『司馬台長城から戻って、成都への切符を手にして、旅行会社、日本女性の海外進出について旅行哲学する』

【京華飯店403号室】
1999年7月21日午後5時、司馬台長城ツアーは京華賓館へ戻ってきた。
一緒に旅をした日本人諸君と、「今日はどーもー(笑)♪」と挨拶して、あっさり別れる。

疲れたので、部屋に戻って、ベッドで休んだ。
午後7時にロビーで待ち合わせした外見純子嬢と会う。
旅行社へ明日の切符をもらいに行く。
このときでも僕は、「切符はダメでした」という返事を予期していた。
世の中で、旅行会社ほどいい加減な商売はないんだから(笑)。
旅行会社というのは、仲介業だから、自分の失敗はすべて、他人の失敗に出来る。
客は、旅行会社の言うことを信じるしかない。
旅行会社とケンカをしたところで、負けるに決まっている。
旅行会社というものは、最初から信じてはいけない。
日本人単純で人がいいので、旅行会社の言うことを信じる人がいるらしい。
自分が旅行会社の人間になったとして、考えてみればいい。
旅行についてよく知らない人間が金を持ってやってくる。
相手は何も知らないのだから、切符にもツアーにも、いくら値をつけてもいい。
最初は適当なことを言って、とにかく金を払わせる。
あとは、「いろんな事情があって」と言い訳をして値段を釣り上げたり、契約とは違う安い内容にしたり、やりたい放題だよ。
ちょっと適当な言い訳を作れば、相手が数万円高い金を払うならば、正直に仕事をするだろうか。
誰だって料金をつり上げるよ。
または、旅行の内容を下げるだろう。

まじめな日本人として普通に生活している君ですら、金のためならば、少々嘘をついてもいいと考えている。
旅行業界という何でもありのところで金を稼いでいたら、どんなことでも言って、金儲けをしようとするのは当然だ。

最初から、旅行会社というものは、信用してはいけない。
適当なウソを言っていれば、「あの人は無理なところをがんばって切符を取ってくれたステキ人なです」と考える、単純な女の子もいるわけだ。

そのレベルの女の子は、旅行会社のウソツキの犠牲になってしまう。
これがトルコのイスタンブールにいる、詐欺旅行会社のトルコ人連中が毎日毎日、やってることなんだ。

トルコ人が日本女性を騙していると、日本女性は日本から貯金を下ろしてやってくる。
そのトルコ人は、日本女性の金で、ボッタクリジュウタン屋を始めたりするわけだ。

さらには、日本女性が日本人旅行者に声をかけて、ジュウタンを売りつける。
もちろんその本当の価値の何倍でも吹っかけるわけね(涙)。

ここでもわかるように、ジュウタンも旅行も共通点がある。
いくら吹っかけても、単純な日本人は金を払うってこと(涙)。

旅行会社もジュウタン屋も、ボッタクルから儲かるわけだ。
ボッタクらない旅行会社やジュウタン屋は、儲からないので、すぐに潰れる。

旅行会社というものは、もともとゼッタイに信じたらいけないものなんだよ。
逆に言うと、旅行会社と話をする時は、「僕はあなたを全く信用してません」と示すことが重要なわけね。

20日にも、僕はわざわざ京華飯店の旅行社へ顔を出して、「明日ちゃんと切符はもらえますよねー」と、確認しておいた。
そのときに僕は、Tシャツを肩まで捲り上げて、「切符が手配できてなかったら、ただじゃあおかないぞ!」という雰囲気を出していた。

早い話、切符がもらえなかったら、旅行会社のテーブルをひっくり返すくらいの脅しをかけていた。
これくらいしないと、旅行会社というものは、まともな手配はしない。

午後7時を少し過ぎて、外見嬢と一緒にホテルの旅行社へ行った。
すると、僕が唯一信用している中国人女性の「Li Mei」嬢が切符を渡してくれた。

中国人の男はいい加減で信用できない。
中国人女性は、中国人男性よりも有能で信用できる。

責任ある地位にも着いて、頼りない男をこき使っている。
実は、日本でも、女性の方が有能な人が多い。

日本では、女性はいつまでたっても、どんなに有能でも、男性の下と見られて出世も出来ない。
有能な日本女性は、昔は香港へ、いまは上海へ、さらには欧米諸国へと、どんどん進出している。

日本という国は、日本女性にも見限られているのだから、日本の将来は真っ暗なんだよ。
なぜこんな単純なことがわからないのかな。

日本人男性なんて、世界中から相手にされてない。
日本人男性は、何の能力もなく、セクシーでもない。

日本人男性には、体力も、気力、根性もない。
しかも、外国語能力もない。
いまの時代でも英語が話せなくても、仕事がやっていけるのが不思議だ。
しかもそれを、本気で改めようとはしない。

日本人男性は、ただ黙って、コツコツと働くだけ。
居酒屋で、会社や仕事の不満を口にしたりするが、同僚と一緒のときは、そこでも自己規制してしまう。
日本人男性は、長時間労働をすることだけが特徴だ。
最終的には、過労死する。

コツコツ働くだけで、海外で活躍できるような高い能力はない。
昔からカリフォルニアでやっていたように、庭師とか洗濯屋とか、そういう立場で生き残るしかないだろうね。

それはそれとして、「Li Mei」嬢がくれた切符をじっくりと確認する。
僕がもらった切符は「T7次列車、7月22日、23時30分北京西駅発、14号車007号、中段」となっている。

外見嬢の切符は上段かと思ったら、別の並びの中段になっていた。
まあ、向かい合わせの中段同士なのでしょう。

向かい合わせの中段同士だと、着替えするところが見えたりするかもね(笑)♪
料金は、最初の話だと、一人当たり418元+手数料50元で468元。

でも実際は、405元+手数料50元で455元だった。
安くなっているのならば、頼んだとおりの切符ではなくても、文句は付けられない。

さて、一番問題だった成都への、明日の切符が入手できた。
それならば、レストランに食事に行きましょう!

ホッとしたのか、食欲旺盛になった。
このときは、1人で食事をしたのかな。

それとも、誰かと一緒に食事をして、別々の会計をしたのか、それは記憶にない。
なぜか、ノートには細かく食事内容がメモされている。

僕が食べたのは、たまごチャーハン、ホイコーロー、野菜炒め、豆腐とトマト、それにチンタオビール3本。
これで、40.5元(6百円弱)だ♪

今日は朝から、司馬台長城を見た。
成都への硬臥の切符を入手した。

旅先では、一日に一つのことをすれば十分だ(世界旅行主義)。
だとするならば、司馬台長城と、成都への切符入手の2つでは、やりすぎともいえるかもしれないね(笑)。

あと考えるのは、明日の昼間をどう過ごすか。
でもそれは、明日考えればいい。

だって、「明日できることを、今日やってはならない(世界旅行主義)」のだから。
Don't do today what you can do tomorrow!

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx