『クエッタを出たバスに揺られ、一晩を過ごして、早朝にイラン国境手前で休息をとる』@タフタン/パキスタン

【クエッタからイラン国境へのバス】
1999年8月21日午後3時。
「ホテルブルームスター」をチェックアウトする。

チェックアウト時間は正午なので、午後3時まで部屋を使った料金100ルピーを払う。
このときは、ほとんどをイランリアルに両替していた。

すこしパキスタンルピーも持っていたが、それは残しておきたい。
というのは、これからバスターミナルへ行く。

また国境へのバスに乗っても、途中のミールストップで、パキスタンルピーが必要かもしれない。
ある国を出国する時に、どれだけのお金をギリギリまで持つか、というのは一応考えた方がいい。

もう現地通貨は必要ないと思うと、突然、トイレに使用料が必要だったりする。
また、チャーイ(ミルクティー)や、ミネラルウォーターを買うときにも現地通貨が便利だ。

それで、僕はルピーを残すために、1ドル札2枚を100ルピーとして渡した。
この時期、パキスタンでは1ドルは50ルピーとして自然に通用していたからね。

これでもわかるように、国境を越えたりするときは、小額のドル紙幣がとても使いやすいんだよ。
せっかく3時までの料金を払ったわけだから、ギリギリ3時にチェックアウトした。

なぜ3時までで100ルピーという延長料金を決めたかというと、このホテルの一泊が270ルピー。
安宿の常識として、午後6時ごろまで部屋を使うなら、半額で交渉できるもの。

半額だと135ルピー。
そこで、3時までなら100ルピーで適当だと思ったんだ。

でも、バンコクなどのいいホテルでは、レイトチェックアウトを無料にしてくれることもある。
僕は、バンコクのオリエンタルホテルで、無料で夕方まで部屋を使わせてもらったこともあった。

ホテルはあまり先入観を持たずに、相談してみると、結構無料でいろいろしてくれたりするものだ。
その場その場で、交渉したらいいだろう。

正直僕は、ブルームスターだったら、無料で3時ごろまで部屋を使わせてくれたんじゃないかと思わないこともない。
いま考えてみると、僕はまず、無料で3時まで使わせろと、交渉したほうがよかったかもしれないね。

それはそれとして、ホテルを出た僕は、約束の午後3時に、切符を買った旅行代理店へ行った。
ここから僕をピックアップして、国境へのバスへ送ってくれる約束だったから。

ところが、旅行代理店のおじさんは、タクシーを呼び止めただけ。
僕に、タクシーでバスターミナルへ行け、と言う。

タクシー料金が20ルピーで、その料金を僕が払えと言うんだ。
オイオイ、それはないよ。

世界中どこでも、旅行代理店でピックアップをするならば、ピックアップ料金は無料なはずだ。
でもまあ、ここはパキスタンのクエッタだ。

他に一緒に行く人もいないし、ただタクシーを止めただけ。
日本人らしく自分のいたらなかったことを反省する。

最初に「ピックアップ料金は無料だよね」と確認しそこなったのが悪い、とも言える。
旅に出たら、そこはダマシだらけの世界なのだから。

そこで、僕が10ルピー、旅行会社のおじさんが10ルピーと半分にすることで、話をつける。
まあ、10ルピーとは24円だからね。

タクシーにちょっとのったら、結構大きなバスターミナルへ到着。
人も多くて、ざわざわしている。

バス会社がたくさんある。
メモったのでは、HAJI,RAHIM,JATTAK,COACHなどの名前があった。

言われたオフィスに行って、僕の切符を渡すと、それを書き直した。
つまり、クエッタ市内の旅行代理店は、ただ、バス会社の紹介をしているだけ。

座席の指定も何も関係なく、ここで座席を割り当てし直しているようだ。
バスターミナルに外国人観光客は僕1人しかいないように見える。

午後4時の出発がほんの少し遅れた。
というのは、バスには人間だけではなくて、足元にびっしりと荷物を詰め込んだから。

また、バスの屋根にも荷物を積んでいる。
午後4時をちょっとすぎて、やっと出発したが、バスはもちろん満員。

僕の乗ったバスには、旅行者らしい人間は僕1人だ。
またもちろん、読者の皆様が予期されるとおり、エアコンなどは付いていない。

このままバスに乗っていて、バスが襲撃されなければ、イランへ行けるのだと、ひたすら忍耐する。
このバスは、国境行きのバスだが、途中で乗り降りする人が多い。

この地域のローカルバスといえるかもしれない。
逆に、途中の停車が多かったので、トイレの件は、特に心配する必要はなかった。

僕の隣に、最初に座ったのが、少し英語を話すやかましいおじさん。
ひたすら話しかけられて、返事をするのも疲れた。

次が、少年だったが、変に僕の顔をジーッと見つめ続けていた。
これも気持ち悪かったね。

最後に、太ったおじさんが僕の隣に座る。
このおじさんは本当に太っていたので、僕はシートで、身体を斜めにしないといけなかった。

真夜中ごろに、結構長い停車があった。
夜空の星を眺める。

他の人たちは食事をしていたが、僕はもちろん、チャーイを飲む程度に抑える。
体調は悪くないから、下手にお腹を壊したくない。

いくら乗り心地の悪いバスだとはいっても、深夜過ぎには自然と眠りについたようだ。
バスに揺られて、起きたり寝たりしているうちに、だんだん明るくなる。

午前6時ごろに、バスは道路わきで停車した。
見ると、他にも同じところに、バスやトラックが何台も停まっている。

イランとの国境はもうすぐのようだ。
ここで停車しているのは、国境へ行く時間調整らしい。

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD