『天安門広場を歩き、故宮の切符売り場まで進んで、バスで京華飯店へ戻り、旅行社に切符を頼む』

【天安門には、毛沢東主席の大きな絵があった(1999)】
1999年7月19日(月曜日)。

チェコ美人とは会えなかったが、待ち合わせ場所の前門のマクドナルドへ来た。
ところで前門とは、天安門広場の入り口だよ。

とすれば、天安門広場を見に歩くのは自然のことだ。
でもまあ、天安門広場は本当に大きかった。

そこに中国人民の皆様がドカーンといるんだ。
7月なので中国も夏休みに入ったのだろう。

拉薩君、外見嬢と一緒なので、「天安門に立つ世界旅行者」という写真を撮ってもらう。
この表情を見ればわかるが、ちょっと精神的にダウンしている。

【ちょっと不機嫌な世界旅行者先生様(1999)】
今朝の出来事を反芻してみる。
一緒にバスに乗って北京西駅へ行ったのはよかった。

ただ、外国人窓口で切符が入手できないとわかったあとで、時間を使いすぎた。
僕一人だったら、チェコ美人との待ち合わせに遅れることはなかっただろう。

チェコ美人は国際飯店にダブルの部屋を取ってるわけだから、今夜は楽しく過ごせたはず。
天安門広場を見るにしても、楽しかっただろうなー。

そういう気持ちがあるので、せっかく天安門広場に来たのに、それほどうれしくない。
また、天安門広場を歩きながら、他のことを考えていた。

それは、天安門広場もその先の故宮も馬鹿でかいと聞いている。
すると、もしこのまま歩いていって、故宮にも入ったら、今日一日かかるのではないか…。

海外個人旅行のポイントは、「ある場所に到着したら、まず脱出方法を考える」ということだ。
だから、北京からどこかへ行く、その切符を手配しなければならない。

北京西駅から前門へ来たのはしかたない。
待ち合わせの約束があったのだから。

でも、駅で切符が入手できなかったなら、すぐ旅行社で切符を手配するべきでは?
京華飯店の旅行社に行って、切符を頼んだ方がいいかも。

もちろん僕は、このアジア横断旅行について、特に急いでいるわけではない。
ただ、僕は旅に出ると、とたんにてきぱきした人間になる。

もちろんダラーンと一か所に長期滞在することもあるけどね。
北京に長期滞在しても悪くはない。

僕は結構おせっかいな(無意味に親切な)人間なんだよ。
僕が考えているのは、美人女子大生の外見嬢のことだ。

一応僕と一緒にチベットへ行く雰囲気が出来ている(僕がそう持っていったわけだが)。
僕は話の流れで、僕が彼女をチベットへ連れて行くと、約束してしまった。

その約束が破られてもかまわない。
逆に言うと、僕は約束を破って欲しいと思ってないわけではない。

個人旅行者というものは、旅先の、その場その場でいろんな話をする。
ときどき「どこどこへ一緒に行こう!」なんて話が決まることがある。

それは守らなくてもいい。
酒の上の言葉、旅先での約束、そんなものは誰も信じないし、信じなくていい。

ただ、外見純子嬢は学生だから、旅にははっきりした期限がある。
できるだけ早くチベットへ行った方がいいだろう。

旅慣れてなさそうだから、僕がとにかくチベットのラサまで連れて行ってあげたい。
もちろん一人でも行ける、とは思うんだけどね。

確かにおせっかいだけれども、そういう気持ちがあるんだよ。
一緒に天安門広場を歩く外見嬢を見ても、「ラサへ行くならば、なるべく早く、切符を買ったほうがいいんじゃないかなー」と考えてしまう。

僕の心の中にはは、「チベットは、僕ひとりで行ってもいいし」とか「北京をゆっくりと楽しむのも悪くないよなー」とか、複雑な思いが浮かんでいたのを認めよう。
だらだらと、天安門広場から、天安門をくぐり、故宮の入り口の切符売り場まで進んでしまった。

このときの時間が、確か午後2時近くになっていたのでは?
天安門を入って、故宮の切符売り場の手前にペットボトルのミネラルウォーターを売る売店があった。

びっくりしたのは、中国ではとにかく水が全部凍る寸前まで冷やしていること。
ペットボトルがほとんど氷だらけというのが人気があるみたいだ。

これだと、水をグイッと飲みたい人には不便だけどね。
まあその時は、自分で選んで水の部分が多いものを買えばいいだけだが。

報道によると、中国のミネラルウォーターはミネラルウォーターではない。
ほとんどがただの水道水(井戸水)をペットボトルに詰めただけ、ということだ。

ミネラルウォーターだと思ってどんどん飲んでると、身体を壊す恐れがあるかもね。
暑い上に、とにかく歩くので、中国人民の皆さんはみんな、ペットボトルの水を手にしている。

売店で、拉薩君、外見嬢が500mlのペットボトル一本を5元で買った。
僕は自分で、凍ってないペットボトルを選んで、「いくら?」と聞く。

おばさんは手を広げて5元を示す。
僕は、その売店の前に大きく「4元」と書いてあるのを見つけた。

指で「4」を示し、4元を払った。
おばさんも、「バレたか(笑)」という感じで4元を受け取った。

そのまま、故宮の切符売り場まで進んだ。
僕はここで、故宮へは入らないと宣言した。

「僕は京華飯店の旅行社で切符を取るので、君たちは故宮見物していいよ」と言った。
「外見さんがもし一緒にラサへ行くなら、一緒に申し込んだ方がいいけど…」と付け加える。

外見嬢が一緒に戻るという。
拉薩君と別れて、僕と外見嬢とで、京華飯店に戻ることにした。

ここでももちろん、タクシーに乗れば簡単だ。
世界旅行者はそんな安易な手段は取らない。

世界旅行者は前門から「66番バス」に乗って、京華飯店の近くの「洋橋」へと移動した(料金5角)。
切符を予約するために金が必要なので、ホテルのフロントで1万円札を667元1角1分にする。

外見嬢とホテルの旅行社で成都への切符を申し込む。
「7月22日、北京から成都、第7次列車、硬臥、中段と上段」が希望した切符だ。

旅行社の女性は、どこかへ電話をかけて、「大丈夫、切符は取れます」と確約する。
デポジットとして、各200元を渡して、領収書をもらう。

旅行社の「Li Mei」嬢の言葉では、料金は一人当たり418元+手数料50元で468元とのこと。
切符は出発前日の21日午後7時に手渡す約束だ。

ところで、この中国人経営の旅行社が信じられるかなー(笑)。
中国人は日本人に対してはいい加減だとしても、欧米人旅行者にはきちんとするだろう。

だとすれば、欧米人旅行者も多い京華飯店に入っている旅行社は信用できるかもしれない。
毎日毎日、個人旅行者の切符の手配をやってるんだからね。

まあいいさ。
もし、切符が手に入らなければ、その時に考えればいいだけだ。

京華飯店の旅行社からもらった領収書に、「21日午後7時に切符を渡します」と書いてもらう。
これ以上のことは出来ない。

切符が取れなければ、外見嬢と僕とで一緒に成都へ行くのはやめよう。
外見嬢はもともとチベットへ行く気はなかった。

だから、外見嬢はどこか別の目的地に旅立てばいい。
僕は、しばらく北京に滞在して、のんびりやればいいさ。

外見嬢とわかれて、ホテルのレストランへ行く。
声をかけてきたのが、今朝北京西駅の外国人窓口で出会った日本人旅行者の2人だ。

彼らは大阪から来た2人組。
拉薩君と一緒で、希望の切符が取れずに、やっと取れた切符で洛陽へ行くという。

取れた切符は硬臥なのだが、なんと昼間走る。
朝7時に北京西駅を出て、到着は夜遅くになる。

いやはや、希望通りの切符というのはなかなか取れないものだね(涙)。
旅の話をしながら、ビールを飲む。

大阪から旅行者は、京華飯店のドミに泊まっている。
12人部屋で、料金は1人25元。

京華飯店のドミは、男女別になっているとか。
僕はニュージーランドのユース行った時に、男女同部屋だったという話をする。

ドイツ人の若い女の子が、男性の見ている前で裸になって着替えをした話をする。
大阪人は、やはりニュージーランドのバックパッカーで、同じ部屋の白人女がレズを始めた話をした。

ちょっとしたシモネタとビールがあれば、世の中、こんなに楽しいことはない(笑)♪
楽しく食事をして、僕の部屋403号室に戻る。

すると、拉薩君がいた。
拉薩君は、その夜はドミに移動するはずで、確かカウンターでドミのベッド代も払っていたはずだが…。

聞くと、「ドミの金は払ったのだが、レセプションに行ったのが遅くて、もうベッドは空いてない」と言われたんだって。
今日も僕の部屋で一緒に過ごすのだとか…。

うーん、イライラするね。
今夜は一人でゆっくりと寝ようと思っていたのに。

だから日本からヌードの多い雑誌も持ってきてたのに(涙)。
ホント、今夜は、スッキリして寝たかったのに…。

明日はゼッタイに、拉薩君を追い出すぞ!と心に決める。
でもまあ、自分で切符を買いに、北京西駅へ行った。
個人で切符が買えないのは、最初から予期していた。
天安門広場へも行ったし、成都への切符も手配した(取れるかどうかわからないが)。

そう考えれば、まあ、悪い日ではなかったよ。
本当ならば、あのチェコ美人と今夜は国際飯店のダブルベッドの上で楽しい時間を過ごせたかもしれないけどね。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / インド / 中央アジア

INDEX LIST WORLD

xxx