【旅先の出会い】ツアーで知り合った女子大生に声をかけ、男子大学生2人と、夕食に行ったが、全く盛り上がらなかった。@トルファン/中国

【僕の著作で2番目に自信がある「大人の海外個人旅行」】
こうして、1999年8月7日、トルファン一日ツアーが終わった。
ツアーは、午前9時から午後7時までと言われていたが、実際にオアシスホテル(緑洲賓館)に到着して解散したのは、午後9時。
何度も書くが、中国の西域でも北京時間を使っているので、この時期だと、トルファンの日没は午後9時ごろになるのね。
ところで、僕は常に、なにかおもしろいことはないか、と考えている。
旅で一番面白いのは、初めて出会った人と、話をすること
旅では、観光地や遺跡を見て回ったり、変わった食事をすることも楽しみだが、普通とは変わった人と出会うのが一番面白い。
旅先の出会いは、それ自体が、刺激的だ。
日本では、知らない人と出会っても、まず話すことがない(そもそも「出会う」こともない)。
共通の話題が見つからないし、社会的背景も違う。
でも、8月の夏休み中に、シルクロードのトルファンで、一日ツアーに参加していた、個人旅行中の、日本人大学生なら、だいたいの背景はわかる。
今日、ツアーに参加して戻ってきたばかりだし、ツッコミを入れたいこともあるだろう。
「あの遺跡がよかった」「あれはボッタクリだ」などと、遺跡の評価だけでも、話すことはたくさんある。
さらには旅行者同士、自分の旅行について、語りたいもの。
どんなすばらしい体験をしても、日本に戻ったら、正直、他人の旅の話なんて、誰も本気で聞いてくれない
「トルファン」という地名だって、ほとんどの人は知らないだろう。
トルファン一日ツアーの話なんて、日本に戻ったら、誰も聞いてくれないことは、僕が保証する。
トルファン駅から一緒のタクシーに乗った、男子大学生2人とは、高昌故城で会ったときに、夕食を一緒にしようと声をかけていた。
僕は、彼らに会いに、オアシスホテルのドミに行く。
もちろん、男だけで話をしても盛り上がらないし、楽しくない(「世界旅行主義」より)。
やはり、女の子がいた方が、男性も楽しいし、女性も楽しい。
僕はいままでも、旅先で男性女性を集めて、話をして、盛り上げてきた。
僕は、学生時代に京都のユースホステルサークルに属していて、「ミーティング」という場で、ギターを弾いて歌って、場を盛り上げるのが上手だった。
ま、そういうタイプの人はいるよね(笑)。
あのころの「ユースホステル運動」は、いまは消滅してしまった。
でも、「ユースホステルで盛り上げるのが大好き」という人種は、まだ存在するんだよ(恐)。
僕はそういった人種の生き残りなんだね。
ベテランユースホステラーは、「日本人は基本的に恥ずかしがり屋で、出会いを作ることができない」と考えている。
だから、「人を集めて、自分から馬鹿なことを言って(馬鹿なことをして)、一気に場を和ませる」という究極のテクニックを持っている。
旅先で、一人ぼっちの旅行者を見ると、一緒に話をして、盛り上げてみたいと思うものなんだ。
これは、本能的なものなので、それで金儲けをしたいとか、女の子と仲良くなりたいとか、そういうのとは違う。
全くの無欲で、人を集めて楽しませたいと思う。
しかも僕は、バルセロナにも長くいたし、中南米旅行をして、ラテンアメリカ気質だ(スペイン語もしゃべれる)。
というわけで、CITS(中国国際旅行社)のツアーが終わるまえに、日本人の女の子グループに「一緒に夕食でもどう?他に大学生が2人来るよ」と声をかけた。
ドミの204号室と、集合時間を教えたのかな。
誘い方も重要で、押し付けがましいのはイヤだね。
ドミに行くと、学生2人は部屋にいて待っていた。
同じ部屋には、若い白人女性もいた。
僕は軽く声をかけて、話をしたが、食事には誘わなかった。
というのが、僕は英語をしゃべるが、日本人の学生は、まず英語をしゃべれないもの(しゃべる訓練をしていない)。
外人と英語で話をすると、日本人それぞれの英語力がバレバレになってしまう。
どんなに高い学歴があっても、留学歴があっても、英語がどれだけしゃべれるかっていうのは、話せばすぐに、誰にでもわかる。
日本人は英語が自由自在にしゃべれないとバレることが怖いので、英語をしゃべろうとはしない。
すると、全体が楽しく気楽に馬鹿話ができない。
もちろん、英語をしゃべる外人女性がいたら、僕はその外人に気を使ってしまう。
外人と日本人の通訳になってしまうんだ。
これだと、楽しくない。
英語を話す外人が、日本人の中に混じった場合、普通は話し相手がいないので、独りぼっちになってしまう。
英語を話す人がいても、英語が話せない日本人と英語がわかるグループに分かれてしまい、話は盛り上がらない。
だから、この時は、わざと白人女性を誘わなかったんだ。
ねー、なかなか気を使ってるでしょ。
部屋で少し待ってると、声をかけた日本女性3人のうち、1人だけがやってきた。
前にも書いているように、女子大生3人はあんまり仲が良くなくて、2人と1人に分裂しているので、1人の方がやってきたわけだ。
結局、日本人だけの、男子大学生2人、女子学生1人、それに世界旅行者1人の4人で、夕食を取りに出た。
オアシスホテルのレストランで食事をするのは、バックパッカーらしくない。
適当に歩いて見つけた、道端の食堂に入った。
僕のノートには食事内容が書いてある。
「わけのわからない羊肉のスープ」「牛肉とジャガイモ」「やさい」「焼きうどん」それから、ビール(3.5元)を4本。
料理も大しておいしくなかったが、大学生3人と僕で、ビールがたった4本しか、消費されなかった意味。
それは、全く盛り上がらなかったということ。
だって、北京の京華飯店のレストランでは、男性4人女性2人の6人で、ビール12本飲んだしね。
男性3人女性1人で、ビール4本(しかも2本は僕が飲んだ)では、話が全く盛り上がらなかった証拠(ビール代は僕のおごりです)。
その原因は、女性が最初から不機嫌で、つんつんしてたのが大きかったね。
若い女性は、それだけでモテるものだから、ちょっと愛想を良くすれば、世の中怖いものはない。
つんつんお高く留まっていても、いつかは歳をとって、若さだけでは勝負できなくなる。
そのときにモノを言うのが、若いときから積み上げてきた「愛想よさ」なんだね。
例えば、NMB48の「みるきー(渡辺美優紀)」なんかは、あの性格だけで、一生やっていけるだろうからね。
僕とは別のツアーに参加した男子学生2人の話を聞いた。
日本語ぺらぺらのウィグル人に誘われて、彼のツアーに参加したが、ウィグル人はツアー参加者を集めるのが仕事だった。
日本人2人と白人3人のツアーになって、運転手は日本語はもちろん、英語もしゃべれなかった。
時間も短くて、ツアーは早く終わったそうだ。
一緒に話をしても、あんまり楽しくはなかったが、そういうこともある。
旅がいいのは、知り合った人と別れてしまうこと。
仕事関係とは違って、人間関係が持続することもないので、感覚が合わない人と出会っても、イヤな気持ちはすぐ消える。
僕は、明日朝、トルファンを出て、ウルムチへ向かいます。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD