集団だ。
軽く聞くと、「ここ2週間ほどクンジュラブ峠への道が閉じている」とか。
パキスタンに移動できない日本人旅行者が、溜まってるんだ。
おいおい、こりゃ大変だ。
ここまでやってきて、クンジュラブ峠を越えられなかったら、いままでの旅は無だよ…(涙)。
しかし、僕なら、何とかできるのでは?
僕が何とかしなくても、神に愛されている世界旅行者がカシュガルに来れば、神の恩寵があるのでは?

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD