『テヘランの空港から乗ったタクシーと話が通じないので、歩いていくと決意して、テヘランの街角で降りる』@テヘラン/イラン
1999年8月28日、エスファハーンでエマーム広場から、バザールの通りを抜けて、マスジェデジャーメへ行った。
これでエスファハーンの主要な観光地は見たことにして、空港へ向かう。

空港のレストランで、チキン、ライス、サラダ、ZAMZAMファンタ、お茶を頼んで、23500リアル(282円)。
町に比べるとかなり高いが、僕は正直、イランの町自体に疲れてしまったようだ。

午後6時発のテヘラン行き「IR316便」のチェックインは、16時45分に始まった。
僕のシートは10H。

このときの印象は、エスファハーンの空港はシーラーズよりも設備が貧弱。
飛行機の状況を知らせるテレビモニターもない。

また、はっきりとわかる英語のアナウンスもない。
午後5時半にボーディングが始まり、午後6時をちょっと遅れてフライトとなった。

機体はエアバスでとても快適。
着陸したのが午後6時45分。

つまり、フライトはたったの45分でした。
テヘランの1999年8月28日の日没は、午後7時38分となっている。

だから、スンナリ移動できたら、まだ明るいうちにテヘランの町へ入れただろう。
ところが、僕はバックパックをチェックインラゲッジとして預けてしまっていた。

そして、このフライトにはどうやらJTBのツアー客が一緒だったらしい。
荷物が出てくるのが遅い上に、出てくるのはJTBのステッカーをつけたスーツケースだらけ。

おそらく、JTBが自分たちのツアーの荷物を最初に出すように、(チップを渡したりして)うまく手配していたのだろうね。
JTBのイランツアーだと、ツアーの日数にも寄るが、最低でも30万円、おそらくは40万円程度はするだろう。

僕が昨日計算したところでは、神戸から天津への船旅(燕京号)の船賃を含めても、僕のアジア横断の40日間で18万円程度。
そういうわけだから、JTBのツアーが荷物を先に取るのを許してあげる。

ただもちろん、旅先では自分のすべての行動に反省をすることが出来る。
本当にテヘランが明るいうちに町へ出たいならば、バックパックをハンドラゲッジにするべきだったね。

エスファハーンからテヘランへの機体はエアバスで、僕のバックパックは小さいので、頭上のコンパートメントに入る大きさだったし。
まさかJTBのツアーとぶつかるとは思わなかった。

バックパックを背負ってターミナルビルの外へ出ると、タクシーに声をかけられる。
僕はこれから、テヘランの日本人宿としてそのころ有名だった「Khazar Sea(カザールシー)」へ行くつもり。

カザールシーは、「アミーレキャビール(Amir-e Kabir)通り」にある。
アミーレキャビール通りは、地図を見ると「エマームホメイニ広場(Meidun-e Emam Khomeini)」を東に入ったところらしい。

空港からホテルへはもちろん、いままでシーラーズやエスファハーンでやったようにタクシーに乗ればいい。
ただ僕のいままでの経験で、「イランのタクシーはボッタクリ」というキモチがある。
ボッタクリといっても、1万リアル(120円)余分に払わされたと言うだけなんだけどね。
でも、シーラーズでも、エスファハーンでもやられたので、精神的に参ってしまっている。
シーラーズやエスファハーンのタクシーにボッタクラレたのだから、「首都テヘランのタクシーはさらに信用できない」という警鐘が鳴り響いている。
しかもJTBのツアーのせいで、バックパックを自分の手に取り戻して、ターミナルビルを出るころは、テヘランの日が暮れてしまっていた(涙)。

ターミナルを出るとすぐにタクシーにつかまる。
まず、行き先のホテル名「カザールシー」を言うが理解しない。

安宿の名前を知らないのは仕方がないが、アミーレキャビール通りの名前を言っても、わからないようだ。
運転手が英語をほとんど理解しないのは、観光地のシーラーズやエスファハーンのタクシーとの違いか?

「メイダーンエマームホメイニ(エマームホメイニ広場)」と教えると、「わかったから乗れ」と言う。
値段は3万リアルとのこと。

それを2万リアルまで値切る。
すると、他の客との相乗りだというので、怒って車を降りる。

別のタクシーに聞いても同じような状況で、エマームホメイニ広場まで1万8千リアル(216円)。
そのタクシーに乗ると、別のイラン女性も乗ってきて、2人乗りで出発。

イランではイラン女性が1人で旅をして、外国人男性と同じタクシーに乗るのも普通のこと。
イランでの女性の地位は、決して他のイスラム諸国のように低くないんだよ。

タクシーはまずこの女性の家へ向かった。
女性を下ろして、僕の目的地へ行くようだ。

ただ、言葉がわからないのは困る。
それと僕は、もともと夜のタクシーというのを信用していない。

運ちゃんとわかり合えるのは、エマームホメイニ広場という固有名詞だけ。
しかも、運転手は「アミーレキャビーレ通り」という言葉を理解してないようだしなー。

僕は、エマームホメイニ広場でタクシーを降りて、そこからアミーレキャビーレ通りを歩いてホテルへ行くつもり。
タクシーの窓から見ると、結構な繁華街を走っている気がする。

そこで、僕はタクシーをとめて、降りてしまった。
言葉が通じないまま変なところへ連れて行かれてゴタゴタする前に、人の多いところで降りた方が安全だ。

それに、テヘランの地図を見ると、確かに大きい町だが中心部はせいぜい2km四方程度ではないか。
だったら、繁華街で降りて、道を聞きながら歩いた方が、精神的にもいい。

それにまだ時間も、午後8時過ぎ。
まだまだ宵の口で、イランは禁酒国なので、酔っ払いもいないはず。

僕は夜の町を歩くのは、慣れている。
昔、新宿から千駄ヶ谷、霞町を経由して、麻布十番まで歩いたこともある。
麻布十番から銀座や千駄ヶ谷程度ならば、昼間ならば、普通に歩いていた。
少し歳を取ったが、2時間くらいならば、まだまだ大丈夫、歩けるはずだ。
そう覚悟をきめて、僕はテヘランの大通りを歩き始める。
さてこれからなにが起きるのか、無事にホテルに着けるのか、それはアラーの神のみぞ知る。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD