『アジア横断の前半40日間で16万円使ったことを確認する』@エスファハーン/イラン

【修復されたモスク@エスファハン】
1999年8月27日の朝。
シーラーズから飛行機で、エスファハーンに到着した。

「Lonely Planet」で目星をつけていた「アーリアホテル(ARIA HOTEL)」へ行ったら、早すぎてチェックイン出来ない。
午後2時に来いと言われたので、その時間までエスファハンを見て歩いた。
もちろんバックパックは、ホテルのフロントに預けて、身軽になる。
海外のホテルでは、チェックイン前も、チェックアウト後も、荷物を預かるのは常識です。
まずとにかく、エスファハーンのメイン、「エマーム広場」へ。
ここはとにかくだだっ広いだけという印象。

次に行ったのが、エスファハーンの次の名所、ザーヤンデ川にかかる「スィー・オ・セ橋」だ。
エマーム広場で散々歩き回ったあとで、ザーヤンデ川へ歩く。

エマーム広場からスィーオセ橋まで、とっとと歩いて30分ちょっとかかった。
スィーオセ橋も、正直、特にすばらしいものだとは思わない。

というのは、僕は今までの世界旅行で、すばらしい橋をたくさん見ているからね。
例えば、ちょっと思いつくだけでも、「ヴェッキオ橋(フィレンツェ)」「アルカンタラ橋(トレド)」「カレル橋(プラハ)」「鎖橋(ブダペスト)」「ボスボラス大橋(イスタンブール)」「金門橋/ゴールデンゲートブリッジ(サンフランシスコ)」、その他国境にかかる越える橋というのも、たくさん歩いてきた。

その僕から見れば、確かにきれいな橋だが、たいした感動はない。
橋についての歴史や伝説を知らないと、こんなものかと思うだけだ。

それよりも、強い日差しの下をずーっと歩いていて、疲れた。
エマーム広場とスィーオセ橋を見れば、一応これで、エスファハンの観光は終了。

アーリアホテルへ歩いて戻ると、また10分ぐらいかかった。
午後2時を過ぎていたので、アーリアホテルへ戻って、チェックインする。

僕の部屋は22号室、部屋代は15米ドル。
ダブルのシングルユースで、バスルームにはバスタブが付いている。

もちろんエアコンありの、トイレにはトイレットペーパーがある。
清潔な部屋なので、ホッとする。

歩き回って汗をかいたので、シャワーを浴びると、裸のままベッドに入る。
そのまま、午後6時まで寝てしまった。

起き出して、ちょっと気になっていたことをチェックする。
というのは、マスジェデエマームに入ったときに、昨日100ドル両替した両替した90万リアルが気になっていた。

ゆっくりと数えてみると、やはり30万リアル減っていたよ(涙)。
やはり、「現金を人に預けたら減るもの(世界旅行主義)」ってことかな。

デイパックに裸で90万リアル、つまり1万リアル札を90枚も入れて、鍵もかけなかったのだから仕方ないか。
とはいっても、知ってる人は知ってるが、デイパックやバックパックのファスナーに南京錠をかけても、実は、簡単に開けられるけどね。

まあ、過ぎ去ったことをくよくよしても仕方がない。
僕も、現金を入れたままのデイパックを預けるのはまずいと、思っていたんだから。

ただ、なにしろ、1万リアル札90枚をジーンズのポケットに入れるのも、どうかなと思ってしまった。
この日が暑くなかったら、いつものアーミージャケットを着ているはずなので、胸ポケットにでも放り込めたんだけどね。

お金のことが急に気になって、手持ちのお金を、ベッドの上に広げて確認してみた。
僕はこのアジア横断旅行を、ドルと円の、それぞれトラベラーズチェックと現金でやっている(クレジットカードも予備で持っているが基本的に使わない)。

神戸を燕京号で出たのが7月16日、エスファハンに到着した今日は8月27日。
つまり、だいたい40日ほど旅をしている。

それでいくら使ったか計算してみよう。
燕京号で確認した金額から、現在の手持ちのお金を引き算すると、16万円ほど使っている。

つまり、一日あたり約4千円だ。
アジア横断にしては多いかしら?

ただ僕は、全部シングルルームに泊まって旅をしている。
宿泊費の平均は2千円はしているだろうね。

また、途中で、チベットツアーに参加したし、飛べるところは飛行機を使ってきた。
ほとんどが移動の連続だ。

だからバックパッカーの旅としては、かなり金がかかっている方だと思う。
学生のバックパッカーだと、原則ドミ(相部屋)だろうし、飛行機も出来るだけ使わないだろう。

もっとゆっくりと移動すれば、移動費用も日割りだと安くなる。
もちろん、しばらく一か所に留まっていれば、金はかからないけどね。

でも、僕のような旅をして一日平均4千円というのは、参考になると思います。
午後8時くらいになったので、外へ出て、食事を捜す。

ハーフチキン、サラダ、コーラを買って、約2万リアル(240円)。
エマーム広場も見たし、スィーオセ橋も見たので、出来るならば、明日移動しようと思う。

もう、バム(アルゲバム)、シーラーズ(ペルセポリス)、エスファハーン(エマーム広場)を見てしまった。
あと考えることは、とっとと陸路で、トルコへ抜けることだ。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD