タシュクルガンからクンジュラブ峠を越えて、パキスタンのスストへ。@カラコルムハイウェー/中国

【クンジュラブ峠に立つ世界旅行者】
1999年8月12日午前7時45分、タシュクルガンの「パミールホテル(PAMIR HOTEL)」で、目覚める。
バスルームで熱いシャワー浴びてスッキリしようと思うが、お湯が出ない。
8時からお湯が出るといわれたが、生温かい水が出たのは、8時半だった。
乗ってきたバスは、交通賓館に停まったままなので、準備ができたら、とっとと乗り込むつもり。
同じホテルに泊まっている香港カップルには声をかけず、1人で、午前9時に交通賓館へ歩いていく。
バスはホテルの敷地に停まっていたが、乗客を乗せないまま、一度どこかへ行ってしまった。
暇つぶしにホテルの近所を歩いていると、香港カップルに会う。
朝早くから起きて、タシュクルガンの町を歩いていたのだそうだ。
バスは午前10時に戻ってきて、乗客が乗り込む。
10時半に、タシュクルガンの交通賓館を、出発。
タシュクルガンの町外れで、中国の出国審査がある。
ここで、中国の出国スタンプをもらった。

【クンジュラブ峠】
バスの屋根につんであった、荷物を降ろしたが、税関はチェックしなかった。
ノーチェックのまま、また屋根に積む。
僕はその時に、自分のバックパックを、車内に入れた。
というのは、カシュガルを出るときは満員だった車内も、カラクリ湖で人が降りた。
タシュクルガンでも、降りた人がいたようで、乗客の人数が減ったから。
僕の隣には、誰も座ってなかったからね。
出発準備は出来たはずなのに、誰か一人が引っかかっていたようだ。
13時(午後1時)になって、イミグレをバスはやっと出発。
出国審査を済ませて、やっと出発したと思ったら、とたんに、またパスポートチェックがあった。
タシュクルガンを出てからクンジュラブ峠までの道は、崖崩れもなく、快適なドライブだ。
クンジュラブ峠の手前で、もう一度パスポートチェックがあった。
ここの景色はなかなかよかった(と、ノートに書いてあるが、覚えていない)。
クンジュラブ峠到着は、午後4時。
バスはここで停車して、乗客は外に出て、写真を取ったりする。
僕の正直な感想では、クンジュラブ峠自体は、それほど景色がいい訳ではない。
僕は世界中を旅していて、もっとすばらしい風景を、たくさん見ている。
クンジュラブ峠には、クンジュラブ峠の石碑が立っているだけ。
ここで、バスを降りて、記念写真を取ったりするわけだ。
僕らが峠に着いたときには、欧米人のサイクリストが、4〜5人いた。
彼らのうちの2人が自転車で動き出すと、拍手をして見送ってあげる。
クンジュラブ峠にいたのは、写真を取る時間だけで、それほど長くはいなかった。
バスに乗り込んで、動き出したが、香港カップルが乗ってなかったので、バスを停めて乗せる。
峠を越えて下り坂になると、緑も多くなる。
しばらくしたら、パキスタンのパスポートチェックがあった。
パキスタンのパスポートチェックの建物は、イヤにきれいで、まわりの草花もよく手入れがされていた。
係員も愛想がいい。
清潔な個室のトイレがあるので、そこを使わせてもらえる。
やはり、国境をちょっと越えただけで、すべてが変化するものだ。
だから、海外個人旅行者にとって、陸路国境越えというのは、大きな意味がある。
言葉も通貨も、人の顔つきも、服装も、すべてがガラッと変わるからね。
もちろん時刻も変わる。
パキスタン時間は中国時間より3時間遅いので、中国時間の午後5時はパキスタンではまだ午後2時だ。
国境を越えると地形も変わった。
僕の印象では、パキスタン側の谷は中国側より深い。
中国側では「土と砂」、パキスタン側は「岩」という印象。
だから、山が好きな人は、パキスタン側がいいでしょう。
クンジュラブ峠を越えたので、道は下り坂になり、快適に走る。
欧米人の乗ったツアー専用の改造トラックが、僕たちのバスを追い抜いていった。
トラックの荷台の半分が、椅子席になっていて、半分がベッドになっている。
そのむき出しになった椅子席には、白人女性が、サングラスをして、本を読んでいた。
ラサからゴルムドへの青蔵高原でも、欧米人のツアートラックを見たことがある
欧米人の金のかけ方と、そういうツアーを作って、人が集まるということ自体に、圧倒されるね。
僕たちの乗ったバスが、そのままススト(SOST)へ到着したのが中国時間の午後8時ごろ(パキスタン時間で午後5時)。
ここで本格的なパキスタンの入国審査を受ける。
入国審査は問題なくスムーズに進む。
パキスタンの係員も、日本語で「アリガトウ」などと言って、愛想がいい。
噂されていたとおり、パキスタンのビザを持たない日本人が、ここで「一週間のトランジットビザ(通過ビザ)」をもらっていた。
ビザは無料で、2人の日本人がもらった。
僕は確認のために、見せてもらって、自分の目で確認した。
ただこれは、1999年夏の体験談ですから、もちろん今はわかりません。
1999年夏でも、国境でビザが取れるかどうか、行ってみなければわからなかった。
ですから、ビザが日本で取れるものなら取って行った方がいいです。
スストは、入国管理事務所と、小さな商店と、銀行があるだけの村のようだ。
両替は、銀行でも出来るし、商店でも出来た。
この時期のレートは、100元=620ルピー、1米ドル=51〜53ルピー。
僕は使い残していた129.5元をスストで800ルピーに両替した(2.8ルピーの損)。
米ドルの現金50ドル札1枚が、2600ルピーになる。
スストの入国審査は無事に済んだ。
しかし、僕らのバスはススト止まりだという。
ここから今日の目的地「カリマバード(KARIMABAD)」へ、自分で移動しなければならないようだ。
マイクロバスが何台か待っているが、もちろん交渉しなければならない。
日本人のグループは、数人ずつ集まって、どうやって行くか相談している。
フンザの中心、カリマバードへ行くグループと、途中のパスーという村へ行くグループがいるらしい。
僕はいつものように、あんまり深く考えていない。
ま、旅に出たら、難しくいろいろ考えることはない。
流れに任せればいい。
パスーというところへ行ってもいいし、カリマバードというところへ行ってもいい。
僕は、どちらにもコダワリがない。
自分で考えなくても、誰かが決めてくれるでしょう。
僕はその考え方で、すでに世界一周旅行を2回やってきたんだし(おいおい…)。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD