トルファンからウルムチへバス移動し、紅山賓館308号室にチェックインして、カシュガルへのフライトを調べに出る。@ウルムチ/新疆/中国

【僕の著作で2番目に自信がある「大人の海外個人旅行」】
1999年8月8日、トルファンの高昌賓館(Gaochang Hotel)208号室で目覚める。
今日は、ウルムチへ移動しさえすればいい。
トルファンからウルムチへの移動では、鉄道もあるが、バスが便利だ。
だって、4時間程度で移動できるし、バスの数も多いので、予約の必要もない。
バスターミナル(汽車駅)はトルファンの町の中にあり、歩いていける。
トルファン鉄道駅から、タクシーに乗って、最初に行ったホテルが「交通賓館」だったが、ここがバスターミナルだ
ホテルで朝食を取り、ホテル代の清算をする。
8月6日にチェックインしたときに、部屋代(160元)とデポジットをあわせて、200元払っていた。
2泊したので、合計320元。
不足していた、120元を支払う。
ホテル料金に含まれている朝食をゆっくりと取る。
ウルムチまで4時間程度とガイドブックに書いてあるので、余裕がある。
今度のアジア横断旅行では、これまで、北京から成都への硬臥(二等寝台)での2泊3日の鉄道旅行をした。
ラサからゴルムドへの寝台バスの旅は、30時間だった。
ゴルムドから敦煌は、昼間のバスで12時間
そして、敦煌からトルファンへは軟臥(一等寝台)で10時間かかった。
それに比べると、昼間のバスで4時間ちょっとくらいは、楽なものだ。
ウルムチの実際の時間(新疆時間)は、北京よりも2時間のズレがある。
だから、8月の始めだと、夜の9時半ごろまで明るい(敦煌では午後9時ごろ日が沈んだ)。
活動する時間はたっぷりある。
僕は、高昌賓館の朝食をゆっくりと平らげて、バックパックを背負い、バスターミナル(汽車駅)へ歩く。
トルファンからウルムチへの豪華バスが、運賃23元保険料1元の合計24元(360円)。
僕のノートを見ると、「昨日の親子3人といっしょ」とある。
昨夜の夕食が盛り上がらず、早めに終わったので、バスターミナルをチェックしに行ったのだと思う。
さすが「豪華バス」だけあって、僕のバックパックは、(バスの屋根ではなく)バス後部の荷物室に入れられた。
午前8時37分出発。
ここでも、バスターミナルを出たところで、何人か乗り込んで、席無しに通路に座る。
これも員数外の乗客で、ラサのバスターミナルでもあったことだ。
トルファンからウルムチの道路は、きれいに舗装されていた。
なにしろ砂漠の中を突っ切るわけで、一直線で、スピードが出る。
風景といえば、砂漠だけ(ただの土漠で砂丘なども見えない)。
ちょっと印象に残ったのが、発電用の風車がたくさん立っていた横を通ったこと。
それ以外は何の感動も珍しい風景もなく、ウルムチへ到着。
ウルムチのバスターミナルへ着いたのが、午後1時08分。
だから、僕の場合はトルファンからウルムチまで、4時間半で移動できたわけです。
ウルムチのホテルに泊まって、トルファン一日ツアーをすることもよくあるらしい。
夏だったら日も長いし、トルファンツアーをてきぱきと済ませれば、日帰りできますね。
さて、ウルムチのバスターミナルへ到着して、どうしたらいいでしょう。
僕の旅行ルートとしては、ウルムチからカシュガルへいって、カラコルムハイウェーを通って、クンジュラブ峠を越えて、パキスタンのフンザに抜けるつもり。
「クンジュラブ峠(Khunjerab Pass)」は、どうしても通りたい。
クンジュラブ峠を越えることが、僕のアジア横断旅行の目的といってもいいだろう。
ウルムチは、その通過点に過ぎない。
だから、調子がよければ、とっとと今日のバスで、ウルムチからカシュガルへ行くことも考えていないではなかったが…。
ただ、バスターミナルのバスを見ると、とにかく汚い。
汚いのは、正直それほど気にならないが、整備不良で砂漠の中で立ち往生する危険がある。
手持ちの「Lonely Planet China, 6th(1998)」を読んでみる。

これは2013年版、2015年版も出ます。
すると、「ウルムチからカシュガルまで、トラブルがなければ、バスで36時間かかる」とある。
料金は、寝台バスで443元(6645円)。
こんな長距離バスがイヤだったら、短く行程を切って、砂漠のオアシス都市に寄りながら、旅することも出来るが…。
他にもいろいろ考える条件はあるし…、とにかく、いまは、決断できない。
ウルムチにとにかく一泊はしよう、と決める。
こういうときは、「Lonely Planet」を広げて、安ホテルを捜せばいいだけ。
安宿リストの最初で「Hongshan Hotel(紅山賓館)」を勧めている。
だったら何も考えず、このホテルに泊まって、問題ない。
地図を見ると、バスターミナルからこのホテルまで、1キロちょっと。
慣れていれば歩いていける距離だが、土地勘がないし、バスはとても無理なので、タクシーにする。
バスターミナルで、バックパックを背負って、ガイドブックを読んでいれば、タクシーの客引きが声をかけてくるもの。
「紅山賓館まで15元」と言われるが、これは当然ボッタクリ。
別のおとなしそうな運転手に声をかけて、メーターで行くと8.5元だった。
少し遠回りされたような気もしたが、チップを1.5元入れて、気分よく10元を払う。
紅山賓館は、町の中心のロータリーに面した、落ち着いた古い建物だった。
ホテル横の通りに、ポプラ並木があるのもステキだ。
8月の始めの旅行シーズンだと満室が多いと、ガイドブックにあったが、僕はスンナリと部屋が取れた。
もちろん満室になるのは、バックパッカー向けのドミ(1人40元)のことなんだろうが。
紅山賓館の308号室にチェックイン。
このとき、デポジットを180元はらったが、部屋代は150元だったと思う。
部屋は広くなく、掃除も行き届いてない。
が、日本の僕の部屋よりはずっときれいだ。
テレビがちゃんと見れて(中国のテレビは、50チャンネルくらい見れる)、ホットシャワーがまともに出て、しかも熱い。
ベッドランプもあり、電気がつく。
僕はこの部屋が結構気に入った。
一番いいのは、部屋の窓から、ポプラ並木が見えるところだったね。
朝からトルファンからウルムチへの移動(バスで4時間半)をしたのだから、本当は本でも読みながら、ベッドで寝ていたかった。
しかしウルムチは、日暮れまでが長い。
それに僕は、(ウルムチでやることもないはずだし)明日移動することになるだろう。
とすれば、今日中に、移動の事を調べなければならない。
部屋を出て、ホテルのロビーに行くと、「天池ツアー」の客引きが押し寄せてきて、名刺をたくさんもらう。
それはそれとして、まず、ウルムチからカシュガルへのフライト情報を、調べてみましょう。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD