『燕京号は、神戸港を出て、2泊3日の旅を終えて、天津港へ入る』@天津/中国


【天津港フェリーターミナル/中国】

天津の港の入り口は狭かったが、奥はなかなか深く、両側にクレーンや倉庫がずらりと連なっている。
僕はそれらの一つ一つの風景を、船が滑るように進み、そして、ゆっくりと接岸するまで、デッキからずっと眺めていた。

船が完全に接岸し終わったのを確認して、デッキから下へ降りる。
すでに、船内の案内所の前に、入国審査を待つ人の長い列が出来ている。

僕も慌ててバックパックを持って、列に並ぶ。
入国審査とはいっても、日本人に対してはごく形式的なもので、するすると列は進む。

パスポートに無事入国スタンプを押してもらうと、船を降りて、次は天津港税関のビルへと歩く。
天津港は天津甘栗の輸出港として世界的に有名なので、岸壁に甘栗が山になって積んである。

港の税関のビルには、通信用らしい高いタワーがあって、そのタワーの上に大きな甘栗のモニュメントが載っていて、天津らしさを表現している。
これが有名な通称「天津の甘栗タワー」と呼ばれるもので、日露戦争のころから、天津港の目印になっているという。

税関の入り口には、「天津甘栗の町、天津へようこそ!」と、日本語の看板までかかっていた。
建物に入ると、通り抜けになった、がらんとした部屋がある。

そこが税関らしく、税関職員が中国人船客の大きな荷物を、コンクリートの床に広げて、一つ一つ細かく調べている。
「まいったなー。でも日本人はパスポートを見せればノーチェックで通れるはず」と思う。

そのとおり、パスポートを見せて、目で「いいでしょっ?」と合図を送ると、何も見ずに通してくれた。
建物を抜けると、中国女性のガイドさんが待っている。

同じ直行バスで北京へ向かう10人ほど集まると、彼女がバスへと、案内してくれた。
その途中、歩きながら、僕が「天津といえば、天津甘栗が有名ですよねー」とたずねる。

「よくご存知ですね。私たち天津人民は毎日天津甘栗を食べるので、とても健康なんですよ」との自慢気な返事がもどる。
ガイドさんがにっこり笑って、指差す先には、なんと、「天津甘栗の木」が生えていた。

甘栗が枝に、まるでブドウのような形で、たわわに実ってい、甘い香ばしいかおりを漂わせている。
ここまで読んできて、「なるほど、天津は天津甘栗の町なんだ。いい話を聞いた」」と感動した人!

警告しておきますが、そんな、なんでもかんでも簡単に信じてしまうようでは、海外個人旅行には向いてないかもしれません(涙)。

天津港税関ビルの前の広場に、僕たちが乗る直行バスが停車していた。
3千円も払うのだから大型観光バスだろう、との僕の予想に反して、ただのマイクロバスだった。


【僕たちが乗ったマイクロバス】

広場の反対側に、同じようなバスが停まっていて、他の日本人学生旅行者諸君が、大きなバックパックを背負って、わいわいがやがやと乗り込んでいる。
やはりあったか、安い闇バス!

中国の現実は、資本主義の初期段階、つまり、金が儲かる事なら、なんでもするという状況だ。
金を持っている外国人観光客がいるところには、必ず観光客相手の商売が存在するはず。

僕も、天津港から北京市内までの直行闇バスがあるのではないか、いや必ずあるだろう、と思っていた。
こちらのほうがぐんと安いはずだ。

しかし、僕は敢えて、3000円という高い金を払って、船で正規のバスを予約した。
というのは、安いだけのバスは信用できないからだ。

だから僕はわざわざ、燕京号の船内でバスを予約した。
その割には、僕らを待っていたのは、たいしたことのないマイクロバスだけど。

バスは天津から北京まで約2時間という事になっているが、これも当てにはならない。
日本製のマイクロバスとはいっても、整備点検については信用できないので、いつどこで動かなくなってしまうかもわからない。

北京まで、どれだけ時間がかかるかわからない。
何時間バスで過ごしてもいいように、出発の前に、当然、トイレに行っておく事が大切だ。

僕はガイドさんに聞いて、広場の隅にあるトイレへと向かった。
バスはまだ全員がそろっていないようで、動き出す気配はない。

僕はトイレの方向へ歩き出す。
同じバスに乗る白人美女が「トイレですか〜、わたしもいっしょにいきます」と日本語で言って、僕についてくる。

煉瓦造りのトイレでは、おばさんがドアの前に座っている。
これは、お金を払わなければいけないようだね、つまり有料トイレ。

僕はジーンズの前ポケットから、両替したばかりの中国元で膨らんだ財布を取り出して、お金を払うジェスチャーをする。
おばさんは、指を三本立てて、僕と白人女性に示す。

3元とすると、一人45円(この時期、一元を15円と考えることにする)ということか。
少し高いなー、と思ったが、女の子の分とあわせて払おうと、手持ちのお金で一番小さい20元札を出す。

おばさんは困ったような顔をして、たくさんのお札を戻してくれた。
トイレの値段は、実は、一人三角だった(一元=10角なので、二人で10円ぐらい)。

トイレから出てきた白人女性は、僕に「いくらでしたか、お金を払います」と、英語で言った。
「いいですよ。ちょうど細かい金が欲しかったし」と、僕も英語で返事をして、トイレ代をおごる。

女の子は、「ありがとうございます」と、僕にお礼を言う。
これで、僕はこの白人女性と、ぐっと親しくなった。

みんなも覚えておいて欲しいが、女性に食事やお酒をおごっても、いまでは当たり前すぎて、ほとんど感謝されず、親しさが増す事はない。
しかし、女の子がトイレに入りたいときに、トイレの料金を払ってあげると、これはポイントが高い。

一緒にトイレに行って会話をしたことで、ぐっと親近感が強まる。
僕たちがバスへ戻ったとき、広場の向こうに停車していた闇バスが、急に動き出した。

船で知り合っていた、日本人学生の拉薩くんが、「西本さん、向こうのバスが早く出ますよ〜」と、なにやら不満そうだ。
彼は、僕の言う事を信じて、高いバスに乗ってしまった事を後悔しているらしい。

「いやいや、あのバスが、僕らより早く出発するわけがないよ」と、僕は断言する。
その言葉のとおり、バスは税関の出口に移動しただけで、そこでまた止まってしまった。

できるだけ多くの客を集めようと、税関で手間取っている残りの客が出てくるのを待っているのだ。
僕らのバスは、ほとんどは日本人旅行者。

さっきの白人美女の他に、一人だけ中国人の乗客がいて、彼の通関が手間取っていた。
しかし、乗客がそろうと、まだ停車したままの、闇バスを後に残して、すぐに北京へ向けて出発進行!

バスは、天津と北京を結ぶ高速道路に入って、快調にぐんぐん飛ばす。
僕の隣に座った白人女性は、身体を僕にぴったりと寄せて、僕が読んでいたLonely Planetを見せて欲しいという。

僕は英語で会話しようとしたが、彼女は、英語よりも日本語が得意なようだ。
彼女は、日本の大学院で日本文学を研究をしていた。

彼女は東欧出身で、日本の大学院の博士課程を出て、これから国へ帰る。
北京からシベリア鉄道で、ロシアを経由して、東欧への旅をする。

僕の日本の生活は、変わり映えのしない、退屈なものだった。
でも、神戸から燕京号に乗ったら、すぐに日本人旅行者と親しくなった。

男子学生と、美人女子大生と、旅好きの日本女性と親しくなった。
4人で一緒のバスに乗って北京へ行き、今夜は同じホテル(京華飯店)に泊まることになっている。

その上、日本ではまず知り合えるはずもない、博士号を持つ東欧美女とぴったり身体を寄せ合っているんだ。
ねー、旅って、ホントに楽しいものでしょ(笑)♪

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx