『テヘランを歩き、両替をして、イラン考古学博物館を見て、飛行機でタブリーズへ』@イラン
1999年8月29日午前6時半、ぐっすりと眠った充実感と共に、テヘランの安宿「カザールシー(Khasar Sea)」31号室で目が覚めた。
僕は健康そのものだ。

というのが、イランへ入って以来、とにかく歩き回っている。
また、全くアルコールを口にしていない。

しかも、いろんなことを考え続けている。
日本では、社会が病んでいるので、なにか考えているだけだと病気になる。

ただ旅先では、とにかく今日やるべきことがあり、旅の目的がある。
つまり、一日一日が、ある一つの目的を達成するための一部分で、そこには全く迷いというものがない。

一日には、はっきりとなすべきことがあり、そこには疑いがない。
すべてが明確なので、身体的にも精神的にも、これ以上ないほど元気なんだよね。

元気の証拠は、朝のウンチですぐにわかるもの。
僕はカザールシーの、アラブ式の共同トイレへ行って、モリモリと大をする。

そのときにも思ったのだが、アラブ式トイレは、床と便器が同じ高さなので、掃除をするときに、とても楽だ。
日本式の便器だと、座った時に小が飛び散らないように金隠しがある。

だから日本では、便器の掃除のときに、金隠しの裏まで洗う必要がある。
アラブ式トイレには金隠しがないが、僕は別にそれで不便に感じたことはない。

日本の便器に金隠しがあるのは、ひょっとして、チンコの付き方がアラブ人と違うのだろうか?
それはずーっと考えているのだが、いまだに回答が見つからない。

日本女性の中には、日本人男性ともアラブ人男性ともお付き合いした人がいるはずだ。
是非、「人種によるチンコの位置の違い」について、レポートをお願いします。

さて、今日は午後2時にタブリーズへの飛行機に乗ることが決まっている。
その前に、まず両替をすることにした。

というのが、これからタブリーズへ行って、トルコとの国境を越える。
タブリーズに特に見るようなものもなさそうなので、ひたすら移動の連続となるだろう。
移動の途中で突然お金が足りなくなって、両替に時間を取られるのは、最悪だ。
テヘランではもちろん両替が出来るだろうから、ここで現金を握っておきたい。

それからもう一つ、いかにも世界旅行らしい考えがあったんだ。
パキスタンからイランへの国境で一緒だったハンガリー人の若者たちの言葉が気になっている。

彼らは「イラン国内では1ドル当たり9千リアルを超えるレートだ」と確信していた。
僕のこれまでの体験では、ケルマーンのホテルでの1ドル当たり9千リアルが一番高かった。

9千数百のレート(おそらくは9200程度)には出くわしたことがない。
また、銀行で両替したことがない。

もちろん、銀行で両替する公定レートは、両替商やホテルの両替に比べれば低いはず。
しかし、海外個人旅行では、どんな奇妙な、不思議な、普通に考えたら有り得ないことでも起こり得るのも真実だ。

銀行の両替レートはおそらく公定レートだろう。
町の両替商のレートは当然実勢レートと考えられる。

その比較もしたい気持ちだ。
そのためには、銀行へ行って両替レートを聞いてみたいね。

まあ、ここまで考えられるのが、凡庸な、基本的に頭の悪い、日本人アジア横断旅行者諸君と世界旅行者先生様との根本的な知的レベルの違いなんだよ。
というのは、誰でもが路上や、両替商やホテルで両替をしていても、銀行で両替したらいくらになるのか知らない。

そこを自分の足で、銀行に入って行って、ズバリと調べてみたい。
これこそが、まともな旅行もしたことがない「旅行ライター」諸君と、世界旅行者大先生様との、どうやっても埋めることの出来ない、根源的、知的な差なんだよね。

アミーレキャビーレ通りをエマームホメイニ広場へ歩き、フェルドゥスィー通りを北へ歩く。
すると、「イランメッサリー銀行」へ出た。

銀行へ入って、両替窓口で両替について聞く。
すると、「今日の両替レートがまだ出ていない。あと10分くらいかかる」との返事だ。
念のために昨日の両替レートを聞くと、「1ドルが7900リアル」とのこと。
こんなにレートが悪いのでは、銀行で両替する人間はいないだろうね(笑)。

でも、銀行の公定レートと町の実勢レートの違いがわかったのは、よかった。
もちろん、自分のお金を両替するときは、実勢レートで替えた方がいい。

銀行の外に出ると、待ち構えていた両替商は、「100ドルならば89000リアル」と言う。
ただ、イランの両替商が面白いのは、自分で「8900」というレートを出しているのに、実際の両替になると、あれやこれや文句をつけて、レートを下げようとするところ。

これが、中南米だったら、いくらいくらと決めたら、まず間違いなく、約束通りの金を渡すもの。
南米では10ドル程度の両替をして、「少々ごまかされてもいいよ(笑)!」という感じで、数えずにしまおうとしたことがある。

すると、「数えてください」と要求されたこともあったくらいだ。
だから僕は、南米の男性の誠実さというものは、実は、信じているんだよ。

銀行前の両替人は、強引で、「100ドル札ならば両替するが50ドルは替えない」とのこと。
「Lonely Planet」のテヘラン地図を見て、英国大使館前のOFFICIAL MONEY CHANGERへと歩く。

両替商の近くでどんどん声をかけてくる個人の両替商は、この日なぜか、50ドルに対して厳しかった。
でも僕としては、テヘラン滞在時間が問題なので、こんなところで小額の金の両替レートでがんばっても意味はない。

とっとと50ドルを43万リアルにした(1ドル=8600リアル)。
これで今日やることは終えた。

あとは、無事に飛行機に乗って、タブリーズへ行けばいい。
でも、まだほんの少し、時間の余裕がある。

テヘランへ来たのだから、何かテヘランの名所を見てみたいものだ。
そこで「イラン考古学博物館」へ行くことにした。

入場料が3万リアル(360円)というのは、結構高いんじゃないかな。
展示品はそれほど大規模なものはない。
ペルセポリスの出土品、ヘレニズムのギリシア風のものがあって、興味深かった。
ここで、日本人の団体ツアーとぶつかったが、ひょっとしたら昨夜のJTBのツアーかもしれない。
見たのは、午前10時から午前10時45分までの45分だった。
でもまあ、なにしろ特に見るものもなかったので、これでいいことにします。
また歩いて、カザールシーへ戻り、ホテルをチェックアウトする。
タクシーで空港へ行くつもりだ。

カザールシー前の通りで空港行きのタクシーを捕まえる。
たまたまやさしそうな雰囲気の、運転も丁寧な、愛想のいい運転手にぶつかった。

彼は僕に、途中の説明までしてくれる。
不思議に思ったのは、テヘランには四つ角にちゃんと信号機があるのだが、それがすべて点滅になっていて、機能していなかったこと。

カザールシーの前から空港まで、2万リアルでちゃんと送ってくれた。
空港で食事を取る。

ハンバーガー(5千リアル)、アイスクリーム(2千5百リアル)、お茶(7百リアル)を頼む。
「IRAN NEWS」という英字新聞が5百リアル。

午後12時40分に、カウンター6でチェックイン開始。
タブリーズ行きは、IR345便。

僕のシートは7Aの窓側だ。
バックパックを機内持ち込みにした。

機体はボーイング727−200で、僕のバックパックは頭上のコンパートメントに楽々おさまる。
僕の隣に座っていたイラン人が、何かしきりに僕と話をしたそうだった。

ただ、英語が出来ないのでは、意思疎通が不可能だ。
ここでも、「英語がしゃべれない旅行者は物事のほとんどを見ていない」とわかるね。
もちろんこの話は、隣に座っていたイラン人が英語をしゃべれなかった。
だから、僕と深く知り合えなかったということなんだけどさ。
でも隣のイラン人は、僕と話をしたいという意欲は感じられた。
日本人の場合は、おそらく、外国人と猛烈に話をしたいという気持ちが、そもそもないでしょう(涙)。
午後2時のフライトは、午後3時にはタブリーズに到着した。
空港の表のタクシーブースで、運転手を割り振られる。

僕は町まで5千リアル(60円)と言ったが、7千リアル(82円)で決着がついた。
さてこれから、タブリーズの町へ行き、あとは陸路で、トルコ国境へ向かうだけだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD